フィールド日記

2013.09.30

ムラサキシキブの実  ジョロウグモの夫婦

 2013.09.30 Monday

不二聖心のフィールドもだいぶ秋らしくなってきました。
高校校舎から職員室に向かう階段近くの植え込みのムラサキシキブはたくさんの実をつけています。ムラサキシキブには「日本の美しい実」という意味を持つ学名が付けられています。命名者はこの紫の実に最高の美を見たのだと思います。
 
 

すすき野原では、夏の間、大きな網をはっていたコガネグモが姿を消し、ジョロウグモが目立ち始めました。画像のジョロウグモは大きい方がメスで小さい方がオスです。秋の終わりにはメスがオスを食べてしまうと言われています。
 


 

今日のことば

高校3年生の短歌より

絶対にこの手で合格掴んでみせる机と闘う高3の夏       
あとわずか残された時間にやることは悔いを残さぬ高校生活   
暑すぎる体温よりも高気温 恒温動物絶滅しそう        
漆黒の空に一輪咲きほこる花を見上げて夏を感じる       
秋の日とともに近づく旅立ちに憂うる間もなし時は時に酷     
以前より色の濃い青白いうろこ見上げればもう秋を感じる

2013.09.28

すすき野原のウスバキトンボ  すすきで作られたバッタ

 2013.09.28

昨日から長袖を着ている人が急に目立つようになりました。朝晩は肌寒いほどで、すすき野原のイロハモミジの葉も色づき始めました。


 

すすき野原のアザミの葉にウスバキトンボがとまったままじっとしていました。南の地方から世代交代を繰り返して北を目指すウスバキトンボは寒さに弱いトンボとして知られています。ここのところの急激な気温の低下が体にこたえているのかもしれません。
 
 

中学校校舎の玄関に素敵なバッタが飾られました。すすきの葉で作られた手づくりのバッタです。
 

今日のことば
共感がすべてではない。しかしすべては共感から始まる。

2013.09.26

ヤブミョウガとミョウガ

 2013.09.26

 秋田県、山形県、宮城県、石川県で絶滅危惧Ⅰ類に、新潟県で絶滅危惧Ⅱ類に指定されているヤブミョウガが校舎の裏に咲いています。系統上はミョウガに近い種ではなく、葉がミョウガの葉に似ているためにヤブミョウガと名付けられました。

 
「共生の森」の近くにはミョウガがたくさん茂っている場所があります。確かによく似た葉であることがわかります。


 
 

 

今日のことば

 Take a risk, you can do more than you think.

2013.09.25

イタドリの花が満開です

 2013.09.25 Wednesday

裏道のイタドリの花が満開です。イタドリは、世界の侵略的外来種ワースト100 に選ばれるなど、生命力のあまりの強さから敬遠されることも多い植物ですが、その花はなかなか美しい姿をしています。美しいだけでなく、多くの生物の栄養源となり、イタドリの周辺は9月の時期が最もにぎわう時期となっています。

 

 

 

今日のことば

やはり、何かにひざまずく心がないといけませんね。日本人は太古の昔から、人間なんて自然のほんの一部だと、非常に謙虚だった。人間と自然が一体になった日本の自然観は、今後ますます大事になっていくでしょう。だから日本が、この素晴らしい文化を世界に広めていくことこそが、大きな国際貢献になる。どしどし世界に発信していくべきだと思う。

藤原正彦  

2013.09.23

シロバナマンジュシャゲ

 

2013.09.23  Sunday

今日はお彼岸の中日です。今年もまたヒガンバナの季節がやってきました。不二聖心ではなぜか、シロバナマンジュシャゲ(白いヒガンバナ)の方が赤いヒガン バナより目につきます。写真は校舎の裏で撮影したものですが、付近に赤いヒガンバナは見当たりません。ヒガンバナはいわゆる「人里植物」で、その分布には 必ず人間の活動が関係しています。不二聖心のヒガンバナの比率には、不二聖心に関わってきた人々が何らかのかたちで関わっているものと思われます。

今日のことば

 

2013.09.21

「共生の森」のテーブル(間伐材使用)  ツチイナゴの成虫と幼虫

 2013.09.21 Saturday

「共生の森」に間伐材を用いたテーブルが設置され、木陰で食事をしたり読書をしたりすることもできるようになりました。近日中に駿東地区にオープンする某有名コーヒー店に置かれるテーブルと同じデザインのテーブルです。

 

「共生の森」でツチイナゴを2匹見つけました。一方は体色がすっかり茶色になった成虫で、もう一方はまだ緑色の終齢幼虫です。生き物の成長の速度は、同じ種であっても、それぞれだということを「共生の森」の生き物たちは教えてくれます。
 

 

今日のことば

原水爆による犠牲者は、私で最後にして欲しい。

久保山愛吉(第五福竜丸無線長)   

2013.09.19

ミルンヤンマ

 2013.09.19 Thursday

黄昏時の校舎にミルンヤンマが迷い込んできました。職員室など建物内で仕事をしていることが多い夕方の時間帯がミルンヤンマの活動時間と重なるため、今まで不二聖心ではなかなか出会うことができませんでした。「不二聖心のフィールド日記」で紹介するのは初めてだと思います。ミルンヤンマのミルンは東京帝国大学で教鞭をとった英国人地質学者ジョン・ミルンに由来しています。

 

今日のことば

ぼくがここに   まどみちお
ぼくが ここに いるとき
ほかの どんなものも
ぼくに かさなって
ここに いることは できない

もしも ゾウが ここに いるならば
そのゾウだけ
マメが いるならば
その一つぶの マメだけ
しか ここに いることは できない

ああ このちきゅうの うえでは
こんなに だいじに
まもられているのだ
どんなものが どんなところに
いるときにも

その「いること」こそが
なににも まして
すばらしいこと として

2013.09.18

高校1年生が間伐材を用いたテーブルづくりに挑戦

 2013.09.18 Wednesday

今日は総合学習の時間に、不二聖心の間伐材を利用したテーブルづくりに高校1年生が取り組みました。指導してくださったのは、NPO法人「土に還る木・森づくりの会」の皆さんです。

最初は全くテーブルの形をなしていませんでした。

 

インパクトドリルなどを使って生徒自身が組み立てをしていきました。


塗装も体験しました。

 

最後は皆で力を合わせて完成したテーブルを運びました。
 
木肌が輝く、塗料ぬりたての美しいテーブルです。昼礼広場のテーブルの一部は「共生の森」に運ばれました。不二聖心を訪れる方々がテーブルに腰かけて寛ぎのひとときを過ごしてくださったら、うれしく思います。
 

生徒たちに貴重な体験をさせてくださった、NPO法人「土に還る木・森づくりの会」の方々に心から感謝申し上げます。

今日のことば

わたしが生きていることはむだにはならないでしょう
もしだれかの心がひとつでも裂けるのをふせいであげられたら
ひとつでも生命の痛みを軽くしてあげられるなら
あるいは苦痛をしずめられるのなら

あるいは一羽の弱ったこまどりを助けて
もういちど巣にもどしてあげられるなら
わたしが生きているのはむだにはならないでしょう

                                                            エミリー・ディキンソン

2013.09.17

シーボルト里帰り植物  ケンポナシ

 2013.09.17 Tuesday

高校2年生の長崎祈りの会旅行で出島を訪れました。出島には「シーボルト里帰り植物」のコーナーがありました。シーボルト里帰り植物とは、シーボルトがジャカルタを経由してオランダに持ち帰った植物を再び日本に持ち帰り出島に植えた植物です。
 
 

シーボルト里帰り植物の一つ、ゴヨウアケビは豊かに実をつけていました。不二聖心に多く生えているミツバアケビと比べると葉も実も少し小型です。


 
今朝、不二聖心の裏門の近くでケンポナシの実を見つけました。台風の影響で落ちた実かもしれません。ケンポナシはシーボルトの『日本植物誌』に登場する植物です。

 
不二聖心とケンポナシとの関わりの歴史を知りたい方は下記のURLをクリックしてください。

フィールド日記 2012.01.16 ケンポナシ

今日のことば

物語は終り、今は黄昏、私は川原に腰をおろし、膝をかかえ、黙々と流れる水を永遠の生命のように凝視している。

『男の一生』(遠藤周作)より  

2013.09.15

ナンキンハゼ  長崎の夜景

 2013.09.15 Sunday

3泊4日の長崎祈りの会旅行に行ってきました。
長崎で最もよく目についた木はナンキンハゼでした。原爆の被害を受けた長崎に再び緑を取り戻すために強い生命力を持ったナンキンハゼが数多く植えられたのだというバスガイドさんの説明がありました。

 


 
 

3日目は国宝の大浦天主堂を見学したあとで班別の研修となりました。


 
充実した活動を終えて最後の夜を迎えましたが、この日も実に美しい長崎の夜景(世界三大夜景)を見ることができました。


 

今日のことば

おさな児の寝息安けし宿題の8の字半ば書きかけしまま

永井隆

2013.09.14

長崎祈りの会旅行  出島とキマダラカメムシ

2013.09.14 Saturday

 3泊4日の長崎祈りの会旅行に行ってきました。

爆心地に近い土地に建つ浦上天主堂での祈りからプログラムはスタートしました。信徒の方のたいへん貴重なお話をうかがう機会に恵まれましたが、講話の冒頭で、前もってお送りした事前学習の資料に対して、「このような準備をしてきた生徒ははじめてです。私は力が湧いてきます。」という評価をいただきました。事前からの生徒の真剣な取り組みの姿勢は長崎に来て次々に実を結び、生徒一人一人に大きな変化をもたらす、かけがえのない祈りの会旅行となりました。
原爆の被害について深く理解し、隠れキリシタンの信仰に思いをはせ、長崎の風土と歴史にふれた祈りの会旅行は、出島の見学と中町教会のミサで閉じられました。


 

出島には、「ケンペル・ツュンベリー記念碑」がありました。これは、商館医のシーボルトが同じく商館医として来日したケンペルとツュンベリーの偉業を顕彰して建てた記念碑です。

ツュンベリーは博物学の功績も大きく、キマダラカメムシの命名者としても知られています。キマダラカメムシは1770年代に出島で初めて発見されたカメムシで、貿易の品に付いて東南アジアなどの南方から日本にもたらされた可能性の高いカメムシですが、今では温暖化によって生息域を徐々に北に広げており、温暖化指標の昆虫としても知られるようになりました。そのキマダラカメムシの成虫と幼虫に「シーボルト里帰り植物」のコーナー(シーボルトがジャカルタを経由してオランダに送った植物の中から日韓交流400周年を記念して日本に里帰りさせた植物を見ることができるミニ植物園)で出会いました。元祖キマダラカメムシとの出会いに深い感動を覚えました。

今日のことば

おさな子は母の口ぐせそのままをこけし抱きしめ言いきかせおり

永井隆

2013.09.09

ベニバナボロギク  ナツアカネ

 2013.09.09 Monday

 9月6日にNPO法人「土に還る木・森づくりの会」の方々に「共生の森」の草刈をしていただきました。アレチノギクやヨウシュヤマゴボウが茂っていた風景が一変しました。心から感謝申し上げます。


 

  今年の「共生の森」付近はベニバナボロギクが目立つように感じます。植物の遷移の仕組みがどのように関係しているのか、興味深いです。

 

 ナツアカネの顔がすっかり赤くなっていました。赤とんぼの赤が濃さを増すとともに日本の秋は深まっていきます。

 明日から高校2年生の祈りの会旅行で長崎に行ってきます。生徒とともにたくさんのことを学んできたいと思っています。

今日のことば

 長崎には沢山の離島があります。そこには、小さな生活で満足している人がいます。そこでは宗教的に正しい生活をしている人が多いようです。例えば、「愛」はそのようなところに多いと言えるでしょう。
教会のことで離島に行ったことがあります。そこの神父に、地元の人と話したい、どこの家の人と話せばいいか、と尋ねました。その時そこの神父は、それでは家に行かないで畑で話しなさい、とおっしゃるのです。なぜかと言えば、あなたがその人の家に行けば、そこの人はあなたに出すコカ・コーラのことを心配しなければならない、と言うのです。
このようなつつましい生活をしている人たちに、正しい生活をしている人は多いです。

結城了悟  

2013.09.05

フウセンタケ科チャツムタケ属のキノコ

2013.09.05  Thursday

 プールの近くに謎のキノコが出現しました。切り株の上に発生した白い傘のキノコでしたが、何人もの生徒から質問されたので、専門家の方に同定を依頼してみました。残念ながら種の同定には至りませんでしたが、フウセンタケ科チャツムタケ属のキノコらしいということはわかりました。フウセンタケと言えば、国立科学博物館に収められている南方熊楠の素晴らしい、フウセンタケ属のキノコのスケッチを思い出します。

http://www.japandesign.ne.jp/HTM/REPORT/art_review/20/big/07.html


 

今日のことば

すばらしいことが
あるもんだ
ノミが
ノミだったとは
ゾウでなかったとは

まどみちお

2013.09.03

クチナシとオオスカシバの幼虫

2013.09.03 Tuesday

 クチナシの葉にオオスカシバの幼虫がついていました。若齢幼虫と終齢幼虫がついている葉もあって、たいへんな勢いでクチナシの葉を食べています。オオスカシバの成虫はよくマリアガーデンでアベリアの蜜を吸っています。 
 

今日のことば

時間の使い方は、そのまま、いのちの使い方なのですよ。置かれたところで咲いてください。

渡辺和子  

2013.09.01

オオゲジ

 

2013.09.01 Sunday

久しぶりにオオゲジの姿を見かけました。日曜日の日本経済新聞に連載されている「都会のオアシス皇居」で、2012年11月25日にオオゲジが取り上げられました。その中に、皇居はオオゲジの貴重な生息場所であるという記述がありました。この少々不気味な姿の生き物も不二聖心の環境の良さを示していると考えることができます。

今日のことば

オオゲジ(「都会のオアシス皇居」より)

15対、30本の脚で素早く動くオオゲジ。国立科学博物館の調査で夜、皇居吹上御苑の大木を懐中電灯で照らすと幹に10匹前後が群がっていることがあるという。ゲジゲジとも呼ぶ通常のゲジに比べ、大きさは2倍ほど。体長5センチメートル程度が多いが。長い脚を伸ばすと約15センチメートルに及ぶこともある。
湿り気があり暗くて隠れやすい森や海辺の洞窟などを好み、小さな昆虫を捕食する。環境の変化にあまり強くないデリケートな面もあり、コンクリートに覆われた都市では見かけなくなった。皇居は都心に残された貴重な生息場所だ。
見た目は不気味だがおとなしい。1996~2000年度の第1期調査の報告を受けた天皇陛下と紀宮さまは、オオゲジのことをよくご存じだった。「嫌われがちな動物にも目を向けられていることに感銘を受けた」と調査に参加した石井清・獨協医科大教授は振り返る。

安藤淳  

Calendar

«9月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

Feed


 

2017.12.14.更新

2017.12.11.更新

2017.12.13.更新

2017.11.29.更新

2017.12.09.更新

 
関連リンク