ユネスコスクール

 本学院は、ユネスコ憲章に示された理念を学校現場で実践する「ユネスコ・スクール」の一員として、ASP net(Associated Schools Project Network)に加盟しています。

ユネスコ・スクール
ESD(持続可能な開発のための教育 Education for Sustainable Development)

21万坪の自然を活用した「環境教育」、海外体験学習を中心とした多彩な「国際理解教育」、学院の伝統である「奉仕教育」の実践が、ユネスコが推進する「持続発展な開発のための教育(ESD)」の理念に沿っているものとして認められたことによります。

高等学校カリキュラム
姉妹校留学・海外体験
奉仕活動

間伐体験

福祉施設の訪問

海外体験学習(タイ)

聖心の姉妹校はもちろん、ASP Netに加盟している世界中の学校とも積極的に交流し、よりよい社会を構築するための体験的な学びを深めていきます。

ESD国際交流プログラムでのプレゼンテーション

ユネスコ本部(パリ)の気候変動に関する国際セミナーで発表(ユネスコ・スクール担当の教員)

ユネスコ国際セミナー
 
報告はこちら

TED(カンファレンス)
 「なぜ気候変動が人権を脅かすのか」
 メアリー・ロビンソン(アイルランド元アイルランド大統領、元国連人権弁務官)
   アイルランド・ダブリンの聖心Mount Anville Secondary School卒業


 

2017.04.07.更新

2017.04.25.更新

2016.04.24.更新

2017.04.26.更新

2017.04.26.更新