フィールド日記

2011.07.31

コガネムシの構造色・トノサマバッタの幼虫の擬態・ツマグロヒョウモン

平成23年7月31日 日曜日

 今日は夏休み10日目です。
裾野の天気は曇りで、少し青空がのぞく程度でした。その青色を眺めながら、
以前に卒業研究で空の色はなぜ青く見えるのかを研究した中学3年生がいたことを思い出しました。
 

 今日の読売新聞に昆虫の構造色の記事が載っていました。カナブンやチョウの羽などに見られ る、
色素ではなく構造で発色する仕組みが、新型の液晶パネルなどの開発に利用されているという話でした。
非常に興味深い内容の記事でしたが、添えられてい たコガネムシの写真の下に
「構造色による発色が美しいカナブン」と書かれていたのは少々気になりました。  
今日も不二聖心ではたくさんの構造色が見られました。

 色で驚いたのはトノサマバッタの幼虫です。ササの枯れ葉に見事に擬態していました。

 7月14日にツマグロヒョウモンのオスの写真を載せましたが、今日はメスの写真を撮りまし た。
今日見かけた個体は、通常のツマグロヒョウモンのメスとは色合いがずいぶん異なります。
『不二の自然2』の34に載せた写真と比較するとその違いがよ くわかります。
何が原因でこのような色になったのでしょうか。色の不思議はつきません。

(上の蝶はヒメアカタテハでした。お詫びして訂正させていただきます。)

2011.07.30

ウスバキトンボ・ツノトンボ・クロコノマチョウ・ヘクソカズラ・ハナノミ

平成23年7月30日 土曜日

 今日は夏休み9日目です。
第二牧草地で、今年初めてウスバキトンボの群れ飛ぶ姿を目にしました。下の写真の中央の点のようなものが
その中の1匹です。ウスバキトンボは5月頃九州南部に発生し世代交代を繰り返しながら北上を続ける
トンボとして知られています。
 

 雑木林で久しぶりにツノトンボと出会いました。名前にトンボと付いていますが、トンボ目の昆虫ではなく、
アミメカゲロウ目に属しています。2つの県で絶滅危惧種に指定されている貴重な生物です。

 雑木林のクヌギの樹液にはクロコノマチョウが来ていました。もともとは南の地方に生息するチョウですが、
今から10年ほど前に関西で目撃されはじめ、今では不二聖心でも普通に見られるチョウとなっています。
地球温暖化の影響で生息域を北に広げていると考える人もいます。
 

 ヘクソカズラの花にはハナノミが来ていました。気の毒な名前を持つ花ですが、
虫たちにはなかなか人気があります。

2011.07.29

アブラギリ・アオバハゴロモ

平成23年7月29日 金曜日

 今日は夏休み8日目です。裾野は曇りで、クーラーなしでも何とかしのげるほどの暑さでした。
5月18日のフィールド日記で紹介したアブラギリの花のその後の様子を確かめるために温情舎の跡地に
行ってみました。花は立派に実になっていました。

 驚いたのは、アブラギリに多様な生き物が集まっていたことです。
コゲチャオニグモやアトボシ ハムシやヒメバチやアリなどの様子を写真に撮ることができましたが、
ひときわ目をひいたのはたくさんのアオバハゴロモでした。アオバハゴロモは三角形の美 しい姿をした昆虫で、ラテン語の学名はGeisha distinctissimaと言います。命名者はこの姿から芸者を連想したようです。

2011.07.28

ヒメオビオオキノコムシ・ササキリ

平成23年7月28日 木曜日

 今日は夏休み7日目です。裾野は朝から雨でした。
しかし雨の中でも雑木林の中には活発に活動する生き物たちがいました。
下の写真はヒメオビオオキノコムシです。キノコを食べる甲虫として知られています。不二聖心の雑木林では
頻繁に姿を目にすることができます。築山の枯れ木に幼虫が大発生していた時には驚きました。

 次の写真はササキリの中齢幼虫です。ササキリは名前の通り、ササの繁茂する場所によく見られます。
まだ可愛らしい姿ですが、バッタとしての体の構造はしっかりと整っています。実に長い触覚を持っていますが、いったい体の何倍ぐらいあるのでしょう。

2011.07.27

ハナイカダの実

平成23年7月27日 水曜日

今日は夏休み6日目です。

 裾野では夕方に少し雨が降りました。
下の写真は雨に濡れるハナイカダの実です。(ハナイカダの花については、5月5日のフィールド日記で
紹介しました。)日に日に実の色が濃くなってきました。この姿から、ハナイガタには「嫁の涙」という
別名が付けられました。

 自然教室から帰ってきてみたら、何枚かの葉から実が消えていました。理由はわかりません。

2011.07.26

中2自然教室・カジカガエル

平成23年7月26日 火曜日

 今日は夏休み5日目です。中学2年生の自然教室は2日目を迎えました。
午前中は、中津川で生き物調査コンテストを実施しました。下の写真は絶滅危惧種のカジカガエルをつかまえて
喜ぶ生徒たちの笑顔です。コンテストを実施している間中、カジカガエルの鳴き声がよく聞こえていました。
 

 カジカガエルは、生徒が逃がしたあとも名残惜しそうに、いつまでも石の上にたたずんでいました。
 

2011.07.25

トリノフンダマシ・中2自然教室

平成23年7月25日 月曜日

今日は夏休み4日目です。

 朝は、生き物たちが動き始める時と私たちは思い込んでいますが、中には朝を休息の始まりの時ととらえる
生き物たちがいます。いわゆる夜行性の生物です。写真のクモは夜行性のトリノフンダマシというクモです。
夜間に活動し、昼間は鳥の糞に化けてじっとしています。

 今日から中学2年生の自然教室が始まりました。
下の写真は「生命の星地球博物館」で35億年前の最古の生命化石に見入る生徒たちの姿です。

2011.07.24

アブラゼミの羽化の失敗

平成23年7月24日 日曜日

今日は夏休み3日目です。高校1年生のキャンプがスタートしました。

 最近、梅雨が過ぎても蝉が鳴かないという声があちこちで聞かれています。
職員室でも今年の蝉の鳴き始めの遅さが話題になりました。
昨日の朝日新聞の夕刊には「セミの大合唱 遅れ気味」という記事が載りました。一部引用してみます。

 今年はセミの羽化、鳴き始めが遅れているのか。北海道、埼玉、大阪、福岡、鹿児島、沖縄の6都道府県の
昆虫学者ら6人に各地の状況を聞いたところ、全地域で「遅め」との回答が寄せられた。沖縄では、
チョウの発育も遅れ気味という。
「春先の温度が低かったことが発育などに影響している可能性が高い。全国的な傾向のようで、
放射能や地震の影響とは考えられない」と、九州大学の紙谷聡 志准教授(昆虫学)は話す。
遅れている理由について、研究者の間では、春先の低温で幼虫の最後の成長に遅れが出た影響が大きいとの
見方でほぼ一致してい る。

 気候の変化が生き物に与える影響について考えさせる記事でした。

 春先の気候の変化と恐らく関係はないと思いますが、昨日珍しい光景を目にしました。
アブラゼミの羽化の失敗です。あの生命力にあふれた鳴き声を聞かせるアブラゼミが殻から抜け出せずに
アリの餌食となっていました。

2011.07.24

ダイミョウセセリとゴシュケビッチ

平成23年7月23日 土曜日

 今日は夏休み2日目です。裾野市は快晴の一日でした。朝は涼しいくらいでしたが、
また明日からうだるような暑さが戻ってくるようです。

 中学校校舎から本館へと向かう廊下にダイミョウセセリが迷い込んでいました。
ダイミョウセセリはラテン語の学名にも「Daimio」と入っています。
この学名は幕末に日本にやってきたロシア人ゴシュケビッチがつけたものなのです。
大名が着る黒い着物が当時のロシア人にとってよほど印象深かったのでしょう。
 

 このゴシュケビッチという人については、静岡昆虫同好会の枝恵太郎氏がお書きになった
非常に面白くわかりやすい文章があります。以下に引用しておきましょう。

 ゴシュケビッチ夫妻  ―― 伊豆下田の昆虫 ――

 一八五四年、日米和親条約により開港されたばかりの下田港にロシア船ディアナ号が来航し、停泊中に津波に遭い、大破した船を修理のために戸田港へ回航する途中で沈没してしまった話はあまりにも有名である。
これに乗船していた中国語通訳のロシア人ゴシュケビッチは翌年の春まで、下田に滞在を余儀なくされた。
この時に下田近辺で採集したたくさんの昆虫標本は セントペテルブルグの王立科学アカデミー博物館に寄贈され、昆虫学者モチュルスキーやメネトリーによって研究、記載された。
静岡県の昆虫研究の幕開けは、約百五十年前の下田港の開港とともに来日外国人によって始まったといえる。
その後、伊豆天城山などの昆虫類が日本人学者の手で記載されるが、
昆虫相が詳しく解明されるのは静岡昆虫同好会の設立(一九五三年)以降となる。
ゴシュケビッチによって下田で採集され、新種として記載されたものに、シロチョウ科のスジグロシロチョウ、カミキリムシ科のノコギリカミキリやヒメスギカミキリなどがある。
また、ジャノメチョウ科のサトキマダラヒカゲ(里黄斑日陰、学名Neope goschkevitschii)のように
種名に彼の名が付けられたり、セセリチョウ科のダイミョウセセリ(学名Daimio tethys)のように属名に
「大名」と付けられたりしている。河原や海岸の砂地に生息するエリザハンミョウ(学名Cylindera elisae)は
ゴシュケビッチ夫人エリザの名が付けられている。
このように生物の学名にはよく人の名が付いたものがある。その標本を採集した人や関連する研究者に
敬意を表して献名されたものである。
モチュルスキーは異国から送られてくる多数の珍しい昆虫に驚喜し、
それらを採集したエリザ夫人の功績を讃えて命名したのであろう。
その後、一八五七年にロシア領事として再来日したゴシュケビッチ夫妻は盛んに昆虫を採集したと言われている。(枝恵太郎・静岡昆虫同好会)

 1854年に津波が下田を襲うことがなかったら、おそらくこの蝶には違う名前がつけられていたことでしょう。
ちなみにこの文章に出てくるノコギリカミキリは、7月15日の「不二聖心のフィールド日記」で紹介されています。

2011.07.22

ベニシジミ(夏型)・ウスバカゲロウ

平成23年7月22日 金曜日

 牧草地で夏型のベニシジミの写真を撮りました。
6月12日の「不二聖心のフィールド日記」に掲載した春型の個体の写真と比べると違いがよくわかります。

 ここのところウスバカゲロウをよく見かけます。幼虫はアリジゴクです。
子どもと親の姿がここまで違う生き物も珍しいでしょう。

2011.07.21

アラゲハンゴンソウ・イナゴモドキ・ツユムシ

平成23年7月21日 木曜日

台風6号が遠くに去るにつれて、少しずつ青空が戻ってきました。下の写真は朝7時過ぎの牧草地です。

 今の時期の牧草地には、アラゲハンゴンソウが毎年たくさん花を咲かせます。アラゲハンゴンソウは
北アメリカ原産の帰化植物です。朝早くからアラゲハンゴンソウにはたくさんの虫が集まっていました。
下の写真は、イナゴモドキだと思われます。直翅目バッタ科のイナゴモドキは、
5つの県で絶滅危惧種・準絶滅危惧種に指定されています。

 ツユムシの姿も花の上に見つけました。弱々しげな様子になぜか心ひかれるものを感じます。
直翅目キリギリス科の昆虫です。

2011.07.20

コフキゾウムシ・ホシハラビロヘリカメムシ・オオシロガネグモ

平成23年7月20日 水曜日

 台風6号の影響で今日は休校となりました。
今日も月曜日に撮影した写真を用いて最近の不二の自然を紹介します。

 不二聖心では、秋の七草の一つであるクズが東名高速沿いに繁茂しています。
千年以上前から日本人の生活に深く関わってきたクズは多くの生き物の命を育んできました。
下の写真はクズの葉を食べるコフキゾウムシです。


次の写真では、クズの葉の上でカマキリの幼虫が何かを食べています。
これほど食べられてもまだ生きていました。クズの汁を吸って生きるホシハラビロヘリカメムシです。

 クズの葉に依存して生きる生き物をねらっているのはカマキリだけではありません。
次の写真はクズの葉の上で獲物を待つオオシロガネグモです。この背中の模様を覚えておいて、
見つけたら背中を少し刺激してみましょう。驚くべきことがおこります。

2011.07.20

ハグロトンボ・ジガバチ・シャクガの幼虫

平成23年7月19日 火曜日

 台風6号の影響を懸念して今日の授業は午前中のみとなりました。
台風が通過するまでは月曜日に紹介しきれなかったフィールドの様子を写真で紹介してみたいと思います。

 7月に入ると、温情舎の校舎跡のアブラギリの大木の木陰でハグロトンボをよく目にするようになります。
これは7月に羽化した若い個体が比較的薄暗い環境を好むためだと考えられます。

 7月18日は、不思議なぐらいたくさんのジガバチがハルジオンに飛んできていました。
ジガバチは土中に穴を掘り、そこに狩りをして捕獲したエサを運び入れ、そのエサの上に卵を産みます。
エサとなる昆虫は殺すことをせず急所をはずして針を刺し動けないように体を麻痺させます。

 ジガバチのエサとなるのは、ヤガやシャクガの幼虫です。ジガバチのすぐ近くでシャクガの幼虫の姿も
見られました。この幼虫もジガバチのエサとなってしまったかもしれません。

2011.07.18

ラミーカミキリ・フクラスズメ

平成23年7月18日 月曜日

台風6号の接近の影響か、時々小雨の降るなか、フィールドを歩いてみました。

 温情舎の校舎跡は一か月ほど前にきれいに草が刈られてしまいましたが、そこに勢いよく生えだしたのが
イラクサ科のカラムシです。あきれるほどの生命力を持つカラムシを食草とする生物は、
同じようにすばらしい繁殖力を持つことになります。
そのような生き物を2例観察しました。
1例目は、ラミーカミキリです。「ラミー」もイラクサ科の植物の名前です。1873年に長崎で記録されたのが
日本で最初の記録です。輸入されたラミーとともに大陸から入ってきたと考えられています。
人間の活動の影響を受けた昆虫の一つです。
韓国体験学習でラミーの畑を見つけた時には思わずラミーカミキリを探してしまいました。

 2例目は、フクラスズメの幼虫です。成虫が冬にも見られる蛾として知られています。
以前、晩 秋に中3松組の教室に成虫が迷い込んできたことがありました。
堀辰雄の『風立ちぬ』の「十二月一日」の、「夜、そんな蛾がどこからともなく飛んで来て、
閉め切った窓硝子にはげしくぶつかり、その打撃で自ら傷つきながら、なおも生を求めてやまないように、
死に身になって硝子に孔をあけようと試みている。」という一節に登場する蛾はフクラスズメであろうと
言われています。
写真の幼虫は、こちらの存在に気がついて威嚇をしています。さらに激しく体を震わせる個体もいます。
幼虫も成虫も気性の荒いところがあるのでしょうか。
 

2011.07.17

鹿猪之供養塔・カジカガエルのオタマジャクシ・カワラナデシコ

平成23年7月17日 日曜日

 中学2年生が自然教室で訪れる神奈川県松田町寄の中津川に下見に行ってきました。午前11時の時点で
気温は31度ありました。連日の暑さのせいか、川の水量が激減していて生態系へ影響が心配されます。
川の近くには「鹿猪之供養塔」と彫られた石仏がありました。
鹿と猪のお墓があるというだけで丹沢の自然の奥深さが感じられます。

 川にはカジカガエルのオタマジャクシがたくさん泳いでいました。カジカガエルは13の県で絶滅危惧種・
準絶滅危惧種に指定されています。自然教室で鳴き声が聞けたらどんなにすばらしいことかと思います。
俳人石原八束は、カジカガエルの声の美しさを次のように句に詠んでいます。

 河鹿の音光の糸を伝ひくる  石原八束

 河原にはナデシコの花が咲いていました。なでしこジャパンの「なでしこ」はこの花に由来しています。

2011.07.17

ヤマユリ・オナガグモ

平成23年7月16日 土曜日

 今日も暑い一日でした。全国90か所の観測点で猛暑日となったそうです。
不二聖心も快晴で美しい夏の富士山をながめることができました。

 ヤマユリが咲きました。暑い夏に映える大ぶりの花が、不二聖心のあちらこちらで、
これから次々に開花していくことでしょう。

 久しぶりにオナガグモに出会うことができました。
擬態している時にはなかなかその存在に気づくことのできないクモですが、たまたま卵のうを見つけたために、
親の存在にも気づくことができました。オナガグモはクモを食べるクモとして知られていま す。
写真①が針葉樹の葉に擬態している時の姿、写真②が動いている時の姿、写真③が卵のうです。

 写真①

 写真②

 写真③

2011.07.16

コクラン・ノコギリカミキリ

平成23年7月15日 金曜日

今日も暑い一日でした。全国77の観測点で猛暑日となったそうです。

 11の県で絶滅危惧種・準絶滅危惧種に指定されているコクランの花をいつか撮影しようと思っている間に
花の盛りが過ぎてしまいました。かろうじて一枚撮ることができましたが、
コクラン独特の花の姿を充分に伝えることができず残念です。
撮影した場所は竹林の中で、先日ツチアケビを撮影した場所のすぐ近くです。
竹林は荒れ地としてとらえられることが多く、不二聖心でもほとんど人が入るこ とのない場所になっています。
しかし、そこに2種の希少種が生息しているわけです。「荒れ地」の定義の難しさを感じます。

 コクランのすぐ近くでノコギリカミキリを見つけました。触覚がノコギリのようであるところから
ノコギリカミキリと名付けられました。これも荒れ地の珍客と言えるでしょう。

2011.07.15

合歓の花・ツマグロヒョウモン

平成23年7月14日 木曜日

 今朝は7時にはもうホトトギスが元気よく鳴いていました。百人一首に「ほととぎす鳴きつる方をながむれば
ただありあけの月ぞ残れる」という歌がありますが、なるほど早起きの鳥だと実感します。
ちなみに午後のクラブ活動の時間までホトトギスの声は聞こえていました。

 牧草地の合歓の花は、少し標高が高いせいか、なかなか咲きませんでしたが、ようやく花を咲かせました。
虚子の句を思い出します。

 休らへば合歓の花散る木陰かな   高浜虚子

 久しぶりに牧草地でツマグロヒョウモンのオスを見かけました。
温暖化の指標としてよく話題になるチョウで、かつては西の地方にのみ生息していたと言われていますが、
今では不二聖心でもごく普通に見られるチョウとなっています。

2011.07.13

ナワシロイチゴ・ニイニイゼミ・オナガバチ

平成23年7月13日 水曜日

連日、30度を超える真夏日が続いています。クラブ特別週間も3日目に入りました。

 ナワシロイチゴの実がいつのまにか熟していました。この時期が苗代をつくる時期と重なるため
「ナワシロイチゴ」と名付けられたのですが、田植えの時期が変わってしまったため、
今では二つの時期が一致しなくなってしまいました。

 ニイニイゼミの抜け殻を見つけました。ニイニイゼミの抜け殻は泥にまみれているため他の種との見分けが
容易につきます。中学3年生の教科書に載っている、西東三鬼の「岩に爪たてて空蝉泥まみれ」という句の
「空蝉」はニイニイゼミの抜け殻のことだと思われます。

 廊下でオナガバチを見つけました。長い産卵管を持つハチです。
不二聖心の雑木林では実際に産卵の場面を観察することもできます。

2011.07.13

高校3年生の短歌⑨・アレチハナガサ

平成23年7月12日 火曜日

高校3年生の短歌を紹介します。

 もうすぐで待ちに待った夏休みだけど今年は勝負の夏
夏祭り浴衣でひらひら華麗に変身特権だよね女の子だけ
休日はどうしてこんなにすぐ過ぎる時の流れが特急列車
疲れたらお話しましょう お供には甘いココアと焼きたてお菓子
節電を呼びかけ世間はエコモード 私はアイスで美味しく節電
しらぬ間に夢の世界にダイビング シャーペン落として現実世界へ
リルケさんせっかく手紙を書いたのに若き詩人は詩人にならず
毛むくじゃら分かるよ分かるよ私も暑い扇風機を独占我が家の愛犬
なでしこの華麗なサッカー美しい日本の女性はやっぱり強い
パスワード考えぬいて決めるけど使うころにはすっかり忘れる

 クラブ活動週間も2日目に入り、夏休みが少しずつ近づいてきているのを感じます。
裏の駐車場では暑さのなかアレチハナガサが可憐な花を咲かせていました。南アメリカ原産の帰化植物で、
不二聖心でも毎年見かける花です。

2011.07.12

ウズグモ・トゲナナフシ

平成23年7月11日 月曜日

 夕方、校舎内の戸締りを確認していたらヒグラシの声が遠くから聞こえてきました。
これからは毎日のようにヒグラシの声が聞けると思うとそれだけでうれしくなります。

 ウズグモの仲間の巣が雑木林で目立つようになってきました。写真は昨日撮影したものです。
蜘蛛の巣の張り方も種類によって実にさまざまでそれだけ でも生物の多様性を感じることができます。
個体を採集して写真を撮り専門家に同定を依頼したところ次のような返事をいただきました。

トウキョウウズグモ属の一種で,カタハリウズグモ,ヤマウズグモ,エゾウズグモのいずれかのメスですが,
どれであるかは外雌器を見ないと特定できません.

 一つの種を特定することの難しさを改めて感じました。

 トゲナナフシが校舎の裏にいました。上の写真は見つけた時の姿で、下の写真はこちらの動きを察して
木の枝にすっかり擬態してしまった姿です。擬態もユニークですが生殖の仕方もユニークで、
トゲナナフシはすべての個体が雌で単為生殖をするという不思議な生き物です。

2011.07.10

モリアオガエル・カブトムシ・ハチモドキハナアブ・ルリジガバチ

平成23年7月10日 日曜日

 今日も裾野市は快晴でした。
不二聖心の近くを流れる黄瀬川では小学生が川に飛び込んで遊ぶ姿も見られました。
生き物たちの動きもますます活発になってきています。
茶畑の池ではモリアオガエルの子どもが既に陸上にあがってきていました。
すでにモリアオガエルらしい立派な手をしています。

 雑木林の樹液にもたくさんの虫が集まってきていました。その中からカブトムシのメスと
ハチモドキハナアブの写真を撮りました。ハチモドキハナアブを見るたびに擬態の神秘を感じます。

 駐車場の裏のヤブガラシの花にはルリジガバチが来ていました。
ルリジガバチは幼虫の餌としてクモを狩ります。ヤブガラシの花の近くにはいろいろなクモが潜んでいます。

2011.07.09

オオバノトンボソウ

平成23年7月9日 土曜日

 東海地方は昨日、梅雨が明けました。不二聖心では初めて蝉の声も聞かれました。
夕方6時過ぎにはホトトギスが鳴いていました。生き物の声で賑わう本格的な夏の到来です。
今日はラン科ツレサギソウ属のオオバノトンボソウの写真を撮りました。5つの県で絶滅危惧種・準絶滅危惧種に指定されている希少種です。花の形がトンボに似ているところからトンボソウと名付けられたそうです。
昨年とは全く違った場所で花を咲かせていました。

2011.07.08

ヒヨドリバナ

平成23年7月8日 金曜日

 ヒヨドリバナの花がもうすぐ咲きそうです。ヒヨドリバナは、夏の間、不二聖心のあちらこちらで
目にすることのできる植物です。ときどきジェミニウ イルスによって黄色く変色している葉をみかける
ことがありますが、今日見た葉は葉脈にそって切れ込みが入っていました。何者の仕業か不明です。

2011.07.07

グッピーの稚魚・アカメガシワの花

平成23年7月7日 木曜日

高校3年生が教室で飼育していたグッピーが稚魚を産みました。生徒たちも大喜びです。

 不二聖心のあちらこちらで道が黄色に染まっているのを見かけます。アカメガシワの花が道路一面に落ちて
広がっているためです。写真の花は牧草地のアカメガシワで花は終わりかけています。
よく見るとクモが1匹隠れて訪花する虫を待ち伏せしているの がわかります。
この1匹のクモが、アカメガシワの花が多くの命を養っていることを証しています。

2011.07.06

高校3年生の短歌⑧・ツチアケビ・アジサイと子猿

平成23年7月6日 水曜日

高校3年生が詠んだ短歌を紹介します。

 かき氷みぞれ金時ブルーハワイこれからますます美味しい季節
予備校でどんなに帰り遅くても待っててくれる母に感謝
じめじめじめ洗濯物が乾かない母の機嫌も直らない
深夜2時突然課題を思い出し月明かりの中数学を解く
貯金箱100円入れてほくそ笑む頑張れ弟目指すは100万
さけられない母とのけんかどうしてもいつも後悔さっきの一言
「何が欲しい?」聞くと即答「iPhone!」と答える祖父はまだまだ若い
原宿は個性的な人ばかり田舎な私ついつい見ちゃう

不二聖心内におけるツチアケビの生息が平本政隆先生によって確認されました。ツチアケビは、
7つの県で絶滅危惧種に指定されています。また1種、不二聖心に生息する希少種の数が増えました。


朝、坂道を登ってくる時にサルと出会いました。写真のサルはまだ赤ちゃんのサルです。

2011.07.05

ニガイチゴの実・モリチャバネゴキブリ

平成23年7月5日 火曜日

 牧草地の脇にニガイチゴの実がたくさんなっていました。
背後に小さく写っている赤いものもすべてニガイチゴの実です。


モリチャバネゴキブリの写真を撮りました。名前の通り、人家の中ではなく森に生息するゴキブリです。

2011.07.03

オニシバリの実・ジャコウアゲハの幼虫・ゲホウグモの卵のう

平成23年7月3日 日曜日

 オニシバリの実を見つけました。針葉樹の林の暗がりの中で一際美しい輝きをはなっていました。
「鬼縛り」という恐ろしい名前の植物ですが、その実は実に可憐です。

 ジャコウアゲハの幼虫を見つけました。いつ見てもその特異な姿かたちに圧倒されてしまいます。

 卵のうについている小さな点のようなものが何かわかるでしょうか。蜘蛛の子どもです。雑木林 の縁で二つ、同じような卵のうを見つけることができました。ゲホウグモの卵のうと思われます。ゲホウグモは夜行性で目の細かい円網を張ります。昼間は木の こぶに擬態していますのでなかなか見つけることができまんが、
卵があるということは、間違いなく親もどこかに潜んでいるということです。

2011.07.03

オオシオカラトンボ・カツオゾウムシ

平成23年7月2日 土曜日

 いよいよ7月に入り、夏の生き物たちの姿がたくさん見られる時期に入ってきました。
夏に不二聖心の茶畑の池で最もよく見られるトンボはオオシオカラトンボです。写真のトンボはオスで、
メスの体色はくすんだ黄色です。

 イタドリの葉の上にカツオゾウムシがいました。体の形と表面の色が鰹節に似ているところから
カツオゾウムシと名付けられました。
 

2011.07.02

ムラサキツユクサ・ビヨウヤナギ・オジロアシナガゾウムシ

平成23年7月1日

 今、正門近くの花で一際目を引いているのがムラサキツユクサとビヨウヤナギです。ムラサキツユクサは
放射線の照射によって染色体の異常が起こりやすい植物で、放射線生物学の研究材料として用いられています。

 ビヨウヤナギは白居易の長恨歌に出てくる花として有名です。白居易は玄宗皇帝の妃、
楊貴妃の美しさをビヨウヤナギにたとえてその詩に詠んでいます。

 パンダカラーのオジロアシナガゾウムシを同時に3匹見つけました。
オジロアシナガゾウムシの食草はクズですが、今日見つけた3匹はすべてヤブマオの葉の上にいました。

Calendar

«7月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

Feed


 

2017.10.04.更新

2017.10.20.更新

2017.10.18.更新

2017.10.18更新

2017.10.18.更新

 
関連リンク