校長室から

こんにちは、シスター大原眞実です。

ここでは、私からのメッセージをお伝えします。朝礼等で生徒に語ったことや学院発行の冊子等に掲載したことの中から、また日頃感じていること等を含め折々に更新してまいります。

 “Sophie’s Diary”(不二聖心女子学院公式Facebook)等にも、担当の一人として写真やメッセージを掲載中です。様々な角度から、学院生活の様子を感じとって頂けたら幸いです。

2021.06.23

#あちこちのすずさん

  先週、NHKのプロデューサー春日真人さんと榛葉里佳さんが、中学3年生の宗教の時間にいらしてくださいました。『この世界の片隅に』(監督 片渕須直・原作 こうの史代)という映画の 主人公である浦野すずさんのように、戦時下を懸命に生きた方々のエピソードをハッシュタグ(#)でつないでいこうというプロジェクトにかかわっている方です。

  本学院の卒業生である榛葉さんが、中学生に講演に来てくださったことから実現しました。講演で、不二聖心での学びが将来を考えることや現在のキャリアにつながっていったプロセスを伺っていた生徒たちにとって、「命の大切さ」について考えを深め、また将来への希望をふくらませる機会になったようです。

https://www.nhk.or.jp/gendai/comment/0005/


https://www.nhk.jp/p/ts/MZZMWK86RJ/

2021.06.16

みこころの月に

 フランスの聖心会が聖マグダレナ・ソフィア・バラのご生涯を短くまとめた “C’est le feu qui m’a mis au monde” というビデオが公開されています。(https://www.youtube.com/watch?v=b6vP4P3-7yg)本年度は訪問できませんが、聖女の故郷ジュワニーの町、ぶどう畑、そしてご生家の様子などもよく撮られています。

6月はイエスの聖心(みこころ)に捧げられた月です。この名を校名にもつ学院の生徒たちが、ソフィアバラが大切にされたイエスのみこころへの思いを深め行く日々となりますように。

 あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。 13互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。 14これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。愛は、すべてを完成させるきずなです。 (コロサイ書 3:12-14)


2021.06.09

高村市長様ご来校

 爽やかな青空が広がる中、裾野市の高村謙二市長様がご来校くださいました。コロナ禍が始まった当初から、学院のコロナ対策に対してご助言やご支援をいただいていることに改めて感謝申し上げました。また、スソノ・デジタル・クリエイティブ・シティ構想(http://www.city.susono.shizuoka.jp/soshiki/3/1/7/jisedai/index.html)や、裾野市戦略広報課が推進するフィルムコミッション等に関するお話も伺いました。裾野市で唯一の私学である本学院をいつもお心にかけていただいていることに感謝しつつ、これからも裾野市と共に歩む学院でありたいと願っております。

2021.06.01

祈りの力

 聖母マリアに捧げられた月である5月、修道院に、コロナの収束を願って描かれた絵画をご寄贈いただきました。コロナ禍にあって、多くの人々の善意や祈り、そこから生まれる様々な形での行動が、この世界を支えていることを思い、感動いたしました。

 この絵は、ルネッサンスの巨匠ラファエロの模写で、聖母と幼子イエス、洗礼者ヨハネが描かれています。

 ヨハネが生まれた時、父ザカリアが口にした賛歌の中に、次のような箇所があります。


神の深いあわれみにより、夜明けの太陽はわたしたちに臨み、
闇と死の陰にある人を照らし、わたしたちの歩みを平和に導く。

           (ルカによる福音書1:78-79)



 祈りは行動につながりゆくもの、一人ひとりが、今、ある場で自分にできることを心掛け、平和やコロナ収束に向けての動きに参与していけますように。
https://rscjinternational.org/news/madeleine-sophie-words-wisdom-what-might-she-say-about-covid-19

2021.05.27

創立者の祝日行事の前夜に

 激しい雨の中で帰宅した通学生に思いを馳せつつ、今夜は寄宿舎を訪ねました。生徒達が静かに自習している時間に、食堂(アミアン)でこれを書き始めました。アミアンの聖心学院は、1801年に創立された最初の寄宿学校です。その頃、ソフィー・バラは22才で、学校で学習に対する責任を受け持っていました。生徒たちと一緒に過ごすことを好んだ創立者が、寄宿学校で一人ひとりの子どもたちに向けたまなざしや希望を持ち続けたいと願います。コロナ禍で、寄宿舎の食事風景も代わりました。見える形でも見えない形でも生徒たちに及ぼしている影響について考えさせられる日々です。そろそろ自習時間が終わり、生徒たちの元気な声が響いてきました。近くのテーブルでは、英語のお勉強を終えたばかりだという生徒たちが沈黙でジュースを飲みながら、静かに交流しています。

 明日は、創立者の祝日行事――、ごミサ、そして中学生には卒業生の榛葉里佳さん(NHKデイレクター)、高校生には木村護郎クリストフ先生(上智大学)による講演が行われます。生徒が帰宅した後は、職員の宗教研修があり、シスター渡邊真理子(みこころセンター長)をお迎えします。生徒たち、そして学院全体にとって良き日となりますように。



For the sake of [a single child], I would have founded the Society of the Sacred Heart.

                         Madeleine Sophie barat

2021.05.20

BE*hiveにて

 聖心グローバル・プラザの展示スペースBE*hiveで、2つの展示が行われています。女性の生き方をテーマとした「いま、『女性』はどう生きるか―キャリア、結婚、装い、命―」そして「緒方貞子さんと聖心の教育」です。http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/behive/

 前者の展示の中で、時代考察の中で、30年前と現代における人々の生き方や社会の変化や、ジェダギャップ指数等が報告されています(バーチャル展示https://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/exhibition/2021_women_1)。これらの展示の流れの中で、女性の生き方という点でも先駆者であった緒方さんが、現代に生きる生徒たちにとってもロールモデルであり続ける理由を再認識いたしました。


学んだすべてのことを忘れても、後に残ったものが本当の教育の成果。

     Catherine Elizabeth T. Britt

2021.05.14

姉妹校とともに

 聖心姉妹校は、各校の地域性や特性を活かしながら、「聖心女子学院姉妹校 教育ネットワーク」を構成し、教育的な連携を行っています。ともすると世界が狭くなりがちなコロナ禍にあって、国外・国内姉妹校とのつながりは、学院の教育に広がりを与え続けてくれています。

 本学院では、現在、SOFIS(国内姉妹校の高校生が主体となり共生をテーマに活動)のオンライン・ワークショップの準備、ソウル聖心とのオンライン交流プログラム、聖心女子大学との高大連携プログラム、聖心グローバル・プラザ訪問、海外の姉妹校への留学準備などが進められています。国内外の卒業生によるオンライン講演会なども企画されています。

 聖心という一つの大きな家庭の中で、生徒たちが大きく成長していくよう願っています。


 You must grow like a tree, not like a mushroom.  

Janet Erskine Stuart 

2021.05.07

インドネシアより

 現在、インドネシアの聖心会にいるシスター足立万利子を通して、生徒たちからの募金をお送りしたことへの御礼状が届きました。一年中同じ花が咲き、バナナ、レモン、パパイアなどが実っているバンドゥン市で、お得意のお料理や手芸等を通して皆様に喜びを分かち合っていらっしゃる姿が目に浮かびます。

 なお、この1月まで日本に滞在され、生徒達にオンラインで講演をしてくださった聖心会のシスターHenni Sidabungkeが、シスターの道を選んだきっかけや心に響いたこと、神様と共に生きる喜び等をインドネシアからオンラインで語ってくださるようす。

5月22日(土)「みこころと共に ~Youはどうしてシスターに~」
https://m-sacred-heart.com/2021_lectures/522_mikokorototomoni_sr_Henni_rscj.jpg

2021.05.01

八十八夜

  お茶摘みの目安は、立春から数えて88日目にあたる八十八夜と言われます。2021年の八十八夜は5月1日ですが、今年はお茶摘みの時期が早いようで、本学院の茶園では4月24日から摘み始めました。すでに袋詰めに入っているようで、連休明けからお求めいただけるようです。https://www.seishin-fujinouen.jp/



山里に花咲く八十八夜かな
正岡子規

2021.04.27

Silent Walk Ⅰ

 先週、中学1年生と、新旧ルルド、聖心会のお墓、岩下家墓所付近のサイレント・ウォ-クに出かけました。今回は「Heart Story」(創基100年記念 キャンパス巡礼ガイドブック)の19~20、23~26ページにあたる箇所を歩き、聖心の教育に生涯を捧げ今は天国で生徒達を見守ってくださっているシスター方が眠るお墓で、お祈りをしました。

ちょうど同じ日に、聖心女子大学初代学長マザーエリザベス・ブリットについてのシスター増田の記事がブログに掲載されていましたのでご紹介いたします。
http://srsmrscj.blogspot.com/2021/04/blog-post_4.html


 「学び」とはあなた自身から生まれるもの、外から与えられるものではありません

 Catherine Elizabeth T. Britt