フィールド日記

2014.07.27

コオニユリの開花  夕暮れのすすき野原

ついに今年もコオニユリが開花しました。全国各地で絶滅危惧種に指定されている希少種です。夏休み子供自然体験教室では、コオニユリから学ぶ生き物の命のつながりの不思議を生徒スタッフが説明する予定になっています。


夕暮れの光に照らされたコオニユリは一際美しく感じられました。木の上にはホオジロが鳴き、地は虫の声に満ちていました。


今日のことば

夕ぐれの時はよい時。
かぎりなくやさしいひと時。
それは季節にかかはらぬ、
冬なれば暖炉のかたはら、
夏なれば大樹の木かげ、
それはいつも神秘に満ち、
それはいつも人の心を誘ふ、
それは人の心が、
ときに、しばしば、
静寂を愛することを、
知つてゐるもののやうに、
小声にささやき、小声にかたる・・・・・・
                    堀口大学