フィールド日記

2020.06.26

オオチャバネセセリ

第1オークヒルでオオチャバネセセリを見つけました。幼虫はササ類などを食草としており、草原や樹林周辺の草地に見られます。以前は普通に見られましたが、近年は数を減らしており、複数の県で絶滅危惧種に指定されています。不二聖心では不二農園の方々によって定期的に草刈りが行われているため、オオチャバネセセリの生育に適する環境が保たれていると考えられます。


I found this butterfly called "オオチャバネセセリ(oocyabaneseseri)" in the first Oak Hill. They are seen in grass fields and edges of woodlands because the larvae of them eat bamboo grasses.  Before, they were common but now they have become endangered in several prefectures as their living places are decreasing. In Fuji Seishin, suitable places for this species to live are kept because farmers of the "不二農園(Fujinouen)" regularly cut grass.