校長室から

こんにちは、シスター大原眞実です。

ここでは、私からのメッセージをお伝えします。朝礼等で生徒に語ったことや学院発行の冊子等に掲載したことの中から、また日頃感じていること等を含め折々に更新してまいります。

 “Sophie’s Diary”(不二聖心女子学院公式Facebook)等にも、担当の一人として写真やメッセージを掲載中です。様々な角度から、学院生活の様子を感じとって頂けたら幸いです。

2021.09.23

多様性の中で

  ヨーロッパや北米に一年間の留学中の生徒たちから、折々に近況報告が入っています。それぞれに、たくましく、充実した生活を送ろうという意思が伝わってきます。新型コロナウイルスを取り巻く状況も様々です。たとえばフランスに留学中の生徒は、仏政府がワクチン接種を証明する「衛生パス」の提示を義務化したことに抗議する人々の姿やデモの様子も伝えてくれました。フランスの歴史や文化、価値観の多様性や、「自由」について考える契機となったようです。日本でも報道されているものの、同じ学院に通う生徒の声には生の迫力があり、学院にいる生徒たちにも刺激となっていきます。これからも、コロナ禍であっても高校時代に留学を経験したい、という生徒たちの夢を、保護者の方とご一緒に応援してまいります。

 オンラインを使っての交流や研修の機会も、より広がっています。中でも、パリのユネスコ本部とつなげてオンライン研修が実施できたことはとてもうれしいことでした。生徒たちの中に、ユネスコが掲げる平和への理念と、世界の多様性の中でそれを実現していこうという思いが強められたのを感じました。

 コロナ前は「創立者の精神を現代世界の中で具現化するために」という目的で、高校2年生全員がユネスコ本部を訪問し、不二聖心生対象の手作りの研修に参加する機会に恵まれていました。今回、生徒たちのために何が良いかを担任の教員と共に考え、時差を乗り超えてオンライン研修を実現させてくださったユネスコの職員の方々の熱意に心から感謝いたします。

2021.09.15

生徒たちの姿を思いつつ

 来週の学院説明会の日、生徒たちはオンライン授業に変更となりました。ご来校される皆様に自慢の生徒たちをご紹介できないのは残念ですが、次回11月23日を待ちたいと思います。

 この変化により、生徒たちに代わって、先生たちが校内案内等を全て担当することになりました。放課後に確認やリハーサルが行われる中、たびたび聞かれるのは「生徒たちのありがたさ、すごさがわかりました」という言葉です。説明というよりも、愛をもって学院の良さを伝えようとする生徒たちの姿を、先生たちはしっかりと覚えています。今はハイブリッド授業が続いていますが、一日も早く生徒の皆さん、保護者、卒業生等、学院につながる全ての方々全員に、安心して学院に戻っていただける日が来るよう祈ります。

 来週、ご来校くださる皆様、オンラインで参加してくださる皆様の中に、未来の妹たちもきっといらっしゃることでしょう。楽しみにしております。今回、対面でのご参加の予約がとれなかった皆様には、個別訪問等、何らかの形でご来校いただけるようにと願っております。
https://www.fujiseishin-jh.ed.jp/topics/2021/95302/

 

2021.09.07

サクレクールに祈りをこめて

  夏休み中、特別第3教室がリニューアルされ、名前もフランス語で「聖心」を意味するサクレクール(Sacré-Cœur)に変わりました。ここは中学校と高校とをつなぐスペースなので、「聖心(みこころ)のうちに一つの心で」という意味が込められています。壁の色は藤色(不二色)、それと調和するよう金色で聖心会のロゴマークが掛けられています。美術科の先生の発案です。

  壁のない教室のイメージも取り入れ、通路部分と学習スペースの床の色が変えられています。振り向くと、ロゴの前で、生徒がプレゼンテーションができるよう作られました。生徒たちが喜んでくれていることが何よりうれしいことです。ここから、さらに新たな学びが展開されていくことでしょう。



 あなた方が共に一つのことを成し遂げようとする時、豊かな実りを得るでしょう。私は、世界が聖心(みこころ)の愛で満たされることを願っています。あなた方は愛を学び、それを他の人に伝えねばなりません。そうすれば、あなた方は一人で天国に行くのではなく、そこで友達に出会うことができるでしょう。

マグダレナ・ソフィア・バラ

 

2021.09.01

コロナを収束に向かわせる力に

 現在はハイブリッド形式で授業が行われています。今週は、対面・オンライン希望者が、それぞれ約半数に分かれました。毎日の終礼の時間に、一日の感染対策の振り返りの助けとして、またその後の下校、寄宿舎・家庭での行動へつながるようにと、短いフレーズを使った感染対策講話が全校一斉に行われています。生徒たちが、コロナを取り巻く現実を自分事としてとらえ、一人ひとりが「コロナを広げることに加担する」のではなく、「収束に向かわせる力」となっていくようにと願って始められた試みの一つです。
生徒たちが思い切り語らい、オークヒルを駆け巡ることができるような日々が、一日も早く戻りますようにと祈ります。 

2021.08.25

夏休み明けの学院

 比較的、コロナの感染状況が緩やかであった静岡県にも緊急事態宣言が出されました。県内で感染者数が少なく、市内在住でワクチンを希望する児童・生徒への接種が進む裾野市では、対策を講じながら登校を再開しています。

本学院では、今日から自宅でのオンラインにより夏休み明けの学院生活が始まりました。

この間に集団生活における感染対策行動を再確認し、来週からはハイブリッド授業(オンライン・対面の選択制)に移行いたします。今夏、一年間の海外留学に出立した生徒たちからは、無事到着の連絡が入り始めました。

保護者の方々も、祈るような気持ちで送り出してくださっていることでしょう。Courage et Confiance! 夏休み明けの一歩を踏み出した生徒たちの上に、神様のお守りがありますように。 

2021.08.17

野の百合

 コロナによるパンデミックや、自然災害が続く中、夏休みも修道院では生徒たちのための祈りが捧げられています。キャンパスに咲く山百合がたびたび聖堂にも飾られました。今朝は、綺麗なバンビが、修道院の横の森へと駆けていきました。
 生徒たちが、帰って来る日が近づいてきました。この豊かな自然の中で、澄んだ空気を吸い、健やかにのびのびと成長を続けていくことができますように。


 野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。      

     (マタイによる福音書 6章より)

 

2021.08.10

8月15日を前に

 8月12日(木) 午後7:30~8:42にNHK(総合)で放送される特集番組「#あちこちのすずさん ~コロナ時代を生き抜く暮らしの知恵(仮)~」が放映されます。新型コロナ禍で高齢者と若者のつながりが薄れる中、戦争中の「生活の知恵」を媒介に世代間をつなごうという企画です。30名の大学生・高校生がオンラインで参加します。学校名・氏名は非公表、ニックネームで参加という形式です。平和への思いを深める機会となるよう願い、夏休み前の全校集会でも薦めました。

https://www.nhk.or.jp/gendai/comment/0005/

2021.08.02

自然とともに

 コロナ禍で規模を縮小した形ながら、今年もキャンパスの広大な自然の中で2回にわたって「夏休み 子供自然体験ツアー」を開催できることに感謝いたします。多くの児童の皆さんにご応募いただき、お断りせざるをえなかったケースもありました。また、当日、来校者に説明等を行う本学院生徒のボランティアも、希望者の多くを断ることとなりました。自然への関心を持ち続け、また来年以降に応募していただけたら、と願います。

今年も豪雨等により、かけがえのない命が失われ、住まい等にも大きな被害がもたらされています。世界共通の緊急課題である気候変動、自然破壊、生物多様性の喪失等を身近に感じる日々の中、この経験が自然との共生を考える助けとなりますように。 

https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/41593/

2021.07.29

オリンピックを見ながら

 アメリカのStone Ridgeの聖心の卒業生であるケイティ・レデッキー(Katie Ledecky)選手が、昨日、水泳1500メートル自由形で金メダルを獲得しました。これまでも、ロンドンオリンピック、リオデジャネイロオリンピックを合わせて5つの金メダルを獲得しています。

下記のフェイスブック等から聖心関係のオリンピアンの様子を知ることができます。平和の祭典としての意味を考えながら応援していけたらと思います。 

https://www.facebook.com/WeAreSacredHeart
https://rscj.org/news/about-the-sacred-heart-athletes-competing-in-the-tokyo-olympics
https://www.facebook.com/WeAreSacredHeart

2021.07.22

馬にちなんで

  国民体育大会 東海ブロック大会の馬術競技で第1位となった本学院の高校生が、9月から三重県で開催される「とこわか国体」にも参加することになりました。夏休み前の全校集会で報告され、皆でエールを送りました。

  不二農園の開祖である岩下清周(1857年6月19日 - 1928年3月19日)はたいそう馬を好み、羽織の裏地に馬の絵柄の生地を使用したり、客人が訪れた時には馬に乗って出迎えたという記録が残されています。富士山を背景に、広い農園内を馬で巡っていた姿が目に浮かびます。とても絵になる光景ではないでしょうか。

  早くコロナ禍が落ち着き、まだご覧いただけていない保護者の方々も含め、学院アーカイブ室をご見学いただける日がくるよう願っております。