シスター・先生から(宗教朝礼)

  不二聖心女子学院では毎週一回水曜日、授業が始まる10分間に、先生たちによる宗教朝礼があります。
文学、芸術、宗教等あらゆる分野から、各先生の感性による心のメッセージを放送で伝えています。
生徒たちはとても静かに、祈りの心で聞き、感動を覚えるひとときとなっています。
  一回だけの放送ではもったいない記憶にとどめたいメッセージを、本校の生徒だけでなく、広く皆様にお伝えできるように、ホームページ上に再録することになりました。

シスター・先生から(宗教朝礼)

2022.09.21

御殿場カトリック教会では「あゆみ」という会報を発行しています。その6月号に長崎の古巣馨神父様のお話が転載されていました。読んでみて、この話をぜひ不二聖心の生徒の皆さんとも共有したいと強く思い・・・

2022.07.13

突然ですが、皆さんは今日の朝、これまでに何回挨拶をしましたか?私は今の「おはようございます」で6回目の挨拶でした。この数が多いか少ないかはよく分かりませんが、今朝起きてから家族、同僚、生徒、それだけの人と顔を合わせたということです。・・・

2022.06.29

先日、ネットニュースで『外来種のウシガエル「捕まえて食べてやる」 意気込んだ中学生、まさかの希少種を捕獲』という見出しが目に留まりました。記事によると、兵庫県の県立公園に職業体験に来ていた中学生が、・・・

2022.06.22

“I hate it, I get furious when people call me a hero. I’m not a hero.” (https://vimeo.com/154155147より)・・・

2022.06.15

最近、雨の日が多く梅雨の季節だなと感じます。学院では、カエルの鳴き声が聞こえたり、校門からの坂道や中庭の紫陽花もきれいに咲いています。先日のソフィーズダイアリーにも写真を載せましたので、ぜひ見てくださいね。家のポストには地域で行われる蛍鑑賞会のチラシが入っていたり・・・

2022.06.02

5月が終わり、6月に入りました。皆さんにとって6月はどのような月でしょうか。・・・

2022.05.25

先週、自然探索クラブの方々がプールの倉庫下にある動物の巣にカメラを設置したと聞きました。結構大きな巣です。かわいらしい野うさぎでもいるのかなぁと思いつつ・・・

2022.05.18

不二聖心の今年度の学院目標は「知性を磨く~希望の扉をあけて~」ですね。シスター大原は始業式でこの扉を不二聖心創立70周年の新たな扉として、聖心温情舎初代院長マザーダフの意思を継ぐ者として、日々の生活の中にある希望の扉として、3つの柱でお話くださいました。 「扉を開く」は聖書の中にもたびたび表現されていますが、・・・

2022.05.11

5月になり、新緑の季節を迎えました。花粉症のシーズンが終わり、梅雨の湿り気がやってくる前のこの時期が、私は一番好きな季節です。木々の芽吹きや若葉の鮮やかな緑は、私に大きなエネルギーを分けてくれます。・・・