フィールド日記

2021.02.02

フルノコゴケ

キャンプ場の近くの木で、フルノコゴケを見つけました。黒い球のようなものが朔(さく、胞子をつくる器官)で、花のように見えるものは、朔が開いたものです。和名は古鋸苔(ふるのこごけ)で、湿って開いた葉のようすが古いノコギリの歯のように見えることに由来します。


I found this moss called "Furunoko-Goke (フルノコゴケ)" on a tree near the campsite. The black balls are capsules, which produce spores, and the flower-looking things are open capsules. The name means "old saw moss" and it comes from the fact that the wet open leaves look like saw teeth.