フィールド日記

2018.01.15

8頭のシカの群れ

 今朝、オムニコートの横を通過していくシカの群れの写真を撮りました。このシカたちは、お茶畑を抜けて、築山を通り、テニスコートの横を通って、グラウンドへと移動していきました。群れは8頭で構成されていたようです。

群れを作って行動するシカは、不二聖心の貴重な植物にも大きな被害をもたらしています。被害は不二聖心だけにとどまるものではなく富士山麓全体、いや日本全体に及んでいます。愛らしいシカを駆除するのは忍びないですが、生態系全体を守るためには害獣対策がどうしても必要になってきます。

今日のことば
シカが増えすぎたことによる影響は山全体におよび、その影響がシカ自身の生活の場を変え、さらにべつの生物どうしのつながりまで大きな影響をおよぼすのです。このようなことは、サルやクマではありません。クマは猛獣と呼ばれることがあるのに対して、シカは優美でやさしそうな動物と思われています。確かにそうですが、人間へおよぼす影響という点でいえば、シカのほうがはるかに恐ろしい動物なのです。ニュージーランドでは、増えすぎるシカ対策にとりくむことを「ディア・ウォーズ」つまり「シカとの戦争」と呼んでいるほどです。 
『野生動物と共存できるか』(高槻成紀)より

2018.01.14

キンランと歌会始

昨日の朝の雑木林の様子です。

近づくとキジバトが何羽も飛び立ちました。
この写真に写っている木はクヌギとコナラで、いずれもブナ科に属しています。天皇陛下は歌会始(お題「語」)で「語りつつあしたの苑を歩み行けば林の中にきんらんの咲く」という歌をお詠みになりました。この歌の「きんらん」は全国各地で絶滅危惧種に指定されている植物で、ブナ科の樹木ときんらんと菌根菌は三者の共生関係を築いていることで知られています。きんらんが減少したのは、手入れの行き届いた雑木林が少なくなったことと無関係ではありません。
次の画像は不二聖心の雑木林で5月に撮影したキンランの画像です。


今日のことば
語るなく重きを負ひし君が肩に早春の日差し静かにそそぐ 皇后さま

2018.01.08

黄色いイロハモミジ

墓所から降りる道の途中に黄色いモミジの葉がたくさん落ちていました。

まるで舞い落ちたイチョウの葉のようでした。実はこれは、中学校校舎の中庭などでも見られるイロハモミジの葉なのです。周りの環境によって、普通なら真っ赤に紅葉するイロハモミジがこのように黄色くなることに驚きました。

今日のことば 
人いつか還る虚空に銀杏舞ふ   青野迦葉

2018.01.04

「共生の森」のナツグミ

「共生の森」に生徒が植えたナツグミが、年が明けてもたくさんの実をつけています。食べると甘い味がしますが、多少の渋みがあります。どうやら鳥たちはこの実をあまり好まないようです。かつて「共生の森」の樹木はほとんどが鹿の食害で枯れてしまいましたが、ナツグミだけは鹿がその葉を好まないことで生き残りました。葉を鹿に嫌われ実を鳥に嫌われるナツグミは実にユニークな植物です。

今日のことば
自然を見るということは、その奥におられる神を見ることじゃないでしょうか。自然をじっと見ることで、少しでも神に近づくことができたら、と思いますね。
稲畑廣太郎

2018.01.01

カラスザンショウ

墓所の近くにある高木がたくさんの赤い実をつけています。この木の名前がどうしてもわかりませんでした。複数の専門家の方が、時間をかけて検討してくださった結果、ようやくカラスザンショウであるという結論に至りました。不二聖心の自然にはまだまだ未知の領域があることを痛感しました。今年も不二聖心の植物相をさらに詳細に明らかにできればと思います。

今日のことば
カヤノが持つ大切なものを本当に必要としている人にあげなさい。カヤノが必要としているものは、カヤノが必要なときに、神様がちゃんと与えてくれるから。(永井隆が病床から愛娘に遺したことば)

Calendar

«1月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

Feed


 

2018.01.01.更新

2018.01.19.更新

2018.01.17.更新

2017.11.29.更新

2018.01.15.更新

 
関連リンク