学院ダイアリー

2014.07.31

カンボジア体験学習

7月22日から29日にかけて、不二聖心の高校生2名が東京聖心主催のカンボジア体験学習に参加しました。過去のカンボジア(アンコール王朝、ポルポト政権)を学び、現在のカンボジアを見て、そして実際に現地の人々との交流を通して、これからのカンボジアと日本のあるべき姿について深く考えることができました。今回の体験学習で得られたものを学校に持ち帰り、さらに多くの人と共有していきたいと思います。

クルーサートゥメイ施設にて子供たちとの交流

世界遺産アンコール・ワットを背景に

バイヨン中学校にて、不二聖心の高校生2人が日本の世界遺産について紹介しました

アンコール・クラウ村にて、青年グループと一緒に昼食作り

2014.07.31

アメリカ体験学習(11日目)

今日の午後はリタイアメントセンター (老人ホーム)を訪れました。

英語や日本語の歌、ピアノ演奏、踊りなどを披露したあと、紙風船や折り紙をしました。私たちの訪問を毎年多くの方が楽しみにしてくださっているとのこと。「日本に行ったことがあるんだよ!」と日本での思い出を話してくださったり、私たちも楽しいひとときを過ごさせていただきました。
 

夜ごはんは自分たちでラザニア、サラダ、ガーリックトースト、チョコレートのデザートを作りました。アメリカの食材、計量、調理の仕方、料理用語、ひとつひとつが新鮮な学びと経験になりました!
 


"We are grateful for the meal you have provided us.  There are many people that have no food and water today.  Let them stay away from hunger and poverty ..."
お食事のときのお祈りは毎日順番に英語で考えています。楽しい時間、恵まれた日々。しかしどの生徒たちも、世界のどこかで今日も苦しんでいる人々のことを思う祈りを唱え、皆で感謝のうちにお食事をいただいています。

2014.07.30

韓国体験学習(最終日)

韓国体験学習最終日。仁川空港から帰国です。
一緒に参加した姉妹校の生徒ともお別れしました。

2014.07.30

アメリカ体験学習(10日目)

今日は英語の授業はお休み。トムソーヤの舞台となったHannibalへ朝早くから出発です。
まずは、1時間ほどミシシッピ川クルーズ。フィリピン・ドゥシェーンは40日もの間、きっと私たちのものほど頑丈でない船に乗り、雨風にさらされる日も乗り越えながらこの川を旅したのだということを考えると、何気ない景色の中でフィリピンの思いに触れるような感じがしました。


コーディネーターのキャロルさんが朝早くに私たちのために作ってくださったランチ。感謝のうちに、川辺でおいしくいただきました。


Mark Twain Cave の中で集合写真。英語でガイドさんのお話を聞きながら、驚きいっぱいのツアーでした。


過日のASHでの休憩時間。チアリーディングを教えてもらったり、ピアノの演奏を聴きあったり… 。 明日からまた英語の授業、頑張ります!
 

2014.07.29

アメリカ体験学習(9日目)

 楽しいホームステイの週末を終えて、今日も朝から英語のレッスンを受けました。午後はSt. Louis 市内見学。様々な場所を訪れ、事前学習の知識も深まりました。

Cathedral Basilica では、一面美しいモザイクの教会内部に感動しました。
天井のフィリピン・ドゥシェーンの姿を目にして、この地の人々にとって、いかにフィリピン・ドゥシェーンが大切な人であったかを改めて感じました。


The Muny ( outdoor musical theatre ) の舞台裏ツアーでは、実際に使われる舞台上を歩きました。


開演前に、Picnic Supper ! 音楽演奏を聴きながら、みんなでおいしい夜ごはんをいただきました。

今日の公演は、アメリカの子どもたちに大人気の絵本 、Dr. Seuss シリーズをもとに作られた "Seussical the Musical" です。野外劇場で見る英語のミュージカルは、特別な経験となったようです。ユーモアたっぷりのストーリーを楽しんでいました。

2014.07.28

韓国体験学習(4日目)

ホストファミリーとのお別れがやってきました。2泊のホームステイは忘れられない思い出です。

景福宮です。日韓の悲しいお話にも耳をかたむけました。

お昼は海鮮鍋。暑い日に熱いものもいいものです。  東屋で涼んでいます。
 

水原華城でパチリ。ホームステイで夜更かしして少々お疲れのようです。

2014.07.27

韓国体験学習(3日目)

明洞聖堂でごミサにあずかりました。


ソウル聖心との交流会が行われました。

チマチョゴリを着せてもらってご機嫌。

2014.07.26

韓国体験学習(2日目)

独立記念館前でのスナップです。
ガイドさんのお話を真剣に聞きました。

2014.07.26

アメリカ体験学習(6日目)

 今日から待ちに待ったホームスティです!
2泊3日、それぞれのホストファミリーと楽しい週末を過ごしてくることでしょう。
Have fun!!
  



2014.07.25

韓国体験学習がはじまりました

韓国体験学習が始まり、無事に到着しました。高校生が参加しています。
心配していたお天気にもめぐまれ、仏国寺で記念撮影です。

2014.07.25

アメリカ体験学習(5日目)

午前の英語レッスンが終わり、いつものようにみんなでランチです。

ランチのあとにみんなでキックベースをしました。
今日のSt. Charles は、抜けるような青空、爽やかなそよ風。
太陽の光をいっぱい浴びて、心も体もリフレッシュ!


午後はバスに乗って、世界遺産のCahokia Mounds へ行きました。
長い階段を登った先には、どこまでも見渡せる景色がひらけました。
みんなで手をつないでジャンプ!   思い出に残る記念写真となりそうです。


夜はMother's Club のお母様方がおいしいメキシカンディナーを用意してくださいました。食後はLine Dancing です。ダンスのための帽子とバンダナをくださり、体育の先生方とASHの生徒たちと楽しく踊って体を動かしました。
 

~生徒たちのジャーナルより~
" I'm happy because I could speak English better than yesterday.  But I want to speak English more fluently."
" Cahokia Mounds was a very interesting place to visit.  In today's English class, our teacher had taught us that there used to be a big city there but it disappeared later.  No one knows why it disappeared ! "
"After dinner, we tried Line Dancing.   The music we danced to was very interesting.  I danced with a little American girl.  I was very happy to dance with her !"

2014.07.24

中2 イングリッシュキャンプ

中学2年生は7月22日(火)~7月24日(木)まで、聖心丹沢学舎にてイングリッシュキャンプを行いました。外国人講師の先生方をお招きして、朝食時から就寝時まで英語で過ごします。少人数のグループに各先生方がついてくださるので、一人ひとりがじっくりと英語を学ぶことができます。

最初は緊張しましたが、すぐにうち解け、積極的に講師の先生方と会話できるようになりました。

会話を長く続けるトレーニングを行います

Fun Timeではさまざまなゲームを英語で行います

2014.07.24

中1 清里高原教室

 7月22日~24日にかけて、中学1年生では清里高原教室を行いました。天候にも恵まれ、気持ちの良い陽気の中、活動することができました。
生徒たちは、ナイトハイクなどの環境教育プログラムを通して、大自然の営みの中で命を感じることができました。また、入学後初めての宿泊行事を通して、普段の生活とは違った雰囲気の中で約束を守ったり、仲間の中で自分の役割に気付いたりすることで、より一層友達輪を広げることができました。
        


気持ちの良い天気の中お昼を食べました。

環境教育プログラムではレンジャーさんのご指導のもと、大自然の営みについて学びました。

ハイクの後は、摘んだヨモギと笹をつかってお団子とお茶をつくり、「森のお茶会」をしました。

最終日には酪農体験を行い、たくさんの動物たちとふれあうことができました。

とても有意義な活動となりました。

2014.07.24

アメリカ体験学習(4日目)

Academy of the Sacred Heart の滞在も4日目となりました。時差も乗り越えて、皆元気に過ごしています。
今日も姉妹校の生徒たちがたくさん来てくれました。休憩中は色々な話題で、特に盛り上がります。


午後のフリータイム。体育の授業で行っているという、鬼ごっこのようなアメリカのゲームをして大いに楽しみました。ゲーム中も英語が飛び交います。


Philippine Duchesne Shrine の前で集合写真。

ASHのホームページにも載っています。 http://www.ash1818.org/main/


夜はメジャーリーグ観戦をしました。皆で赤い服を着て、地元St. Louis Cardinalsを応援しました。
 Tampa Bay Rays との試合は残念ながら負けてしまいましたが、とても楽しいひとときでした。
 

2014.07.23

アメリカ体験学習(3日目)

 今日は午後に姉妹校のVilla Duchesne (high school)を訪れました。


ピザを囲んでのランチです。すぐにうちとけて、たくさんの賑やかな笑い声が聞こえてきました。


ランチのあと、校内を案内していただきました。


世界中のどの聖心の学校にもある「感ずべき御母」。
私たち聖心生の心のつながりのシンボルでもあります。

夜はCarolさんのご友人、Janeさんがおいしいディナーを作ってくださいました。
あまりのおいしさに、是非レシピをいただきたいと皆お願いをしていました。

~生徒たちのジャーナルより~
"In today's lesson, we learned about American culture.There is a big difference between American culture and Japanese culture. I think it is important to accept each other's cultures."
"We went to Villa Duchesne and made a lot of friends there !!  They were so friendly and kind that we could talk to them without feeling nervous."
"We went to St. Louis Art Museum.  I saw mummies there.  I hadn't seen them before, so they impressed me a lot."

2014.07.23

夏休み中の図書館

 夏休み中の図書館には連日のように中学3年生が訪れます。中学3年生は「卒業研究」として一人ひとりがテーマを決めて、半年以上の時間をかけ、レポート用紙約70枚の研究を仕上げます。今日も研究に没頭する中学3年生の姿が見られました。

2014.07.22

アメリカ体験学習(2日目)

現地2日目の午前は、初めての英語レッスン。現地の生徒たちが授業に加わってくれました。ランチも一緒、休憩中にゲームも一緒に楽しみました。
 

午後は 聖心校内のPhilippine Duchesne Shrineを巡りました。フィリピン・ドゥシェーンがいかに多くの苦難を乗り越えながらアメリカに聖心の学校を始めたかを、コーディネーターのキャロルさんに教えていただきました。
 

ローズもフィリピン・ドゥシェーンのお墓の前で、祈りを捧げます。
 
その後、バスに乗って、フィリピン・ドゥシェーンがネイティブアメリカンのこどもたちに学校を作った場所、Florissantへ。"いつも祈っている人"と呼ばれたフィリピンは、階段下にあるこの小部屋でいつもお祈りをしていました。
 

2014.07.22

横浜国立大学「船や魚のひれに関する公開講座」参加

  7月21日、高校2年生の物理選択者の有志6名が横浜国立大学で行われる「第8回ひれ推進コンテスト」に向けて船や魚のひれに関する公開講座に参加しました。船が転覆せずに浮くにはどうすれば良いかや、速く走るためにはどうすれば良いかなどについて大学の先生に講義をしていただき、その後、コンテストのレギュレーションの確認とレース会場となる実験設備の見学をしました。講義の内容をふまえて、夏休み中にひれ等の水生生物を模した推進装置を用いた船を製作し、8月23日のレースで速さを競います。

船やひれに関する講義

レース会場となる実験設備

2014.07.22

高1キャンプ

  7月17日から19日の2泊3日で高校1年生が山中湖にキャンプに行きました。山中湖の自然を生かしたハイキングやサイクリング、飯ごう炊さん、キャンプファイヤーなどの活動を行ないました。キャンプに向けての準備や、キャンプでの活動を通して、責任感や協同性を養い、仲間との絆を深めることができました。

石割山ハイキング

バーベキューと竹ご飯

湖畔をサイクリング

2014.07.21

アメリカ体験学習がはじまりました

 高3の1名、高2の15名は、無事にアメリカ St. Charlesにある姉妹校 Academy of the Sacred Herat に到着しました。校長先生、コーディネーターのキャロルさんに温かく迎えられて、手作りのお料理やケーキをいっしょにいただきました。明日は朝から英語のレッスンです!

 
今回は、ソフィの親友、ローズが同行        ASHの校長先生と、引率の先生たちと

2014.07.16

大掃除・安全教室

 7月16日、夏休み前最終日の今日は午前中に全校で大掃除をしました。その後、NPO法人e-Lunchの桑原先生をお招きし、スマートフォンやインターネットに潜む危険性や、安全な利用法についてのネット安全教室をしていただきました。パソコンやスマートフォンからSNSを利用する生徒も多いため、皆真剣に耳を傾け、改めてSNS等の利用法を見直すきっかけとなりました。

ネット安全教室

2014.07.15

高校2年生 祈りの会事前学習発表会

  7月16日、高校2年生は9月に行われる長崎・祈りの会に向けた事前学習の発表会を行いました。生徒はそれぞれグループごとに原爆や、キリスト教伝来から禁教、そして解放までの歴史、永井隆や遠藤周作について調べました。本日の発表会ではパワーポイントを使って、それぞれのグループで調べたことを分かち合いました。

2014.07.14

高校国語弁論大会

 7月14日、高校国語弁論大会が行われました。弁論大会に向け、高校生全員が「今、自分が訴えたいこと」について原稿をつくりました。そして、クラス予選を行なって各クラスから代表2名が選ばれ、大会には3学年6クラスから12名の代表が出場しました。大会は中学生も聴衆として参加しています。様々な分野についての主張があり、皆熱心に耳を傾けていました。

2014.07.11

クラブ活動週間

 今週はクラブ活動週間でした。午後の時間帯をクラブ活動とし、それぞれのクラブは練習や作品制作等に取り組みました。一部のクラブは市民体育館や裾野市運動公園で活動しました。

バレーボールクラブ

2014.07.09

保護者会

 7月5日、保護者会が行われました。講演会にはNPO法人いのちをバトンタッチする会代表の鈴木中人先生をお招きしました。「いのちを大切にする心を育む」というテーマでいのちの授業をしていただきました。鈴木先生のお子様と家族の体験を通して、いのちの輝きや家族の絆、本当に大切なことは何かということを学びました。また、ソフィアージュの販売や、女子パウロ会によるホーリーグッズなどの販売も行われました。

鈴木中人先生によるいのちの授業

女子パウロ会によるホーリーグッズなどの販売

2014.07.03

奉仕のLHR

 7月2日(水)、高校2年生は7、8時間目の2時間を使って奉仕のLHRの活動を行いました。松組は、講師の先生にいらしていただき、点字について学習しました。梅組は手作りうちわと暑中見舞いを作成しました。本校が奉仕作業をさせていただいている24ヶ所の社会福祉施設などへ、うちわや暑中見舞いをお送りします。どちらの活動も、様々な人々とのつながりやかかわりを考え、また、自分たちの心を働かせる機会を与えられた、豊かで貴重な時間となりました。
点字の学習

うちわの作成

Calendar

«7月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Feed


 

2017.10.04.更新

2017.10.20.更新

2017.10.18.更新

2017.10.18更新

2017.10.18.更新

 
関連リンク