フィールド日記

2020.05.31

5月の野鳥の調査

 日本野鳥の会東富士副代表の滝道雄先生が5月の不二聖心の野鳥について調査をしてくださいました。調査の報告書が届きましたので、掲載いたします。 
2020年5月度の調査で確認された野鳥は下記の通りです。

1.エナガ…7羽
イカル4
キビタキ3
4.コゲラ2
5.カケス1
6.アオバト2
7.ハシボソガラス2
8.ハシブトガラス18
9.ヤマガラ2
10.シジュウカラ7
11.ヒヨドリ28
12.ウグイス8
13.ソヒヨドリ1
14.メジロ7
15.ホトトギス1
16.ホオジロ4
17.キジバト1
18.アオゲラ1
19.カワラヒワ7
20.カルガモ1
21.トビ1
22.ノスリ1
23.スズメ1
24.オオルリ3
25.ツバメ7
26.キセキレイ1
27.ハクセキレイ3
28.コジュケイ1
29.ガビチョウ2
30.ソウシチョウ1

【特記事項】
1.ススキ野原と第二オークヒル奥のヒノキ林を過ぎた二カ所で不二聖心では初めてアオバトを確認した。これで確認された野鳥は63種類となった。愛鷹山や富士山に生息するアオバトが、海水を飲む目的で駿河湾の沼津方面の海岸に行く途中に不二聖心に寄り休憩したものと思われる。アオバトの「ア~オ~ アア~オ~」という声を一度聞けば、次回聞いた時にはアオバトだと思いだす特徴の有る鳴き声である。
2.5月18日にホトトギスの囀りを確認した。
3.猛禽類のノスリを確認した。この時期に見られる事から近くで繁殖しているものと思われる。