フィールド日記

2020.02.16

2月の野鳥の調査

日本野鳥の会東富士副代表の滝道雄先生が2月の不二聖心の野鳥について調査をしてくださいました。調査の報告書が届きましたので、掲載いたします。 
2020年2月度の調査で確認された野鳥は下記の通りです。

1.モズ…2羽
2.トビ…4羽
3.ノスリ…1羽
4.コゲラ…1羽
5.アオゲラ…1羽
6.カケス…1羽
7.ハシボソガラス…2羽
8.ハシブトガラス…8羽
9.ヤマガラ…3羽
10.シジュウカラ…8羽
11.ヒヨドリ…6羽
12.ウグイス…2羽
13.カワラヒワ…2羽
14.メジロ…2羽
15.ツグミ…1羽
16.ルリビタキ…1羽
17.ホオジロ…1羽
18.アオジ…1羽
19.ジョウビタキ…2羽
20.シロハラ…2羽
21.シメ…9羽
22.キセキレイ…1羽
23.イカル…1羽
24.ソウシチョウ…2羽
【特記事項】
1.駐車場や共生の森周辺で冬鳥のシメが9羽で行動を共にしていた。日本に渡って来る時には集団で来るが、その後は単独で行動をするようになる。未だに集団で行動をしているのは今年の冬は異常なくらい暖冬で有り、冬鳥の南下が遅れているように感じる。不二聖心女子学院の構内には桜の木が多く、シメは桜の固い実を割り、中に有る果肉を食べる。