フィールド日記

2017.08.29

8月の野鳥の調査  ツリガネニンジン

 8月28日に日本野鳥の会東富士副代表の滝道雄先生が不二聖心の野鳥の調査をしてくださいました。調査結果は以下の通りです。

 
 1.ヒヨドリ      11羽
 2.ハシボソガラス    3羽
 3.キジバト       4羽
 4.メジロ        6羽
 5.ハシブトガラス      7羽
 6.ヤマガラ       6羽
 7.イカル        1羽
 8.カワラヒワ      1羽
 9.アオゲラ       1羽
10.シジュウカラ       1羽
11.ツバメ          1羽
12.ガビチョウ        2羽
 
「特記事項」
 1.夏鳥のツバメ、漂鳥のイカル、外来種のガビチョウ以外は留鳥です。
   8月は一年の中で一番野鳥の種類、個体数が少ない時期です。
 2.駐車場から共生の森に行く坂道で、ナンバンギセルの生息を確認した。
   学院内での生息場所は4カ所目となった。
3.夏の終わりを告げるツリガネニンジンの開花を確認した。
   8月から10月が開花期
4.オオシオカラトンボを確認した。
滝先生がお撮りになったツリガネニンジンの写真です。
地域によっては、このような白いツリガネニンジンは非常に珍しいとされています。
今日のことば
霧しげき裾野を行けばかすかなる馬のにほひのなつかしきかな  宮沢賢治

Calendar

«8月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Feed


 

2017.10.04.更新

2017.10.18更新

2017.10.18.更新

2017.10.18更新

2017.10.18.更新

 
関連リンク