フィールド日記

2016.01.31

野鳥の調査 アカハラ

 今日は「日本野鳥の会」の滝道雄先生と不二聖心の野鳥の調査をしました。

野鳥の調査の難しさは鳴き声の聞き分けをすることにありますが、今の時期、ツグミの仲間(ツグミとアカハラとシロハラ)は声だけでは同定が難しい場合があります。今日はアカハラもシロハラも姿を見せてくれたおかげで、しっかりと確認ができました。特にアカハラは、千載一遇のチャンスが到来し、撮影にも成功しました。
確認できたのは以下の22種類です。
1キジバト(群れ)
2コゲラ(複数)
3カワラヒワ
4ハシブトガラス(複数)
5ヒヨドリ(複数)
6ヤマガラ(「ニーニー」と鳴いていました。) (複数)
7メジロ(山茶花の花にぶらさがって蜜を吸っていました。)(複数)
8ツグミ(複数)
9エナガ(10羽以上の群れを2ヶ所で確認しました。)
10ジョウビタキ(オス2羽)
11シジュウカラ(複数)
12モズ(メス)
13ホオジロ(複数)
14ソウシチョウ(複数)
15アカハラ(2羽)
16ハシボソガラス
17ルリビタキ(不二聖心で初めて確認されました。)
18ヒメアマツバメ(2羽)(不二聖心で初めて確認されました。)
19オオタカ
20トビ
21ウグイス
22シロハラ
今日のことば
問題を解決することよりも、問題を見いだすことにしたがって問題を提起することの方が肝心なのである。 アンリ・ベルクソン