フィールド日記

2013.08.29

クズの花とウラギンシジミの幼虫

 2013.08.29 Thursday

猛暑の影響もあるのか、今年はクズの花の開花状況が例年以上に良いように感じます。不二聖心の校内でも東名高速沿いのクズの群落ではたくさんの花が咲いています。

 

クズの花を食べるウラギンシジミの幼虫もよく見かけます。擬態しているためになかなか見つけることのできない幼虫を次々に発見することができました。

今日のことば

多くの場合、「自分探し」は時間の無駄である。虚構の自分を探し歩くより、日々自分がなすべきこと、目の前にあることを一つ一つ丁寧にこなしていくなかに真の悟りがある。

斎藤兆史  

2013.08.26

キアゲハ  ゴミグモ

 2013.08.26  Monday

牧草地で吸蜜するキアゲハを見つけました。キアゲハの幼虫の食草であるセリ科の植物が豊富な不二聖心では、このような風景を時々目にすることができます。

東日本大震災の被災者をサポートする「きらきら星ネット」という団体が支援する福島の小学生に不二聖心の自然を案内しました。下の写真はその時に一緒に見たゴミグモの写真です。ゴミの中央に自分の身を隠すクモの擬態の見事さに小学生は感動の声をあげていました。

今日のことば

木を植えることは、私たちのこころの中にも木を植えることである。そして人類と地球上のすべての生き物の未来を保障することである。

宮脇昭  

2013.08.24

赤紫のゲンノショウコ  ササキリの成虫

 2013.08.24  Saturday

牧草地の脇の道に赤紫のゲンノショウコが咲いていました。ゲンノショウコは赤紫の花が西日本に多く、白い花が東日本に多いと言われますが、不二聖心では、両方の花を見ることができます。

 


 ササキリが成虫になりました。東北南部以南に生息する昆虫です。


 

動植物の地域ごとの生息状況の違いを知ると日本列島の広がりが見えてきます。

今日のことば

名も知らぬ 遠き島より
流れ寄る 椰子の実一つ

故郷(ふるさと)の岸を 離れて
汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)

「椰子の実」(島崎藤村)より

2013.08.23

ナンバンギセル  ツチイナゴ

 2013.08.23 Friday

すすき野原で次々にナンバンギセルが開花しています。ナンバンギセルはススキに寄生する植物として知られていますが、寄主はススキだけとは限りません。画像を見るとササの根の近くからナンバンギセルが生えていることがわかります。


 
ツチイナゴの幼虫も少しずつ大きくなってきました。ツチイナゴは「クリスマスのバッタ」とも言われます。クリスマスの頃でもまだ見られ、成虫で越冬するからです。その頃には周りの景色に合わせて茶色の体色に変わっています。ツチイナゴという名前の「ツチ(土)」は成虫の体色の茶色に由来します。

今日のことば

知らないことは罪である。知った時から責任が生じる。

山本美香

2013.08.21

ツリガネニンジン

 2013.08.20 Tuesday

牧草地の脇の斜面にツリガネニンジンが咲いています。エッセイストの手塚宗求さんは、山小屋の周囲に防風林を作るとき、そこがツリガネニンジンの咲く場所であることを考えて木を植えるのをためらったと随筆にお書きになっています。いつの世にも人の心を不思議と引きつけるツリガネニンジンの花です。


 

今日のことば

 人は、生涯の中でやりおおせることは、そう幾つもはない。私もそうだ。その数少ない、やってきてよかったと心が安らぐような、確かな仕事のうちに、小さな林を造ったことが入るだろう。

手塚宗求  

2013.08.18

オオフタオビドロバチの土集め  ツノトンボの孵化  アキカラマツの開花

 2013.08.18  Sunday

  聖心橋に向かう途中の坂で毎年8月に、オオフタオビドロバチが巣作りのための土を集めに来る様子が見られます。今年もたくさんの土が集められ、斜面には既にくぼみができていました。

 

 

  牧草地では、ツノトンボの幼虫が孵化していました。日本各地で希少種に指定されているツノトンボの孵化も毎年不二聖心で観察できます。

 裏の駐車道から続く道ではアキカラマツが咲き始めました。これもまた不二の自然の8月後半のおなじみの風景です。花の中にツユムシの幼虫とコハナバチが写っているのがわかるでしょうか。


 酷暑の中でも自然界は正確に時を刻み続けています。

今日のことば

本の光をあびよ

そこに本がある
それだけでいい
それだけでホッとする

本の光をあびる
本の匂いをかぐ
本の鼓動をきく

読んでもいい
読まなくてもいい
今日一日を
書物浴の日にしてみないか

窪島誠一郎

2013.08.16

スケバハゴロモ

 

2013.08.16 Friday

裏の駐車場でカメムシ目ハゴロモ科スケバハゴロモの写真を撮りました。カメムシ目ハゴロモ科に属する昆虫が日本には何種か生息していて、スケバハゴロモのその中の1種になります。不二聖心ではベッコウハゴロモやアミガサハゴロモなども確認されていますが、個体数が最も少ないのはスケバハゴロモのように思います。島根県は絶滅の恐れのある動植物の中にスケバハゴロモを含め、個体数減少の要因として、森林破壊や殺虫剤散布を挙げています。三保の松原の羽衣伝説が改めて注目を集めている今、羽衣ゆかりの昆虫たちに目を向けて見るのもいいかもしれません。

今日のことば

空にさえずる鳥の声
峯より落つる滝の音
大波小波とうとうと
響き絶やせぬ海の音
聞けや人々面白き
この天然の音楽を
調べ自在に弾きたもう
神の御手の尊しや

「美しき天然」(武島羽衣)より

2013.08.15

マツムシはいつ鳴き始めるのか

 

 2013.08.15 Thursday
 8月2日に牧草地で採集し、観察のために飼育していたマツムシのオスの幼虫が無事成虫となり、2日前から鳴き始めました。観察の主たる目的はマツムシの鳴く時間を左右する要因の確認でした。昨晩の鳴き始めは22時44分でした。2日間とも22時を過ぎてから鳴いています。不二聖心で22時以前にマツムシが鳴くことは既に確認ずみですから、マツムシは一定の時間に鳴き始めるのではなく、ある気温以下になった時に鳴き始める可能性が高いことがわかりました。
下記の記事の3枚目の画像が同じ個体の8月2日の姿です。
フィールド日記 2013.08.03 ヒメギス  マツムシ  シロオビタリノフンダマシ

今日のことば

犀星の虫好きを、夏だけ出入りの骨董屋、畳屋、経師屋などが知り、碓氷峠を松井田のきりぎりすなどを運んでくれて、八月になと何時の間にか、軽井沢周辺の虫が犀星の元に集まって来る。
竹で編んだ三十個あまりの大小の虫籠を、経机の上に積み重ね、昼は日光浴をさせるのだといい、いくつかの錦木や紅葉などの小枝に吊るしておく。山の天気は変りやすく、隣の家に日光があたっていても、家の庭に太い夕立の雨足がおそって来ることがある。裏山に沢山の洗濯物がはためいていても、虫達を先に家に入れないと、犀星の機嫌は悪いのであった。
朝食がすむと縁側に花茣蓙を敷いて、虫達の餌のとり替えをする。胡瓜、茄子、南瓜、梨や桃の一切れ、煮干し一匹、などを小さいお盆に並べ、ピンセットでひとつずついれかえるのである。時にはつゆくさの短いひと茎もいれる。
「煮干しのようなかたいものが、あの小さい胃袋でよくこなれるものだね」
と犀星は、共喰いを防ぐために動物性のものを与えるのを知らなかったのだろうか、不思議がっていた。
「今夜のお伽はこのきりぎりすだ」
と、沢山の虫籠のなかから、毎夜枕元に置く一匹を選び出す。
三十匹以上いる虫の声が、それぞれ聞き分けられるという犀星の観察力を、私はこわいと思った。あとの虫達は経机にひとまとめにして、茶の間におかれて夜をすごす。
虫の命は夏だけのはかないものである。犀星が九月末に帰京するまでに、ほとんど夏の百日の鳴く使命を果し、毎朝何匹かは死んでゆく。時には稀に命永らえる虫もあり、九月末家を片づける時まで生き残ったものを、犀星は白いハンカチーフに虫籠ごと包んで、自分で持って帰って来る。
東京まで来た虫は、夜毎鳴き方はまばらになり、声の艶や張りもなくなって来る。夜は寒いだろうと、犀星は自分の寝室に運び、暖をとるために小裂をかけてやっていた。私の記憶では、クリスマス頃まで生きていたものもあった。夏百日どころか、命ぎりぎりまで鳴き声を楽しませてくれた虫が死ぬと、犀星は何日もかかって、縁側の陽だまりで日光浴をさせる。虫の体は少しずつ水分を失い、やがてカラカラした軽い物体となる。それを朱の小箱に綿を敷きつめたなかに並べて、そっと飾り棚にしまっておく。生命が失われても、自分を楽しませてくれた虫一匹をも、粗末に扱わない。犀星の感情は最後までを看とり大切にしないと、納得出来ないのである。小さい生き物にまで、しかもそれが死んだあとも、細かい愛情を充分に持っていた人であった

『父 犀星の俳景』(室生朝子)より  

2013.08.12

希少種アイナエの自生地を確認

 

2013.08.12 Monday

「夏休み子供自然体験教室」で講師を務めた平本政隆教諭によって、牧草地におけるアイナエの自生が確認されました。秋田県、東京都、大阪府ではアイナエは絶滅したとされています。場所によっては足の踏み場もないほど牧草地はアイナエであふれています。 

今日のことば

 

2013.08.09

オナガグモの擬態と卵のう  エントモファガ・グリリの策略

 2013.08.09 Friday

 昨日は「第2回夏休み子供自然体験教室」が行われました。

自然観察、生き物探しコンテスト、シルバーコンパス体験講座、標本づくり、ウッドバーニングなどの活動を行いましたが、自然観察の時に2つ驚いたことがありました。
1つ目は、クヌギの樹液について説明する場所のちょうど目の前に、松の葉に擬態すると言われるオナガグモが網を張ってくれたことです。しかも卵のうを大切に守っている様子まで観察することができました。

  第1回の体験教室の時に、「共生の森」でエントモファガ・グリリ(昆虫病原性糸状菌の一種)についての話をしました。エントモファガ・グリリはバッタ類に寄生してバッタを丈の高い草に登らせて、その上で息絶えさせるという不思議な菌です。バッタが高い位置で死ぬということは、自分も高い位置まで登ることができるということで、風に吹かれた時により遠くまで広がっていくことができます。第1回の体験教室の時に紹介した、エントモファガ・グリリに寄生されたショウリョウバッタが、既にいなくなっていたので、第2回は別の話題を用意して臨んだのですが、説明の直前に菌に寄生されたショウリョウバッタがオオアレチノギクのてっぺんに登ってくれました。これが驚いたことの2つ目です。今日確認したところ、昨日は確かに生きていたショウリョウバッタが息絶えていて既に頭はカマキリか何かに食べられたあとでした。 

今日のことば

「夏休み子供自然体験教室」の生徒スタッフの感想より

  私は昨年に引き続き2回目の参加となります。そして高3最後の年となりました。一人でも多くの方に不二聖心の自然を感じていただくとともに、私の大好きな不二聖心の魅力をお伝えすることが私の幸せであり、不二聖心への恩返しになればと思い参加を希望しました。
昨年、私が担当した6年生が、今年は生徒スタッフとしてお手伝いに加わってくれたことが、何より嬉しいです。
学校説明会では校内案内だけですが、この自然教室は保護者の方も一緒に普段は入れない不二聖心の森にご案内します。より不二聖心の素晴らしさをお伝えできることに幸せを感じました。
できれば来年は卒業生枠を作っていただき、引き続きお手伝いに参加させていただけたら嬉しいです。
この2日間生徒スタッフとしてお手伝いに参加する機会を与えてくださり、ありがとうございました。

2013.08.07

カヤキリと口とカールのおじさん

 2013.08.07  Wednesday

 明日は第2回夏休み子供自然体験教室です。
体験教室の「生き物展示」のためにカヤキリを飼育しました。カヤキリは日本最大のキリギリス科の昆虫です。鳴き声もおそらく日本最大です。


 
  飼育していて面白い発見をしました。エサとしてキュウリを与えていたのですが、カヤキリは中心から掘り下げていくような食べ方をするのです。食欲もキリギリス科の中では一番かもしれません。


 
  特徴ある食べ方はカールのおじさんのような独特の口の形と関係があるようです。


 

カヤキリのレッドデータリストは以下のようになります。
絶滅危惧Ⅰ類 東京都 
絶滅危惧Ⅱ類 群馬県
準絶滅危惧種 茨城県 栃木県 埼玉県 新潟県
奈良県 大阪府 広島県 高知県

今日のことば

ほんものは私たちを解放します。真の信仰とは、相手をのびやかに活かす動きを生み出します。相手のすこやかなよろこびを求めて奔走するイエスのまごころに触れた人々は「自分たちがありのままで神から大切にされ、期待されていること」に気づきました。

阿部仲麻呂  

2013.08.06

ナナフシモドキとトゲナナフシの見事な擬態

 2013.08.06  Tuesday

 久しぶりにナナフシモドキ(いわゆるナナフシのこと)に出会いました。いつ見てもその見事な擬態に驚きます。一枚目の画像の中にナナフシモドキが写っているのがわかるでしょうか。


 面白い偶然があるものです。ナナフシモドキに出会ったあとで今度はトゲナナフシに出会いました。群馬県では絶滅したとされている希少種です。こちらも脚を伸ばして精一杯、枝に化けようとしています。

 ナナフシモドキもトゲナナフシも擬態だけが生き延びる手段の弱い生き物です。しかし、なぜかその弱さに心ひかれるものを感じます。

今日のことば

自然はいつも、強さの裏側に脆さを秘めている。そして私が魅かれるのは、生命の持つその脆さのほうだ。

星野道夫  

2013.08.05

ヘリグロツユムシとツユムシ

 2013.08.05 Monday

 8月3日に夏休み子供自然体験教室が行われました。
学院ダイアリー 2013.08.03 【最近の様子】第1回夏休み子供自然体験教室が行われました
体験教室の朝、準備のために森に入っていくと頭の上からヘリグロツユムシが落ちてきました。ヘリグロツユムシは普段は木の上で生活していますが、人の気配を感じると驚いて落下してくることがあります。

 

  こちらの写真はツユムシです。ツユムシは草原を生活の場としていますので、森の中で落下してくることはありません。逆にヘリグロツユムシがアザミの花に乗っている風景もまずありえません。近縁種でも全く異なる生活環境を好むことがあることを示す良い例です。

 二種の違いは生息環境だけではありません。分布の状況も大きく異なります。ツユムシが広く日本以外にも分布するのに対し、ヘリグロツユムシは日本固有種です。グローバル化の時代に日本固有種が持つ意味を改めて考えたいものです。

今日のことば

あらゆる生命は同じ場所にとどまってはいない。
人も、カリブーも、星さえも、
無窮の彼方へ旅を続けている。

星野道夫

2013.08.03

ヒメギス  マツムシ  シロオビタリノフンダマシ

 2013.08.02

 いよいよ明日は「夏休み子供自然体験教室」です。
夕方、牧草地に動植物の生息状況の最終チェックに行きました。わずかな時間でいくつもの発見がありました。まずヒメギスの長翅型を不二聖心で初めて見つけました。
 

マツムシの成虫と幼虫の両方を写真に撮ることもできました。成長の速度は個体によってずいぶん違うようです。


 シロオビトリノフンダマシとも久しぶりに再会しました。昼は鳥の糞に擬態し、夜間に活動するクモです。少し脚を開きかけているのがわかります。そろそろ活動開始でしょうか。

今日のことば

夕ぐれの時はよい時。
かぎりなくやさしいひと時。
夕ぐれ時、
自然は人に安息をすすめるやうだ。
風は落ち、
ものの響は絶え、
人は花の呼吸をきき得るやうな気がする、
今まで風にゆられてゐた草の葉も
たちまち静まりかへり、
小鳥は翼の間に頭をうづめる・・・・・・
夕ぐれの時はよい時。
かぎりなくやさしいひと時。

堀口大学

2013.08.01

矢島稔先生に学ぶ不二聖心の自然の豊かさ  カヤキリとショウリョウバッタモドキ

  2013.07.31 Thursday

 昨日のNHKラジオの「夏休み子ども科学電話相談」で久しぶりに矢島稔先生のお声を拝聴することができました。
   1983年に書かれた矢島稔先生の『昆虫ノート』を愛読してきましたが、その中に次のような一節があります。

とにかく四十年近く東京のまわりを虫を探して歩き回っているから、いつどこで何に会えるかという「昆虫ごよみ」が私の中にはできている。ところが近頃さっぱり会えなくなった種類がいくつかある。
直翅目(バッタ目)ではキリギリス科のカヤキリとクツワムシ。バッタ科のショウリョウバッタモドキである。特に後者はもう十年も会っていない。

この矢島先生の文章を読むと、不二聖心の自然環境がいかに素晴らしいかがわかります。カヤキリもショウリョウバッタモドキも不二聖心にはたくさん生息しているからです。7月27日にはカヤキリの声を今年初めて耳にし、一瞬ですが声の録音にも成功しました。一度聞いたら忘れられない野趣あふれる声です。

今日は「夏休み子供自然体験教室」の「生き物探しコンテスト」のために牧草地の生物の生息状況をチェックしたのですが、驚いたのはショウリョウバッタモドキの数が昨年に比べて明らかに増加していることです。今年はコンテストで探す昆虫にショウリョウバッタモドキを含めることにしました。
  画像の芒の葉先の紫色とショウリョウバッタモドキの紫色のラインが同一の色であることに驚きます。若齢幼虫には薄紫のラインはありませんが、徐々に色がつきやがて背面がピンク色に染まります。

今日のことば

昨日の新聞から218 平成23年1月10日(月)
『ハチのふしぎとアリのなぞ』(矢島稔 偕成社)を読む
―― 駿東史上初の貴重な発見について学ぶために ――

12月25日に富士山トンボ池の会会長の加須屋真先生からうれしいメールが届きました。アリの研究家でもある先生に不二聖心で採集した四種のアリについて同定の依頼をしていたのですが、その返事が届いたのです。
4種の中に特別注目していた1種がありました。それは、昨年の8月5日に採集したアリです。採集した時のことは今もありありと思い出すことができます。
8月5日の午後、僕は理科の平本先生と裏のキャンプ場で、夜に行われる予定になっていたSOFISのキャンプファイヤーの準備をしていました。もうすぐ準備が終わるという時、突然風が吹き新聞紙が宙に舞いました。あわてて追いかけ、地面に這いつくばり、その上に乗るようにして新聞紙を押さえました。ほっとして前を見ると何やらクリーム色の粒の列が何十も塊になって動いているのが目に入ったのです。最初は何かと思いましたが、よく見ると黄色い粒それ自体が移動しているのではなく、それらはすべてアリに咥えられていたのでした。僕はすぐにこのアリはサムライアリではないかと考えました。平本先生にこれは貴重な発見であるかもしれないことを告げ、アリの行列の終着点を探してほしいと頼みました。さすが自然観察のベテランである平本先生は、丁寧にアリの行列をたどり、見事にサムライアリの巣の位置を確認してくれました。
その行動の様子と特徴のある大顎からおそらくサムライアリであろうと思いましたが、専門家ではないので一抹の不安がありました。そこで加須屋先生に同定の依頼をしたのですが、先生からサムライアリであるとの返事が届き、安堵するとともに僕の胸は喜びにあふれました。このサムライアリについは、平成21年の2月22日に静岡新聞の「しずおか自然史」(この連載で紹介された文章は昨年の11月に一冊の本にまとめられて『しずおか自然史』(静岡新聞社)という書名で出版されました。この本は静岡の自然の豊かさを伝えるすばらしい本です。その中の「ノコギリハリアリ」の執筆を担当しているのが加須屋真先生です。)でも取り上げられていました。その時の文章を次に引用してみましょう。サムライアリの驚くべき生態がよく理解できます。

イソップ物語のアリさんは働き者の代名詞となっているが、すべてのアリがこのように黙々と働く勤勉なアリばかりではない。サムライアリはクロヤマアリなどの巣を襲って繭や幼虫を奪い、羽化した働きアリを奴隷として使うことが知られている。

黒褐色をしたサムライアリの体長は四~七ミリ(女王アリは十ミリほど)で、長い鎌状の大顎は強力な武器に特殊化している。女王の世話や育児、巣作りや餌集めもせず、もっぱら地中の巣にいて、戦闘以外のいっさいの仕事はクロヤマアリにさせ、地表にはめったに出てこない。大きさも体色もクロヤマアリによく似ているので、私たちはサムライアリの存在にほとんど気付いていない。夏に結婚飛行を終えたサムライアリの女王はクロヤマアリの巣を捜して潜り込み、そこの女王をかみ殺して働きアリごと巣を乗っ取り、その巣の中で新生活を開始する。この時、クロヤマアリは侵入者を攻撃するが、撃退に失敗して自分たちの女王が殺されると新しい女王の世話をし始める。そして種の異なる新女王が産んだ卵の世話をする。

サムライアリがクロヤマアリの巣を襲う場面はめったにないが、二〇〇五年七月二十二日の午後、磐田市の桶ケ谷沼北側の平地で、女王アリを伴う約四百匹のサムライアリの集団が観察された。

サムライアリの女王アリがクロヤマアリの巣を襲う時に同行することは知られていない。サムライアリの隊列は幅五〇センチ、長さ二メートルに渡ってクロヤマアリの巣の中に入っていった。二分後、手ぶらのサムライアリ四十匹に続いて女王アリが出て来た。

次にクロヤマアリの繭四十一個をくわえた兵隊に続いて、幼虫五匹をくわえた兵隊が出てきた。この間、わずか二十分の出来事であった。そして、帰りは来たときよりも速足で巣に戻っていった。地下で繰り広げられたであろう壮絶な戦闘の様子はどのようなものであったのだろうか。

つまり、僕と平本先生は、奴隷狩りを終えて巣に戻ろうとするサムライアリの群れに出くわしたということなのです。その時の様子を撮影した十数秒の動画が今も残っているのですが、今見返してみると、確かに速足で帰っているのがよくわかります。加須屋先生のメールには、「サムライアリは県内の分布が明らかでなく、現状では富士市、磐田市、浜松市で確実な記録があるだけです。」とありました。不二聖心でのサムライアリの発見は駿東では初の記録ということになります。

このアリについてさらに詳しく知りたいという人には、矢島稔の『ハチのふしぎとアリのなぞ』(偕成社)を読むことをお勧めします。(この本には、サムライアリの他にもキバチやオナガバチやジガバチやクロアナバチなどの興味深い生態が紹介されていますが、そのすべての実物を不二聖心では見ることができます。)
そこには、アカヤマアリがクロヤマアリの巣の一部を占領する例が紹介され、サムライアリとクロヤマアリの関係は、アカヤマアリとクロヤマアリの関係がさらに進んだものであるという説が紹介されています。つまりこの種の労働寄生は段階を経て進化したものであるという考え方です。となるとサムライアリのような労働寄生は進化の最終段階ということになるのでしょうか。それとも自然界はさらに驚くべき進化の姿を見せてくれるのでしょうか。興味は尽きません。

さて、加須屋先生に同定を依頼したアリの中に体長の数ミリの微小なアリも含まれていました。これはウメマツアリであるということがわかりました。このアリもまた驚くべき生態の持ち主でした。ウメマツアリはオスとメスが交尾して子どもが生まれても、オスとメスの遺伝子が交じり合うことがないというのです。つまり生まれてくる息子は父親のクローンであり、娘は母親のクローンであるというわけです。北海道大学の長谷川英祐先生の研究グループがウメマツアリを研究対象としていて、その研究結果について昨年の十二月に刊行された『働かないアリに意義がある』(メディアファクトリー新書)の中で述べられています。長谷川先生は、「正直、この十年間の生物界で発見されたなかでいちばん驚いた現象です。」とお書きになっていますが、なぜこのようなシステムが生まれたのかはまだわかっていないそうです。不二聖心の駐車場裏の雑木林にはこのような未知の生態を持つ生物も生息していることがわかりました。
不二聖心の自然の豊かさは、きっと静岡県という自然豊かな県に裾野市が存在していることによる部分が大きいのではないかと思います。最後に、文中で紹介した『しずおか自然史』についての、静岡新聞に載った書評を紹介して、「昨日の新聞から218」を終わりたいと思います。

じずおか自然史    ーー貴重な標本、教育に活用ーー      大原興三郎

わが静岡県はかくも豊かな自然に恵まれていたのかと、あらためて目を瞠る一冊である。静岡新聞に連載されてのこの単行本化なのだが上質紙の写真はさらに美しい。
この多様な生物相は日本列島における県の稀なる地勢によるものらしい。富士山頂から駿河湾の最深部まで実に垂直7000メートル。富士川を挟んで東西に列島を分断するフォッサマグナ。東には伊豆半島が海に突き出し西の浜名湖まで岩礁、断崖、美浜の海岸線。そう、扇をおもいきり広げてその要を鋭くたてたような地形が、高山から深海の奇妙な生き物たちまでを育み潜ませているのだ。その地球の成り立ちを地質や化石や油井に語らせて壮大な「物語」は始まる。
南アルプスの高山の鳥たち。樹林帯には大小の哺乳類。谷川には両生類や淡水魚たち。やがて広野を流れる川辺に舞う蜻蛉や蝶や虫たちが語られ、食草としてもそれらを養う植物相。まさしく生物多様性ここにありである。この鳥瞰的広がりは、微細極まる虫の目に転ずる。魚のひげの本数、蝶のわずかな斑紋の違いによる分類。それぞれの専門分野の執筆者が、多分とって置きのキャラクターたちを競い合うように切ったカードの裏話が生態が写真が、面白くなかろうはずはない。
執筆陣が等しく案ずることに地球温暖化がある。海にも野にも森にも本来南方系であったはずのものが北上して在来種を脅かす。
逆に人為的に持ち込まれた外来種が野に放たれ雑交配さえ進む。アライグマ、ブルーギル等の食害も深刻だ。県レッドデータブックに載る絶滅危惧種も登場し、この先を憂えている。両方ともが、人間に起因するのだから、われらは地球にとってなんと厄介な生き物なのだろう。
県固有のものさえいる。この貴重な標本を一堂に。その教育的活用にはやはり自然史博物館がいる。執筆陣の悲願ともいえるその実現に向けてのNPOの活動に深く共感する。

静岡県全体の自然の中で不二聖心の自然はどのような位置づけになるのか、いつの日か、しっかり考えてみたいと思います。

Calendar

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Feed


 

2017.12.14.更新

2017.12.11.更新

2017.12.13.更新

2017.11.29.更新

2017.12.09.更新

 
関連リンク