校長室から

2013年12月

2013.12.18

冬休み前の全校集会での話より抜粋(2013年12月18日)

 12月5日、ネルソン・マンデラの帰天が報じられました。世界中が彼の死を悼み、葬儀には、各国の国家元首を始め多くの人が参列しました。マンデラは、若くして反アパルトヘイト運動に身を投じたことから1964年に国家反逆罪で終身刑の判決を受け、27年間に及ぶ獄中生活を送りました。釈放後、1991年にアフリカ民族会議(ANC)の議長に就任し、アパルトヘイト撤廃に尽力した功績から1993年にノーベル平和賞を受賞、翌年、南アフリカで初めて全ての人種の人々が参加して実施された選挙を経て大統領に就任した後も民族和解の政策を推進し、全民族融和の象徴として尊敬を集めました。彼をこのように導いたのは、若き日にキリスト教のミッション・スクールで受けた教育だったと言われます。実際、彼自身、メソジスト系のクリスチャンでした。

freepicよりネルソン・マンデラの肖像画を引用

             
富士山が世界遺産になった今年、不二農園の紅茶タダニシキを使ったソフィアージュのプロジェクトがきっかけで、11月20日に県内の私学として初めて川勝知事が不二聖心をしてくださいました。聖堂で手を合わせられた時のご様子、代表の生徒一人ひとりへの対応のされ方、「不二聖心の“不二”とはどのような意味かわかりますか?この校名にふさわしく、二人といない自分を大切にしてください。」というお言葉等から、「もしかしたら?」と思ったのですが、後に京都のカトリック系ミッション・スクールのご出身であることを知りました。

皆さんが、「若さを価値あるものとする」ということは、二人といない自分を大切にすることでもあります。先生方も含めて、ここにいる私たちには、この世界でたった一人の存在として生を受けた者として、その人にしか果たせない使命(ミッション)が与えられています。それはネルソン・マンデラでも、ここにいるあなたでも同じことです。マンデラは、自らの命さえ顧みず、黒人に対する差別撤廃に取り組みました。一見、自分のことを捨てているかのような人生ですが、深いところで自らを支える意志に忠実であった彼は、本当の意味で自分を大切にした生きた方をしたといえるでしょう。これからも、本年度の目標「知性を磨く~若さを価値あるものとせよ~」を心に刻み、与えられた今を真に価値あるものとする努力を続けるあなたたちであってください。


皆さんとご家族の方々の上に神様の祝福を祈ります。良いクリスマスと新年を迎えられることを願いつつ、1月にまたこうして皆で集える日を心待ちにしています。

2013.12.13

クリスマス・キャロル パンフレット ごあいさつより(2013年12月13日)

 主のご降誕のお喜びを申し上げます。

今年のクリスマス・キャロルのテーマは、1971年にJohn Lenonが発表した代表曲"Imagine"を思い出させます。この曲は、様々な国で音楽の教科書等に取り上げられ、世界を大きく揺るがすような紛争や出来事が起こった時には、人々を原点に帰るよう促す強いメッセージを発信し続けています。

Imagine all the people
Living life in peace
You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one
( John Lenon"Imagine"より)

私たちの原点は、キリストご誕生の時に天使が告げた「いと高きところには栄光、神にあれ。地には平和、御心に適う人にあれ」いうメッセージにこめられた祈りにあります。この祈りは、最初のクリスマスから、神によってもたらされる平和な世界の到来を想像する人々によって受け継がれてきました。

「想像する」ことには大きな力があります。次代を担う生徒たちが、そこから生まれる力に信頼し、困難な時代にあっても、失望ではなく希望を、対立ではなく連帯をもって、平和な世界の建設者となっていくこと――、それこそが初代院長マザーエリザベス・ダフが願われた若さを価値あるものとすることにつながるのではないでしょうか。

今日のお祝いの中で皆様と共に捧げられる祈りが、チャリティセールの実りが、「神の栄光」と「地の平和」を現実のものとする方向へと私たちを導いていくよう心から願っております。 

クリスマスキャロル不二聖心女子学院  

2013.12.03

中高別朝礼(2013年12月2日、3日)

 12月2日の日曜日から待降節(アドベント)が始まりました。待降節は、「キリストの誕生を待つ」時です。ただし漠然と待つのではなく、キリストとの親しさを深めつつ自分を整えて待つことの大切さが昔から強調されてきました。
 皆さんが始めたプラクティスもこれにつながるものです。「クラスで決めたプラクティスの内容を守れたか、どうか」に留まるのではなく、待降節の意味を深めながら続けていきましょう。皆で決めたプラクティスをいい加減に行うようでは困りますが、いくら完璧に守っても、心の中で守れない人を批判していたのでは本当のプラクティスにはならない、ともいえるでしょう。プラクティスが本来「何を目的としているか」に心を向けましょう。
 
 今日は、「ゆりの行列」です。もっともキリストと親しくつながっているマリア様に向かう時です。皆さん一人ひとりがゆりの花を捧げて「マリア様、私の心のゆりをお捧げします。いつまでも清く保つことができますように」と祈ります。
 「いつまでも清く保つことができますように」というのは、別の言い方で言うと、「生涯神様につながっていることができますように」、「そして神様の思いにかなった生き方ができますようお守りください」ということです。また、「心」というのは、その人の中心ですから、「自分自身」といってもよいでしょう。ゆりの花を捧げる時、皆さんは自分自身をお捧げするのです。
 
待降節の中に「ゆりの行列が」が置かれているのはとても意味深いことです。クリスマス・キャロルまでの間、日々の生活の中で、プラクティスを通して、神様に自分を捧げてください。そのような準備を経てクリスマス・キャロルが迎えられたら、きっとあなたたちの歌声が神様に届き、テーマである「イマジン」にふさわしい日となるでしょう。
 今なお続く東日本大震災の影響、連日テレビで放映される韓国や中国との関係、なかなか進まないフィリピンの台風からの復興など、世界は様々な問題を抱えています。皆さんの中にも、何らかの壁にぶつかっている人もあるでしょう。簡単なことではありませんが、現実に目を背けることなく、皆さん自身が希望の光となれるよう、思いや決意を新たにするキャロルとなることを願っています。

ゆりの行列