フィールド日記

2018年03月

2018.03.27

ワラビ

 裏の雑木林の林床にたくさんのワラビが萌え出ていました。いつもの年よりかなり早いような印象があります。例年と違う動きを見せているのは、桜だけではないのかもしれません。


今日のことば
石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも    志貴皇子

2018.03.26

ビロードツリアブ

 早春に姿を見せるアブとして知られ、北杜夫の『どくとるマンボウ昆虫記』にも登場するビロードツリアブがキャンプ場で多数確認されました。ビロードツリアブは複数の個体がまとまって飛んでいることも多く、空中でホバリングする姿は一目見てビロードツリアブだとわかるほど特徴的です。


今日のことば
世をはなれ人を忘れて我はただ我の心の奥底にすむ  西田幾多郎

2018.03.22

シイタケ大豊作

「共生の森」のクヌギの原木からこれまで見たことがないほど大量のシイタケが発生しました。命を終えたクヌギから菌の働きによってこれだけのシイタケが育ち、それがまた人間の命の糧となることを思うと生命の不思議を感じずにはいられません。

今日のことば
天地もよりて立つらん芥子の実もそこに凝るらん深きことわり  湯川秀樹

2018.03.19

ソメイヨシノの蕾

 昨日、気象庁が東京でソメイヨシノが開花したと発表しました。これは、平年より9 日早く、昨年より4日早い開花となります。観測を開始した1953年以降、2002年と2013年の3月16日に次ぐ、3番目に早い開花であるということです。

不二聖心の桜の開花はまだ先のようです。「共生の森」の近くの、標高約205メートルのところにあるソメイヨシノはまだ蕾でした。
今日のことば
ちる花はかずかぎりなしことごとく光りをひきて谷にゆくかも 上田三四二

2018.03.14

タチツボスミレ

 気がつけば、雑木林の斜面にたくさんのタチツボスミレが咲いていました。
花弁の色を注意して見ると若干の濃淡の違いがあります。

スミレとよく似た色のフデリンドウが見られるのもそう遠くはないようです。

今日のことば
どんな生き方をしてもいい。魅せられたことを手放してはいけない。好きこと、どうしてもやいたいことの近くにいることを大切にしなさい。

田中優子の父

2018.03.08

3月の野鳥の調査  タゴガエル

 日本野鳥の会東富士副代表の滝道雄先生が3月の不二聖心の野鳥について調査をしてくださいました。

調査結果は以下の通りです。
3月度調査結果
 1.カワラヒワ          2羽
 2.シメ            4羽
 3.ヒヨドリ           5羽
 4.ハシブトガラス      28羽
 5.トビ           2羽
 6.オオタカ         1羽
 7.ノスリ          2羽
 8.キジバト          13羽
 9.ウグイス         2羽
10.ツグミ          5羽
11.アオゲラ             1羽
12.イカル            6羽
13.カケス            3羽
14.ルリビタキ        2羽
15.メジロ          1羽
16.アオジ          7羽
17.ウソ           1羽
18.アカハラ         1羽
19.ヤマガラ         1羽
20.シジュウカラ       2羽
21.コジュケイ        2羽
 
【特記事項】
1.前日までは暖かかったが今朝は冷え込み
   愛鷹山の一部が白くなった。霧氷か。
2.確認された種数は21種と多かったが個体数
   は少なかった。
3.ハシブトガラスがグラウンド横の桜の枝を折り
   巣材として運んでいた。
 
滝先生はタゴガエルの声を確認なさったそうです。そろそろ産卵期に入る頃でしょうか。
以前も3月に大雨で穴からあふれでたタゴガエルの卵を見たことがあります。明日の明け方は大雨が予想されます。もしかしたら同じような光景が見られるかもしれません。
今日のことば
人は考える葦である。だが、人間の偉大な仕事は、彼が計算していない時、考えていない時になされる。「無心」が永年にわたる自己忘却の修練ののちに回復されねばならぬ。
                                  鈴木大拙

2018.03.02

薩摩紅梅とハナアブ

 築山の紅梅もそろそろ花の盛りを過ぎてきました。
今日の様子です。

木の周辺がピンクに染まり始めました。

その近くには訪花したハナアブが地面の上で休息をとっていました。


今日のことば

ながながと川一筋や雪の原        凡兆