Fuji Science World

「自然界の美しさに気づき味わう感受性が育っています。」

(『聖心女子学院18歳のプロファイル』より)  

不二聖心女子学院では自然界の真理を探究する姿勢を授業や課外活動などで養っています。その中で生徒たちはさまざまなチャレンジをしています。最近の取り組みをご紹介いたします。

新しい理科室での授業

2014年夏に理科室をリフォームしました。新しい理科室で実験や観察などの授業がICTを駆使しながら展開されています。

JAXAで宇宙学習

中学2年生の校外学習では相模原のJAXAを訪問し,宇宙探査について学びます。
JAXAでは職員の方に説明をしていただきながら,小惑星探査機「はやぶさ」をはじめとした探査機やロケット,人工衛星について模型やパネルの説明を見学します。宇宙探査,宇宙開発によって未来が開けていくことを生徒は実感し,好奇心を深めていきます。JAXA訪問などがきっかけで一日宇宙記者となり2014年10月の静止気象衛星「ひまわり8号」の打ち上げの様子を取材をした中学3年生もおります。http://edu.jaxa.jp/blog/2014/10/22/post_329.html
2014年度からは中学1年生の特別授業でも,中学2年でのJAXA訪問を前にJAXAの職員の方による出張授業が予定されています。

ひれ推進コンテストへの出場

横浜国立大学主催で毎年行われている「ひれ推進コンテスト」に本校の高校2年物理選択の生徒有志が参加しています。夏休みの最初に大学で講義を受け,それをもとに水生生物を模したひれ等の推進装置をもつ船を製作します。夏休みの後半に行われる大会でレースに臨みます。20チーム以上が参加する中で不二聖心は唯一の女子校によるチームですが,2013年,2014年と特別賞をいただくなど健闘しています。

アクリルロボット作り

2014年度の科学クラブ(中学・高校合同)では,裾野市在住のロボット開発研究者の三井康亘先生のご指導のもと,アクリルロボット作りに取り組みました。11月に行われた秋のつどい(学院祭)でも作品の展示発表をしました。

(科学クラブは2015年度は休部中です。)

博物館見学レポート

博物館や科学館など自然科学に関する貴重な資料に触れ関心を高めるために,校外施設の活用を生徒に呼びかけています。
生徒は毎年1回以上、自然科学系博物館の見学やセミナー観察会に参加し、記録を残すことになっています。
1つの大きな博物館を何年もかけて見学する生徒もいれば、毎年見学する博物館をかえてさまざまな博物館を見学する生徒もいます。近年の博物館は体験型のプログラムを夏休みに企画しているところも増え、有意義な見学を生徒たちはしています。

自然科学系博物館・科学館・セミナー・検定情報

科学系施設団体・検定のお知らせです。生徒の皆さんは積極的に参加・挑戦しましょう。

国立科学博物館
静岡科学館るくる
日本科学未来館
月光天文台
沼津港深海水族館
神奈川県立生命の星・地球博物館
名古屋市科学館
岐阜市科学館
東京理科大学近代科学資料館
立遺伝学研究所(毎年4月に一般公開あり)
星空宇宙天文検定
天文宇宙検定
科学検定

科学検定は学院での団体受検を2月に行います。


 

2017.04.07.更新

2017.04.25.更新

2016.04.24.更新

2017.04.26.更新

2017.04.26.更新