フィールド日記

2021.04.06

ビロウドツリアブ

共生の森でたくさんのビロウドツリアブを見ることができます。春に見られるアブのなかまで、長い口吻で花の蜜を吸っています。ブーンという羽音を立てながら、羽を高速で動かし、ホバリングすることができます。まるで何かに吊るされているように、空中で静止している様子と、体にビロードのように毛が密に生えていることが和名の由来のようです。


I found many bee flies called "Biroudo-tsuriabu (ビロウドツリアブ)" in the Kyoseinomori-Forest (共生の森). They appear in spring and have a long proboscis to suck nectar. They move their wings quickly to hover making a bee-like noise. The name comes from their movement in the air and their hairy appearance like a velvet.