生徒出身地



寄宿生と通学生、そして聖心グローバル・ネットワークが織りなす多様性


姉妹校留学

生徒出身地

通学生は1時間半、寄宿生は4時間の通学が可能な広域な地域から生徒が集まります。
2016年度は16都府県、海外からの留学生を含めるとさらに広域の出身地を持つ生徒が集まっています。

イタリア、フィンランド、オーストラリアから、1年間の留学生が来ています。(2016年4月現在)

通学生 ~毎日広域から通学~

通学生は毎日三島駅、裾野駅からスクールバスを使って通います。
東京23区や静岡市から新幹線で毎日通学している生徒や、藤沢から東海道線で通学している生徒もいます。

寄宿生 ~帰宅と在舎~

全校の4割を占める寄宿生は、原則週末は帰宅します。週末に寄宿舎に滞在できる在舎日も年間数回設けられています。

保証人制度

保護者のもとからの通学が原則ですが、保護者と同等の責任を果たせる保証人のもとからの通学も場合によって認めています。

帰国生・留学経験者(1年間以上)の滞在先

全校生徒の約10%が 帰国生・留学経験者です。

教職員

教職員のバックグラウンドも多様です。留学経験者・海外赴任経験者、ALT、週末に首都圏の自宅へ帰る教職員もいます。


 

2017.04.07.更新

2017.04.25.更新

2016.04.24.更新

2017.04.19.更新

2017.04.23.更新