フィールド日記

2012.12.31

ミツマタと駿河半紙の話

2012.12.31 Monday

高校1年生が間伐体験学習を行った森の中で和紙の原料となるミツマタの稚樹を見つけました。
よく見慣れたミツマタの姿とまったく違う姿に驚きます。
フィールド日記 2012.03.25 ミツマタ オニシバリ ヒシベニボタル アクニオイタケ ソトカバナミシャク
諸田玲子の「日月めぐる」という小説の中には、ミツマタと駿河半紙について言及した以下の
ような箇所があります。

駿河半紙は、原村に住む渡辺兵左衛門が三椏(ミツマタ)を紙の原料として発見して以来、
急速に広まったもので、歴史は浅い。だが従来の楮(コウゾ)で作った紙より、丈夫で上質な
紙ができるというので、高級品としてもてはやされていた。
三椏は紙の原料となる太さに枝が生長するまでに三、四年かかる。ただしその後は毎年刈り取る
ことができるという。

不二聖心のミツマタの稚樹は来年も少しずつ生長を続けていくことでしょう。

今年も「不二聖心のフィールド日記」を御覧いただき、ありがとうございました。

 
  
今日のことば

三人の親子 千家元麿

ある年の大晦日の晩だ
場末の小さな暇そうな、餅屋の前で
二人の子供が母親に餅を買ってくれとねだっていた。
母親もそれが買いたかった。
小さな硝子戸から透かして見ると
十三銭という札がついている売れ残りの餅である。
母親は永い間その店の前の往来に立っていた。
二人の子供は母親の右と左のたもとにすがって
ランプに輝く店の硝子窓を覗いていた。
帯の間から出した小さな財布から金を出しては数えていた。
買おうか買うまいかと迷って、
三人とも黙って釘付けられたように立っていた。
苦しい沈黙が一層息を殺して三人を見守った。
どんよりした白い雲も動かず、月もその間から顔を出して、
どうなる事かと眺めていた。
そうしている事が十分あまり
母親は聞えない位の吐息をついて、黙って歩き出した。
子供達もおとなしくそれに従って、寒い町を三人は歩み去った。
もう買えない餅の事は思わないように、
やっと空気は楽々となった。
月も雲も動きはじめた。そうしてすべてが移り動き、過ぎ去った。
人通りの無い町で、それを見ていた人は誰もなかった。場末の町は永遠の沈黙にしづんでいた。
神だけはきっとそれを御覧になったろう。
あの静かに歩み去った三人は
神のおつかわしになった女と子供ではなかったろうか。
気高い美しい心の母と二人のおとなしい天使ではなかったろうか。
それとも大晦日の夜も遅く、人々が寝しづまってから
人目を忍んで、買物に出た貧しい人の母と子だったろうか。



お知らせ
ホームページ内の「不二の自然」を更新しました。画像をクリックすると拡大することができます。
http://www.fujiseishin-jh.ed.jp/modules/myalbum/viewcat.php?cid=1

Calendar

«12月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Feed


 

2018.02.01更新

2018.02.17.更新

2018.02.17.更新

2018.02.14.更新

2018.02.05.更新

 
関連リンク