フィールド日記

2020.12.27

12月の野鳥の調査

日本野鳥の会東富士副代表の滝道雄先生が12月の不二聖心の野鳥について調査をしてくださいました。調査の報告書が届きましたので、掲載いたします。 
2020年12月度の調査で確認された野鳥は下記の通りです。

1.ツグミ…28羽
2.トビ…2羽
3.キジバト…11羽
4.ハシボソガラス…2羽
5.ハシブトガラス…11羽
6.シジュウカラ…8羽
7.ヒヨドリ…39羽
8.ノスリ…1羽
9.メジロ…6羽
10.イカル…1羽
11.ウグイス…4羽
12.ヤマガラ…2羽
13.ホオジロ…1羽
14.ヒガラ…2羽
15.アオジ…4羽
16.エナガ…11羽
17.ミソサザイ…1羽
18.ジョウビタキ…1羽
19.ガビチョウ…1羽
20.ソウシチョウ…17羽

【特記事項】
1.今月もソウシチョウが多くの場所で見られた。


2.イタチが、裏道の小川で見られた。


3.2014年12月から6年1カ月にわたり調査を実施してきたが、ここで一区切りにしたいと思います。今後は調査を非定期に実施し、新たな種の確認等が有りましたらご報告いたします。