学院ダイアリー

2018.04.18

今日の一日

マリアガーデンのサツキが満開を迎えています。春の暖かい日差しのもと、中学校舎中庭の木々の緑が眩しくなってきました。

  

水曜日は、多くの学年で、総合学習やLHRが行われる曜日です。高校2年生は、今年から始まるフランスルーツの旅にむけての事前学習として、修道院長シスター奥井からお話を伺いました。シスターは不二聖心の元校長でいらっしゃり、またローマにある聖心会本部で長くお仕事もされ、世界中の聖心の学校の様子についてよくご存じです。フランスで訪問する予定の、聖マグダレナ・ソフィア・バラとゆかりの深い様々な場所の説明をはじめ、創立者の生涯をたどりながら、聖心のネットワークの広さについてお話くださいました。

中学校のLHRでは今週末の校外学習にむけて、生徒たちがipadを使いながら訪れる場所の下調べをする様子も見られました。

2018.04.17

中3学力調査

文部科学省による全国学力・学習状況調査が、本校でも中学3年生を対象に行われました。国語、数学、理科の3教科の試験を受け、学習環境や学習状況についての質問項目にも答えました。皆、真剣に取り組んでいました。

2018.04.14

職員研修

職員研修が行われました。前半は、不審者対策訓練として裾野警察署の方から、さすまたの効果的な使用法や護身術について教えていただきました。後半は、昨今の日本の教育改革を踏まえ、ポートフォリオに関する講話を伺い、理解を深めました。

 

2018.04.11

前期委員任命式

 前期委員任命式が聖堂で行われました。校長シスター大原からのお話では、不二聖心の保護の聖人、聖フィリピン・ドゥシェーンがそうであったように、たとえどんなに小さなことであっても、与えられた場で周囲のために自分のできることを誠実に行っていくことは、神様の目線では大きな価値があるとのお言葉をいただきました。これから半年間、それぞれが自分の役割を精一杯果たしていくことができるように、神様に祈りました。

 

2018.04.09

高1オリエンテーション

 高校1年生を対象にオリエンテーションが行われました。中学から進級した生徒、高校から入った新入生が互いの親睦を深め、高校生としての自覚を深めるプログラムや教務や進路指導部からのガイダンスが行われました。

 

 

2018.04.05

始業式

 始業式が行われました。今年度の学校目標は「魂を育てる"Listen to your inner heart”」です。心の深いところで神様からの呼びかけに耳を傾け、自分に与えられた使命を生きていくことを目指します。今年は、不二聖心の保護の聖人である聖フィリピン・ドゥシェーンの渡米200周年という記念の年でもあります。神様のみ旨に常に耳を傾け、祈りに満ちた生き方をした聖フィリピンのスピリットも大事にしていきます。マレーシアからの留学生の紹介もありました。

 

中学1年生は、高3エンジェルとの対面式をはじめ、学校生活に慣れていくためのオリエンテーションが続いています。午後は中学2年生、3年生が中心となり、新入生のために委員会・クラブオリエンテーションを行いました。

 

2018.04.04

中学・高校入学式

 桜の咲く中、中学校と高校の入学式が行われました。呼名では新入生の元気のよい声が講堂に響きました。式後は、中学1年生は教室での初めてのホームルームがありました。高校1年生は、チャプレン牧山神父様の司式のもと聖堂での入学の祈りがありました。不二聖心での新しい学校生活が始まります。

  

2018.04.03

ケンブリッジ9日目~最終日

 ケンブリッジでの授業も今日が最後となりました。各グループでプレゼンの最終準備をおこなったあと、ホールで発表をおこないました。プレゼンの テーマは、私たちがイギリス人に対してもっているstereotypeの考えについてです。先日ケンブリッジの街で、実際に行った街頭アンケート調査の結果ももとに、自分たちがたてた仮説について考察をし、まとめました。

夜は一週間の英語研修の修了式に臨んだ後、お世話になったトム先生とアリソン先生を囲んで、モードリンカレッジ内にあるダイニングルームでフェアウェルディナーをいただきました。イギリスの伝統を体験させていただくフォーマルなディナーでしたが、先生方と楽しくお話をしながら和やかに時間が過ぎて行きました。9日間、充実した素晴らしい滞在ができたことへの感謝の気持ちで一杯になりました。

 

最終日は、復活祭(イースター)にあたり、ケンブリッジでもっとも大きなカトリック教会でごミサに与りました。その後、無事日本に帰国しました。

2018.04.02

ケンブリッジ8日目

最終日のプレゼンテーションに向けて、授業の内容も一層深まってきました。イギリスと日本の比較文化が今日の活動の中心でした。イギリスに来て一週間が経過しましたが、その中で気付いたことを元に、日本との類似点や相違点について、意見を出し合いました。


午後は、先日亡くなられた、世界的な物理学者として知られるスティーブン・ホーキング博士の生涯と彼の研究の基軸を描いた映画を鑑賞しました。ホーキング博士はケンブリッジ大学で学び、この街と大変ゆかりの深い人物です。難病と闘いながら宇宙論研究で数々の功績を遺されたその生涯はとても感銘を受ける、考えさせられる内容でした。

ブレイクタイムは、グループでのプレゼンの話し合いやその準備に当てました。

  

2018.03.30

ケンブリッジ7日目

午前中はいつものようにトム先生とアリソン先生のクラスでの授業でした。今日のテーマは"British Heritage"です。ヘンリー8世の時代に関連したキーワードを通して皆で意見を出し合いました。

  

午後はケンブリッジ郊外にあるグランチェスター村にあるオーチャードティーガーデンで、スコーンと紅茶をいただくクリームティーを体験しました。このティールームは大変古くからあり、100年の歴史を持つそうです。美しい庭を眺めながらお茶をいただき、英国の伝統的なafternoon tea 文化の一端に触れました。

  

ティーガーデンのすぐ側に14世紀頃建てられた古い教会があり中を見せていただきました。私たちのケンブリッジ研修も残すところあと3日となりました。私たちのためにプログラムを調整してくださっているトム先生をはじめ、私たちをケンブリッジに送り出して下さったご家族への感謝とともに、残りの旅の安全を皆で祈りました。

  1 / 89  次のページへ

Calendar

«4月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

Feed


 

2018.04.09.更新

2018.04.18.更新

2018.04.19.更新

2018.04.18.更新

2018.04.20.更新

 
関連リンク