フィールド日記

2017.11.26

11月の野鳥の調査

 木々の紅葉が進み、富士山にもかなりの積雪が見られるようになりました。

この時期になると野鳥の数が急に増え始めます。
11月19日には日本野鳥の会東支部副代表の滝道雄先生が野鳥の調査をしてくださいました。
調査結果は以下の通りです。
 1.メジロ          11羽
 2.ヒヨドリ       70羽
 3.ハシブトガラス      25羽
 4.アオジ         2羽
 5.ウグイス        6羽
 6.シジュウカラ      6羽
 7.ホオジロ         11羽
 8.ヤマガラ        5羽
 9.キジバト         12羽
10.ジョウビタキ      3羽
11.エナガ          10羽
12.ノスリ           1羽
13.カワウ           1羽
14.カケス           1羽
15.トビ            1羽
16.ハクセキレイ      1羽
17.ハシボソガラス     2羽
18.モズ            1羽
19.カワラヒワ         4羽
20.スズメ           2羽
21.イカル           1羽
22.キセキレイ       1羽
23.ソウシチョウ        1羽
24.ガビチョウ         1羽
  合  計    24種 
特記事項
冬鳥のジョウビタキが3個体確認できた。冬鳥のツグミは裾野市内や三島市内で確認しているが当学院で確認する事は出来なかった。11月中には当学院でも確認できると考えられる。
今日のことば
富士を描くことは、富士にうつる自分の心を描くことだ。  横山大観

2017.11.19

秋の夕暮れ

夕方のお茶畑と坂道の写真を撮りました。
夕陽が静かに光を放っていました。

坂道では銀杏の紅葉と葉を落とした桜の木の美しいコントラストが見られました。


今日のことば

翳りたる高原に風吹きまさり尾花乱れて銀の波打つ      来嶋靖生

2017.11.12

ニッポンマイマイ

 11月8日の間伐体験学習の時にヒノキ林の中で高校1年生がカタツムリを見つけました。専門家に同定を依頼したところ、ニッポンマイマイSatsuma japonicaであることがわかりました。滋賀県はニッポンマイマイ類を要注目種に指定しています。かつて普通に見られた生物がいつのまにか消えてしまうというようなことがないように見守っていく必要があります。

今日のことば 
きびきびと枯れゆくすべて手放して  岡本眸

2017.11.05

トゲナナフシ

 職員室の近くでトゲナナフシの写真を撮りました。木の枝に擬態する茶色いナナフシです。先週は事務室の近くでもトゲナナフシが確認されました。木の葉が落ちて枝が目立ち始めた今頃がトゲナナフシにとっては活動しやすい季節なのかもしれません。
トゲナナフシは千葉県で絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。


今日のことば
物であふれることが自由なのではなく、時間であふれることこそが自由なのです。   ホセ・ムヒカ

Calendar

«11月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Feed


 

2018.07.01.更新

2018.07.19.更新

2018.07.18.更新

2018.07.04.更新

2018.07.20.更新

 
関連リンク