フィールド日記

2018.01.15

8頭のシカの群れ

 今朝、オムニコートの横を通過していくシカの群れの写真を撮りました。このシカたちは、お茶畑を抜けて、築山を通り、テニスコートの横を通って、グラウンドへと移動していきました。群れは8頭で構成されていたようです。

群れを作って行動するシカは、不二聖心の貴重な植物にも大きな被害をもたらしています。被害は不二聖心だけにとどまるものではなく富士山麓全体、いや日本全体に及んでいます。愛らしいシカを駆除するのは忍びないですが、生態系全体を守るためには害獣対策がどうしても必要になってきます。

今日のことば
シカが増えすぎたことによる影響は山全体におよび、その影響がシカ自身の生活の場を変え、さらにべつの生物どうしのつながりまで大きな影響をおよぼすのです。このようなことは、サルやクマではありません。クマは猛獣と呼ばれることがあるのに対して、シカは優美でやさしそうな動物と思われています。確かにそうですが、人間へおよぼす影響という点でいえば、シカのほうがはるかに恐ろしい動物なのです。ニュージーランドでは、増えすぎるシカ対策にとりくむことを「ディア・ウォーズ」つまり「シカとの戦争」と呼んでいるほどです。 
『野生動物と共存できるか』(高槻成紀)より