学院ダイアリー

2015.07.30

富士登山

7月28日から29日に札幌と東京の姉妹校と合同で富士登山を行い、本校からは高校生の希望者が参加しました。28日に5合目を出発し、8合目の山小屋で一泊。そして翌日に富士山登頂を達成することができました。あいにくの天候でしたが、自然の雄大さを味わい、登山の喜びと苦しみを経験することができました。

    

2015.07.29

アメリカ体験学習(9日目)

午前中から積極的に文化交流をしました。ESLの授業の合間には姉妹校の生徒と折り紙をし、午後は老人ホームを訪問し、歌やダンスを披露するとともに、お手玉や福笑い、ケン玉などの遊びを一緒にしました。交流そのものは1時間弱の短い時間でしたが、仕事で日本に在留していらした方もいて、いろいろな交流ができました。

夕方からセントルイスにあるThe MUNYという野外劇場にミュージカルを見に行きました。日没後はかなり涼しくなって、今日の演目であるThe Beauty & The Beastを見ることができました。ピクニックの夕食やバックステージツアーなど体験したことのないこともたくさん体験できました。


 
 

2015.07.28

アメリカ体験学習(8日目)

今日はESLの授業はなく、朝からバスで少し離れたHunnibalに行きました。ここは「トム・ソーヤーの冒険」の作者であるマーク・トゥエインの故郷。彼のペンネームの由来に関係する、ミシシッピ川のクルーズ船に乗り、トム・ソーヤーに出てくる洞窟の近くでピクニックランチ。キャロルさんお手製のサンドイッチをいただきました。その後、マーク・トゥエインの少年時代の家やハックやベッキーのモデルとなった人たちの家を見学し、物語が今までよりずっと身近になりました。

    


そして洞窟を探検。ガイドさんについて内部を一周しましたが、外が35度近い気温だったのに対し内部は12度で、長袖が必要なくらい。内部には洞窟が発見された19世紀当時から探検に入った多くの人たちのサインが彫り込んであったりして歴史を感じました。
帰りにターゲットという大きなスーパーにより、今のアメリカも体験しました。

2015.07.28

高1 キャンプ

高校一年生は、7月21から23日の3日間、東京YMCA山中湖センターでキャンプを行いました。山中湖の豊かな自然の中で、クラフトや食事作り、山登り、キャンプファイヤー、サイクリングなどの活動を通し、仲間との絆を深めることができました。また、普段とは違う環境に身を置き、1人1人が役割を持ってお互いのために力を尽くすことで団結力がより強まりました。この3日間でそれぞれが大きく成長することができ、充実したキャンプとなりました。

    

2015.07.27

アメリカ体験学習(7日目)

例年に比べ涼しかった先週から一転、よく晴れて暑い1日でした。
午後はSt.Charlesの街の散策をしました。最初に見学したのは州都だった当時の建物で、毛皮貿易のお店や街の人の家を再現した建物でした。当時の道具や家具などが置いてあり、生活の様子がわかりました。その後、アメリカの西部開拓の始まりとなったLewis&Clerkの探検についての博物館に行き、アメリカが今のように大きな国になった始まりの様子を学びました。


その後は自由行動で、19世紀半ばに建設された建物の並ぶ街並みを歩きながら、アイスクリームを食べたり、お店を見たりしました。お店の人の優しさに驚きました。
今日の夕食はJane Cannonさんが作ってくださいました。とても美味しく、皆よく食べていました。


夜はMovie Nightで、教室に枕を持ち込んで、ASHの生徒と一緒に「千と千尋の神隠し」の英語版を見て楽しみました。

2015.07.26

アメリカ体験学習(6日目)

アメリカではホームスティから生徒たちが帰ってきました。受け入れてくださったASHの皆様、本当にありがとうございました。気持ちをうまく英語で伝えられないもどかしさを感じたり、一方でゲームなどの共通の話題や遊びで盛り上がったりと、たくさんの経験をしてきたようです。
アメリカ生活も後半に入ります。今週も元気に、存分に学んでいきたいです。

2015.07.25

アメリカ体験学習(5日目)

セントチャールズは朝から快晴です。滞在初日から予想に反して涼しい日が続きましたが、段々今の時期らしい暑さになりました。
今日は午前中の授業を終えた後、ホームスティとなります。緊張半分、楽しみ半分という感じのようです。英語の授業では自己紹介の表現などを練習しました。午後にはそれぞれのホームスティ先に向かいました。

2015.07.24

アメリカ体験学習(4日目)

今日はESLの授業の後、世界遺産のカホキアへ行きました。
授業の時に見せていただいた発掘品の実物を見たり、映像の説明を見たり、復元された当時の生活を見たりして、オリジナルのアメリカの文化やメキシコとの文化的なつながりを学びました。
また、Monk's Moundというピラミッドのような人工の丘に登り、遠くに見えるGateway Archの景色を楽しみました。

4日目になり、段々聴き取れる英語が増え、姉妹校の生徒と共通の話題で盛り上がることも多くなりました。明日からのホームスティではもっと積極的に話し、コミュニケーションを深めてきたいです。

2015.07.23

アメリカ体験学習(3日目)

アメリカ生活も3日目。英語の生活にもだいぶ慣れてきました。
今日の授業では、趣味や好きなものに関する質問をしてyesと答えてくれた人の名前を書いてもらいBINGOにする、というゲームを行い、沢山の人と話しました。

Lunchの後はSt.Louisの市内観光。アメリカで3番目に大きい都市公園といわれるForestParkを通り、大聖堂、セントルイス大学の聖堂、中央駅を見て、最後にゲートウェイアーチに行きました。色々な建築様式をいっぺんに見ることができました。

夜はこちらの学校の母の会にあたるMothers Clubの方々がメキシカン料理を作ってくださいました。
日本であまり食べることがないメキシカンはおいしかったです。食後は体育館で姉妹校の生徒も一緒に、ラインダンスをしました。振りは簡単ですがスピードが速くなったりして驚きました。

2015.07.23

中2 イングリッシュキャンプ

7月20日から7月22日まで2泊3日で、中学2年生はイングリッシュキャンプに行きました。外部の外国人講師のもと、様々な活動を通して楽しく英語を学んでいました。長期間英語を話すことで、自然と英語が出てくるようになりました。最終日にはスピーチのコンテストがあり、代表で選ばれた生徒たちは緊張していましたが、しっかりと英語で自分の考えを表現していました。最後は講師の先生方から全員賞状をもらい、自信になったようです。

 

2015.07.23

アメリカ体験学習(2日目)

アメリカでの2日目の様子をお伝えします。


午前中は英語の授業があり、午後見学するArt Museumのことについてもいろいろ教えいただきました。授業のあと、バスに乗って姉妹校のVilla Duchesneへ。ここは高校もあり、同じ年の生徒たちが迎えてくれました。カフェテリアで一緒にLunchをいただき、その後校内を見学しました。フイリピン・ドシェーンのご像や絵、また、感ずべき御母のご像もあり、聖心女子学院の姉妹校の同じ精神を感じました。その後Art Museumへ行き、ワークシートを使いながらいろいろな時代、地域の絵画を鑑賞し、豊かな時間を過ごしました。

  

2015.07.21

アメリカ体験学習(1日目)

高校2年生16名が参加しているアメリカ体験学習の様子をお伝えします。

14時間のフライトを終え、無事にセントチャールズの姉妹校に到着しました。途中、デトロイトの乗り継ぎで2時間の遅れがあり、現地に到着したのは夜11時近くでした。
今日は朝から英語の授業があり、姉妹校の生徒がお手伝いに来てくれました。午後は聖フイリピン・ドシェーンゆかりの場所、彼女のお墓や最初の学校などの見学をしたあと、プールパーティに御招待してくださったお家を訪問しました。雨が心配されましたが、楽しく過ごせました。
 

2015.07.16

国語弁論大会

7月15日に、国語弁論大会が開催されました。高校生の発表者は、全校生徒の前で朗読や弁論を披露しました。気持ちのこもった発表に、皆静かに聞き入っていました。

  

2015.07.13

クラブ活動週間

  クラブ週間も半ばを迎えました。今日は気温も高く蒸し暑い日となりましたが、生徒たちは暑さに負けずにクラブ活動に励んでいます。日本語演劇クラブは講堂の舞台での練習が始まり、E.S.S.クラブはALTの先生の指導の下、英語力に磨きをかけています。家庭科クラブではお菓子作りに挑戦しました。

    

2015.07.10

クラブ活動週間

7月8日から、クラブ活動週間が始まりました。クラブの時間が通常より長くなり、生徒たちはそれぞれのクラブで熱心に活動に取り組んでいます。吹奏楽クラブやアンサンブルクラブでは、体力作りや基礎練習、合奏練習に励んでいます。

    

  

2015.07.04

音楽鑑賞会

7月3日に音楽鑑賞会が開かれました。今年は、静岡県出身のリコーダー奏者である吉澤実先生らをお招きしました。ヴィオラ・ダ・ガンバとリュートによる美しいアンサンブルに、生徒たちは真剣に耳を傾けていました。また、楽器や様々な笛の紹介もしていただき、貴重な時間となりました。

  

2015.07.01

奉仕のLHR

 7月1日に高校では、奉仕のLHRがありました。1年生は、高齢者疑似体験のあと介護の現場で働く方のお話を聞きました。2年生は、看護や保育に携わる職員の方から貴重な体験談などをお話しいただきました。 3年生は「ルワンダの涙」という実話をもとにした映画を観ました。どの学年も、広い視野を持ち他人を思いやる心を学ぶことができました。

    

Calendar

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Feed


 

2017.10.04.更新

2017.10.20.更新

2017.10.18.更新

2017.10.18更新

2017.10.18.更新

 
関連リンク