フィールド日記

2011.08.31

ハグルマトモエ・オスグロトモエ

平成23年8月31日 水曜日

 最近、不二聖心でよく目にする蛾について専門家に同定をお願いしたところ、返事が来ました。
上の写真がハグルマトモエ、下の写真がオスグロトモエだそうです。同じ種だと思っていたら全く別の種でした。
専門家はその違いをいとも簡単に見抜いてしまいます。勉強するということは、
物がよく見えるようになることだと改めて思います。

 

今日のことば 

自分を離れ他の生命力を見つめよ。   戸塚洋二

2011.08.31

ショウリョウバッタ・カマキリ・ケンポナシ

平成23年8月30日

 夏休みが終わり、生き物と親しむ生徒たちの姿がもどってきました。
ある生徒は、東京と裾野でツクツクボウシの鳴き声の音程が2.5度ぐらい違う気がすると話してくれました。
ある生徒は、つかまえたショウリョウバッタを見せに来てくれました。校舎の周辺にある、
草原に近い環境を代表する昆虫です。

 ある生徒は、ベランダでカマキリがアリを食べていますと教えてくれました。この写真を撮ったあとも
生徒たちは熱心に観察を続け、アリを食べ尽くしてフンをするところまで見届けたそうです。

 今日の午後、元用務員の中家さんから温情舎と不二聖心の歴史についていろいろと話をうかがうことが
できました。裾野を訪ねた大臣に岩下清周氏が馬上から挨拶をしたという話は当時の岩下清周氏の姿を
彷彿とさせましたし、イエズス会のエデルマン神父 から託されて中家さんが植えたケンポナシの木の立派な姿に昭和30年代の不二聖心をしのぶことができました。
ケンポナシの木はおいしい実がなることでよく知られています。今から秋が楽しみです。

 

 今日のことば

人が生命の織物を織るのではない。人は、その織物のひとすじの糸にすぎない。
生命の織物に対して人がすることは、それがなんであれ、自分自身にすることなのである。
                               酋長シアトル

2011.08.29

キンミズヒキ

平成23年8月29日 月曜日

 キャンプ場からススキ野原への道にキンミズヒキが咲いています。(長い花序がミズヒキと似ているので
キンミズヒキと名付けられましたが、キンミズ ヒキはバラ科、ミズヒキはタデ科に属しています。)
この道は今ではほとんど歩く人がいませんが、かつては馬と人の通り道でした。わずかに舗装されたあとも
残っています。ヤマケイポケットガイドの『野の花』には、「キンミズヒキは萼のとげで運ばれるので、
人や動物の通り道に沿って生えることが多い」と書かれ ています。かつてここは道であったと
キンミズヒキを見て改めて思います。キンミズヒキは人の暮らしの歴史を静かに語る花でもあったのです。

  今日のことば

いい日は幾らでもある。
手に入れるのが難しいのは
いい人生だ。
          アニー・ディラード

2011.08.28

マルバノホロシ

平成23年8月28日 日曜日

 キャンプ場への道にマルバノホロシの花が咲いていました。ひと目見てナス科とわかる特徴を備えている
花です。マルバノホロシは、福岡県で絶滅危惧Ⅰ類、鹿児島県で絶滅危惧Ⅱ類、東京都と鳥取県で
準絶滅危惧種に指定されています。

 「マルバ」と名前に付けられていますが、下の写真を見てわかるように葉は丸くありません。
この場合の「丸い」は「ギザギザのない」という意味です。日本語の「丸い」は「円形」のみを意味する
のではないことが、このような植物の名前の例からもわかります。

今日のことば

「より多く所有する」ことではなく、
「より深く存在する」ことが大切なのです。
                       ヨハネ・パウロ二世

2011.08.27

クズの花・オオフタオビドロバチ・シオカラトンボ

平成23年8月27日 土曜日

 今年はじめてアオマツムシの声を聞きました。樹上から聞こえてくる一年ぶりの声に耳を傾けつつ歩いていると今度は甘酸っぱい匂いが上から漂ってき ました。クズの花の匂いでした。クズの開花を確認しているときに視界を横切ったのはアサギマダラ、数百キロの渡りをするチョウとして知られています。
今日 もまた、季節のめぐりを実感する一日となりました。

 車で正門から上ってくるときに壁面に新しい穴を見つけました。車を止めて確認したところ、
穴の中でオオフタオビドロバチがせっせと作業をしていました。しばらくして穴から泥だんごを咥えて
出てきました。よほど重いらしく壁面をすべり落ちていきま したが、もう一度体勢をなんとか立て直して
飛び立ち、右の林に消えていきました。数秒後、同じ穴にオオフタオビドロバチが再びやってきました。
これもしば らくして穴から出てきましたが、今度は左の方角に飛んでいったのです。
全く別の個体が同じ穴から泥を集めていることがわかりました。

 シオカラトンボのオスとメスが連結して飛んでいるのを見かけました。
オスが腹端にある付属器でメスの後頭部をはさんでいるのがわかります。

 

今日のことば

知覚をみがくための方法はひとつだけだ。まことの深い知覚を開発するには、
とにかく自然のなかに出ることなのである。
                                     C.W.ニコル

2011.08.26

ヨウシュヤマゴボウ・ジガバチ・ナガコガネグモ

平成23年8月26日 金曜日

 久しぶりに青空の広がる一日となりましたが、夕方からはまた雨が降りだしました。
天気が安定しないだけに夏の青空がことさら貴重に感じられます。

 ヨウシュヤマゴボウの実が次々に熟してきています。外来種のなかでもとりわけ生命力に富む植物で、
不二の自然の生態系全体を考えた時には少々困り者の面もあるのですが、近づいてみれば実も花も
それぞれに美しく沢山の命を養っています。

 まだまだ咲き続ける花にはジガバチなどの虫が集まり、その虫を捕らえようとナガコガネグモが
巣を張っていました。

 

今日のことば

もし今日が自分の人生の最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?
If  today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?
                               スティーブ・ジョブズ

2011.08.25

ヤマトタマムシ・カタツムリ

平成23年8月25日 木曜日

 中学校校舎の中庭でヤマトタマムシを見つけました。残念ながら生きてはいませんでしたが、
構造色は簡単に色あせることはありません。

 ススキ野原のカタツムリはススキの葉裏に隠れてじっとしていました。カタツムリは移動能力が低いため
種分化しやすく、日本に600種以上いると言われています。同じ種の中でも亜種が多く、その土地固有の遺伝子を持っているものも多いようです。こ のカタツムリも何か目には見えない個性を備えているのかもしれません。

 

今日のことば

世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない。
                                  宮沢賢治  1926年

 宇宙には、たくさんの生物がいます。地球にさえも途方もなくたくさんの生物がいます。虫も草 も木も、
賢治の場合は、岩でさえも生物のようだと思っていました。だから、そういうものが全体幸福にならなければ、結局、個人は絶対、幸福になれないこと を、最近の公害、その他は、はっきりと証明しているようで
毎日毎日公害は押し寄せてきております。
もし、原爆のヘドロのようなものを海へなげたり、宇宙の方へなげたりしますと、宇宙のバランスがくずれて、たいへんなことになるということは、科学者がすでに言いはじめていることであります。
                                      宮沢清六  1974年

2011.08.24

フヨウ・フタトガリコヤガ

平成23年8月24日 水曜日

今日の不二聖心は、朝は曇り、昼は晴れ、夕方から雨が降るという変化の多い一日でした。

 芙蓉の花を毎日楽しめる季節となりました。今日の、晩夏の青空を背景にした芙蓉の花弁の美しさは
格別でした。以前に不二聖心で国語を教えていらした西山民雄先生は「富士の冴え祈りの心諭しけり」という
名句を残されましたが、青空と芙蓉の花の間に 立つ聖母子像もまた、
祈りの心をさとしているように感じられました。

 葉に顔を近づけてみると、簡単にフタトガリコヤガの幼虫が見つかりました。
フタトガリコヤガはアオイ科の植物につく蛾の幼虫で、毎年この時期に芙蓉の葉の上で見ることができます。

 今日のことば

葉末の露がきらめく朝に
何を見つめる子鹿のひとみ
すべてのものが日々新しい
そんな世界を私は信じる
信じることは生きるみなもと
             谷川俊太郎

2011.08.23

ツバメ・ウスバキトンボ・羽アリの大発生

平成23年8月23日 火曜日

 夕暮れのすすき野原を歩いていて驚くべき光景に出くわしました。
十羽以上のツバメが空を飛びまわり、その下を何十匹ものウスバキトンボの大群が飛び回っていたのです。
ツバメはウスバキトンボを食べているようでした。

 ウスバキトンボは網で追いかけてもなかなかつかまえることができないトンボです。
そのウスバ キトンボが次から次にこちらの顔に体当たりしてくるのです。群は興奮状態にありました。
下の写真の、横に入った線のようなものがすべてウスバキトンボで す。360度、周りはこのような状態でした。

 これには原因がありました。さらにその下で羽アリが大発生していたのです。しかも全く異なる2種のアリが
大発生していたのです。1種はキイロシリアゲアリでしたが、もう1種は同定ができませんでした。
違う種が全く同じ時に大発生していたのです。 これも非常に不思議なことです。

 ツバメが飛び、トンボが群れをなし、アリが大発生する。
一生に一度しか出会えない風景の中に立ちつくしていたのかもしれません。

2011.08.22

トノサマバッタ

平成23年8月22日 月曜日

 朝日新聞の1面に「しつもん!ドラえもん」というコーナーがあり、そこには小学生向けのいろいろな質問が
書かれています。答えは新聞のどこかに隠れています。それを探す過程で自然に他の新聞記事にも
目を向けることになる、そういう工夫です。
8月18日の質問は「アフリカやアジアで、虫の大群が農作物を食べ尽くすことがあるよ。どんな虫かな。」で、
答えは「バッタ ―― バッタは大量に発生 することがあるんだ。群れを作って飛び回りながら作物を
食い荒らすから、人間が食べるものがなくなってしまうほどなんだよ。」でした。
不二聖心のフィールドでも今、バッタがたくさん発生しています。車で走ると何匹も車に飛んできます。
下の写真は8月16日に撮影したものですが、この日は何匹ものトノサマバッタがフロントガラスに
飛んできました。
実はこの写真を撮った直後、困ったことがおきました。腹部の先端から糞が出てきたのです。
このままでは車のフロントガラスが汚れてしまうと思いました。 ところが、糞が出尽くすその瞬間
驚くべきことがおこりました。トノサマバッタが糞を蹴飛ばしてしまったのです。
瞬時に糞は空中を飛んでいきました。このト ノサマバッタはフロントガラスのほぼ中央にとまっているのですが、糞はフロントガラスの端を超えてさらに飛んでいきました。フロントガラスは汚れずにすん だのです。
糞を蹴飛ばすのは、糞が近くにあるとその臭いで外敵に自分の居場所を教えてしまうからだそうです。

2011.08.21

スキバツリアブ

平成23年8月21日 日曜日

 8月13日にアブの不思議な行動を目にしました。何匹ものアブが一か所に集まって腹部の先端を土にこすり
つけるような行動をしていたのです。早速、昆虫研究家の平井剛夫先生にうかがったところ、
先生がいろいろと手をつくして調べてくださり、今日その結果が届きました。
このアブはスキバツリアブというアブで、問題の行動は産卵行動である可能性が高いということでした。
しかも土中に巣を作るハナバチ類のようなハチの仲間 の幼虫に寄生しているようだということです。
つまり、この写真に写っている土の下にハチの巣があるかもしれないということです。
この場所はかつて葡萄園があった場所のさらに先にあり、おそらく20年以上人間が誰も立ち入っていない
のではないかと思われる場所です。そのような場所で、人知れず、アブとハチの不思議な関係が続いてきた
可能性があります。

 下の写真は葡萄園に沿って作られた道です。何十年もほとんど人が歩いていませんが、
道としての姿をかろうじてとどめています。この道の先にスキバツリアブの集団産卵場所があります。

2011.08.20

センニンソウ・ウラギンシジミの幼虫

平成23年8月20日 土曜日

 ここしばらくの暑さが嘘のように気温が下がり、不二聖心のフィールドも一日で大きく様変わりした
ように感じました。何より変わったのは音です。蝉の声が小さくなって、キリギリス科の昆虫の鳴き声が
よく聞こえるようになり、何やら寂しい気配がただよっていました。
花々も主役を交替しつつあり、センニンソウが咲き始め、イタドリやクズの蕾が着実に大きくなっている
様子が観察できました。
下の写真は校舎の裏に咲くセンニンソウです。

 クズの蕾を見ていて驚いたことがあります。ウラギンシジミというチョウの幼虫を蕾の房の中に
見つけたのです。蕾に見事に擬態していました。蕾はやがて紫色に変色していきます。
その変化に合わせて幼虫も自分の色を変えていくのです。もうこれは驚異としかいいようがありません。
 

 下の写真は2010年9月11日に撮影したものです。あと一カ月足らずでこのような姿になるはずです。
ウラギンシジミについて詳しく知りたい人には『葉の裏で冬を生きぬくチョウ』(高柳芳恵 偕成社)が
おすすめです。高柳さんが10年にわたってウラギンシジミを観察した記録を本にしたものです。
これ一冊読めば、自然を見る目が確実に変わります。

2011.08.19

タカサゴユリ・オナガバチの産卵

平成23年8月19日 金曜日

全国的に天気が下り坂で、連日の猛暑も一休みとなりました。
今日は9月23日の秋分の日に行われる第2回学校説明会の準備のために学校へ行ってきました。

 正門のところのタカサゴユリがようやく咲き始めました。タカサゴユリは台湾から日本に伝わった外来種で
「タカサゴ」は「台湾」の古名です。今では 野生化しているものも多く、この花を見かけない町はない
といっていいほどどこでも見られる花となっています。毎年、夏休みの後半に咲き始めるので、
この花が咲くと、夏休みにやり残していることはないかと焦りを感じます。
 

 車で上まで上がってみると、本館前のタカサゴユリはまだ咲いていませんでした。
標高の違いが花の咲く時期の違いとなっています。不二聖心のフィールドの多様性は正門から林道まで
多様な標高の自然が存在していることによるところも大きいようです。

 オナガバチの産卵を今日も観察できました。これで17日、18日、19日と3日続けての産卵行動の確認と
なりました。しかもすべて複数の個体の産卵行動が確認できています。下の写真はそのうちの1匹ですが、
産卵管が木にしっかりと刺さっている様 子が確認できます。
この産卵管は樹皮を貫通して木の中に潜んでいる虫の体にまで達しているものと思われます。
著名な昆虫学者の矢島稔氏は『ハチのふしぎとアリのなぞ』(自然の不思議を伝える素晴らしい本です)
(偕成社)の中で、次のように書いています。

 ある時期、わたしはそのシーンをもとめて、山道を歩きつづけました。
それはオナガバチのなかまの産卵の現場をみたいからです。以前から話をきいていましたが、
このオナガバチのメスは交尾後、嗅覚をつかって、木の中にいるカミキリムシの幼虫の居場所をたしかめ、
そこへ長い産卵管を刺しこんで卵をおくりこむというのです。

 矢島先生は山道を歩き続けたそうですが、
不二聖心では車道から1分のところでオナガバチの産卵を見ることができます。
 

2011.08.18

ハリギリの樹皮・ベニイグチ

平成23年8月18日 木曜日

 幸田文の名著『木』(新潮文庫)の中に「木のきもの」という随筆が収められています。
その中に次のような一節があります。

 木は着物をきている、と思いあててからもう何年になるだろう。北海道へえぞ松を見に行ったとき、
針葉樹林を走りのぼるジープの上で当惑したこと は、どれがえぞ松だか、みな一様にしかみえず、
見分けができないことだった。仕方がないので、目的地についてから、教えを乞うた。あなたは梢の葉っぱ
ばかり見るから、わからなくなっちゃう、幹の色、木の肌の様子も見てごらんといわれた。
つまり、高いところにある葉や花にだけ、うつつを抜かすな、目の高さに ある最も見やすい元のほうを見逃すな、ということである。そのときに、これは木の装いであり、樹皮をきものとして見立てれば、おぼえの手掛かりになると知った。

 不二聖心の森を歩きながら、木々の樹皮の様子の実にさまざまであることに気づき、幸田文の文章を
思い出しました。とりわけ印象的だったのは、鋭い棘の生えるハリギリの木肌です。
棘があるのは若木の時だけで成長とともに木肌の様子は変わります。
写真のハリギリはかなりの樹高に達しており、いくつかの 棘は手で触れると簡単にとれてしまいました。
 

 樹皮を見ること以外にも樹形を見たり、洞を見たり、森の楽しみは尽きません。
足元にはいろいろなキノコが生えています。今日はワインレッドのベニイグチと出会いました。

2011.08.17

オオフタオビドロバチの泥集め・オナガバチの産卵

平成23年8月17日 水曜日

 不二聖心の敷地内には東名高速道路と国道246号線が通り、その上に聖心橋という橋がかかっています。
今日はその付近の自然を観察しました。

 まず見つけたのは、巣作りのための泥集めをするオオフタオビドロバチです。
(オオフタオビド ロバチについて4月20日のフィールド日記でも紹介しました。)
オオフタオビドロバチがいたところだけが壁面が深くえぐれていました。
オオフタオビドロバ チは筒の中に泥で仕切りを作り産室としますが、
この壁面の泥がドロバチの求める土の条件にぴったり合っているのだと思います。

 オナガバチの1種が産卵している様子を観察しました。メス同士が産卵場所を奪い合っているように見えます。オナガバチにこのような習性があるのか、興味深い問題です。

 他にもいくつかの貴重な発見があり、東名高速の近くにも豊かな自然が存在していることがわかりました。
毎日新聞に載っていた中村桂子さんの言葉を紹介して今日の日記を終わります。

 自然はあるのではなく、見ようとする者にだけ見えるのである。

『里山だより』『めぐる命をはぐくむ風景・水辺』(今森光彦)の書評より

2011.08.16

ツリガネニンジン・イチモンジカメノコハムシ・ツノトンボの幼虫

平成23年8月16日 火曜日

ツリガネニンジンが咲きました。秋が近いことを感じます。

 毎日見続けることで初めて気づける変化があります。
8月7日のフィールド日記で紹介したイチモンジカメノコハムシの幼虫が成虫になり、
ツノトンボの卵から幼虫がかえりました。
 

2011.08.15

マツヨイグサ

平成23年8月15日 月曜日

 今の時期の不二聖心で最もよく見られる花の一つはマツヨイグサでしょう。
宵を待って咲くマツヨイグサは昼間はしぼんでいますから、
早朝でなければ下のような写真はなかなか撮ることができません。

 竹久夢二の詩に曲がつけられた有名な歌「宵待草」では、待宵草が宵待草と言い換えられています。
この歌についての面白いエピソードが、『花ごよみ』(杉本秀太郎)という本に紹介されていました。
以下に引用してみましょう。

 「宵待草」は、大正末から昭和にかけて愛唱された。夢二の歌詞は一番しかなかったが、
レコー ド会社がつづきの歌詞を西条八十に依頼したという。そして西条が付け足した歌詞には
「宵待草の花が散る」とあったという。待宵草の花は、朝日を受けるとし ぼんでしまう。散りはしない。
人々の失笑を買った二番の歌詞は、幸いにして歌う人もなく、忘れ去られた。

2011.08.14

ツチイナゴ・ホオズキ・ニジュウヤホシテントウ・ミヤマアカネ

平成23年8月14日 日曜日

 温情舎小学校の跡地にクサギの群生地があります。こちらのクサギにも昨日のキャンプ場のクサギと同じようにカブラハバチが来ているのではないかと思い、確認するために跡地に行ってみました。
予想通り、数匹のカブラハバチを見ることができました。
温情舎の跡地では、ツチイナゴの幼虫もたくさん見ることができました。
5月26日のフィールド日記に紹介したのが親で、その子供たちの世代がしっかり育ってきています。

 跡地にはホオズキの実がたくさんなっていました。ホオズキはナス科の多年草ですが、
ナス科の大害虫であるニジュウヤホシテントウが葉をほとんどすべて食いつくしていました。

 ミヤマアカネのオスの赤色がますます鮮やかになってきました。ミヤマアカネのオスは成熟すると
体がまず赤くなり、縁紋の白が赤に変わります。このオスはかなり成熟が進んでいます。
 

 ちなみに下の写真は8月7日に撮影したものです。この1週間で確実に季節がすすんだことがわかります。

 

2011.08.13

クサギ・カブラハバチ・スズバチ

平成23年8月13日 土曜日

猛暑の不二聖心で貴重な発見をしました。

 日当たりのさほど良くない、キャンプ場に向かう道でもクサギの花が咲き始めました。
クサギは美しい花を咲かせますが、悪臭を放つので「臭い木=クサギ」と名付けられました。

 そのクサギの葉の上にカブラハバチがいました。しかも数匹がとまっていました。何かあると思いつつ
坂道を上がり、またクサギの木を見つけました。そこにも同じようにたくさんのカブラハバチがいたのです。
クサギとカブラハバチに特別なつながりがあることを確信し、帰宅後いろいろと調べてみました。その結果、
カブラハバチがクサギにいる理由として考えられることは二つあることがわかりました。
一つは、クサギの葉に生えている腺毛状突起を摂食することで体内にクサギの苦味物質を取り込み
外敵から身を守る一助としているというものでした。もう一 つの説はさらに驚くべきことを伝えていました。
クサギの腺毛状突起を摂食したカブラハバチは体内の成熟卵の数が増える傾向があるというのです。
つまりクサ ギにカブラハバチが集まるのは生殖能力を高めるためということです。
「カブラ」は「大根」の古い言い方であり、カブラハバチは大根の害虫として知られていますが、
大根の真の敵はカブラハバチではなくクサギであったのかもしれません。

 温情舎小学校の跡地の石垣にスズバチがとまっていました。カブラハバチが比較的原始的な種類の
ハチであるのに対して、スズバチは進化の最先端をいくスズメバチ科に属しています。
スズバチは、土を用いて巣を作り、その中に卵を産み幼虫を育てます。

2011.08.12

シオカラトンボ・ウスバカゲロウ

平成23年8月12日

 仕事を終えてから、夕方の雑木林の道を歩いてみました。
3分程度の間にカヤキリのオスが鳴く姿を4匹も見ることができたのには驚きました。

 ムギワラトンボ(シオカラトンボのメス)が夕方の光を受けて静かに草の上に止まっていました。

 ウスバカゲロウも見かけました。あまり見かけない種類です。
不二聖心の中に何種類のウスバカゲロウがいるのか、まだまだ見当もつかない状態です。
 

2011.08.11

オオアオモリヒラタゴミムシ・ツチアケビ

平成23年8月11日 木曜日

 図書館で本を選んでいたら、日本最大のトンボ、オニヤンマが目の前を何度も横切っていきました。
どうやら図書館に迷い込んでしまったようです。8月の不二聖心ならではの出来事だと思いました。

 昆虫研究家の平井剛夫先生にゴミムシの同定をお願いしていたのですが、その返事が届き、
下の写真のゴミムシがオオアオモリヒラタゴミムシであることがわかりました。
不二聖心に生息する生物をまた1種確認することができました。平井先生には深く感謝申し上げます。
合わせて平井先生から「不二聖心のフィールド日記」の誤同定の指摘があり、7月31日のフィールド日記で
ツマグロヒョウモンのメスとして紹介したのは、ヒメアカタテハだとわかりました。
この場を借りて訂正させていただきます。
平井剛夫先生は最近、刊行された『恐るべし、外来生物』(しずおかの文化新書)の
昆虫の章を執筆なさっています。この本からもたくさんのことを学ぶことができそうです。
 

 7月6日のフィールド日記で紹介したツチアケビのその後の様子を、たくさんの蚊に刺されながら観察しました。ぜひ2枚の写真を比較してみてください。

2011.08.10

カヤキリ・ジャノメチョウ・エビイロカメムシ

平成23年8月10日 水曜日

 この夏、初めてツクツクボウシの鳴く声を耳にしました。昆虫学者の矢島稔氏は
「東京あたりでは八月の中頃から鳴き出し、この声を聞くと『宿題やったか』といわれているようで、
苦々しい奴だと思ったことがある」と書いています。

 今日は、不二聖心のフィールドのすばらしさを再認識することができました。
まずは下の写真をご覧ください。何かが隠れているのがわかるでしょうか。

 中央に写っているのがカヤキリというキリギリス科の昆虫で、10の都道府県で、絶滅危惧種・準絶滅危惧種に指定されています。草に見事に同化してしまっていて、
上に突き出ている産卵管の赤茶けた色だけが少し目立つ程度です。
カヤキリはススキ野原を好みますが、飛ぶことが苦手で移動能力が低いので環境破壊に非常に弱いと言われます。手入れの行き届いたすすき野原でしか生息できないのです。
その点で不二聖心のすすき野原は格好の生息場所です。
次は、ジャノメチョウです。東京都は、このチョウを絶滅危惧Ⅰ類に指定しています。幼虫の食草はススキです。

 ススキが養う命はまだまだあります。エビイロカメムシもその一つです。
今日は初めて幼虫を撮影することができました。

 これ以外にも何種かの希少種に出会うことができました。運が良ければ、
ごく短時間に絶滅危惧種にいくつも出会えてしまうフィールド、それが不二聖心のフィールドです。

2011.08.09

コマツナギ

平成23年8月9日 火曜日

今日も暑い一日でした。裾野市の最高気温は32.9度でした。

 不二聖心では今年もコマツナギがたくさん咲いています。「コマツナギ」の「コマ」は「瓢箪か ら駒」の
「コマ」と同じで「馬」のことを表しています。つまり、その茎に馬をつないでも大丈夫なほどに
茎が丈夫なことからこの名がつけられたのです。遠い昔、暑い夏の日に実際にコマツナギに手で触れ
その丈夫さを自ら確かめた人が何人もいたのでしょう。「駒繋ぎ」という名前が多くの人の共感を呼んだ
からこそ、和名として定着したのだと思われます。
コマツナギの花は、人間と自然との距離が今よりずっと近かった時代を、その花を見る者にしのばせます。


2011.08.08

ツマグロヒョウモンの幼虫と蛹

平成23年8月8日 月曜日

今日も不二聖心は快晴で、牧草地ではさまざまな生き物が活発に動いていました。

 チョウだけに限ってみても、モンキアゲハ、ジャコウアゲハ、サトキマダラヒカゲ、ツマグロ ヒョウモンなどを短時間で観察することができました。7月15日、31日に「フィールド日記」でも紹介したツマグロヒョウモンについては、幼虫と蛹も確認 することができました。
ツマグロヒョウモンは不二聖心に完全にすみついていることがわかります。

 1980年に刊行された学研の学習科学図鑑には「ツマグロヒョウモンは、
日本ではほとんど全 土で採集されるが、完全にすみついているのは四国、九州以南の暖地である。」
という記述があります。この30年で、人間がツマグロヒョウモンの生息域を変 えてしまったとしたら、
それは極めて憂慮すべきことです。

2011.08.07

イチモンジカメノコハムシの偽装とツノトンボの卵

平成23年8月7日 日曜日

 今日は衝撃的な出会いを経験しました。
図鑑でしか見たことがなかったイチモンジカメノコハムシの幼虫に、第二牧草地から東名カントリーまでの間の
林道で出会ったのです。イチモンジカメノコハ ムシの幼虫は自分の糞を背中に乗せて擬装します。
どのような進化の過程を経てこのような擬装をするようになったのか、
その不思議と姿のあまりの奇妙さに思 わず唸ってしまいました。

 7月30日の「フィールド日記」で紹介したツノトンボの卵を見つけました。
希少種のツノトンボですが、来年の夏もきっと姿を見せてくれることでしょう。

2011.08.06

井坂洋子の「存在が語る」とダイミョウセセリの幼虫

平成23年8月6日 土曜日

詩人の井坂洋子さんの「存在が語る」というエッセイを読み、次のような一節に出会いました。

 植物が優しく思えたり、犬や猫をはじめ動物たちがあわれでいじらしく思えたりするのは年齢のせいだろうか。存在そのものが何かを語っている者の方が、言葉で語る者より、胸にぐっとくるのである。

 不二聖心にも、その営みにいじらしさを感じる生き物がたくさんいます。
今日はその中からダイミョウセセリの幼虫を紹介します。

 今の季節、野外で植物を観察していると、下の写真のように一部分がめくれている葉をよく見かけます。
ぜひ一度、その葉をそっと裏返してみてください。


 するとそこには一匹の小さな虫が隠れています。7月23日の「フィールド日記」で紹介した
ダイミョウセセリの幼虫です。こんな小さな体で既に自分の身を隠すすべを体得しているのです。
この小さな命が無言で語りかけるものも決して少なくないように感じます。
 

2011.08.05

ヒグラシ

平成23年8月5日 金曜日

 今日も不二聖心はいいお天気でした。
学校にも何人かの生徒が登校し、卒業研究などに励んでいました。

 朝、校舎の壁にヒグラシがとまっているのを目にしました。
数年前に、ヒグラシの鳴きはじめる時間を毎日記録したことがあります。
時計が4時半を過ぎると必ずヒグラシが鳴きだすのに驚いたものでした。
そしてしばらくするとすべてのヒグラシが鳴くのをやめてしまいます。
このヒグラシも鳴き疲れてしばし休憩といったところだったのでしょう。

 詩人の清水哲男はヒグラシについて次のように書いています。

 法師蝉が昼のセンチメンタル派だとすれば、朝夕のそれは蜩(ひぐらし)である。私の故郷の山 口県では
「かなかな」と呼んでいた。詩人の川崎洋さんによれば「ひぐれおしみ」という地方もあるそうで、
ネーミングの素敵さからいえば、この「ひぐれおし み」が最良だろう。ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)は、蝉の鳴き声のなかで蜩がいちばん美しいといった。

2011.08.05

ハチのユニークな行動・アオオビハエトリ

平成23年8月4日 木曜日

今日の不二聖心は快晴でした。雑木林にも気持ちの良い風が吹いていました。

 ユニークな生態のハチを見つけました。ススキの葉の間の狭い空間に身を潜める習性のあるハチです。
約1年前にも同じ場所で同じ姿を見ました。

 アオオビハエトリのメスを見つけました。アリを食べるクモです。アリの行列を前にして万歳をしていました。不二聖心初記録です。

2011.08.03

ヒルガオ

平成23年8月3日 水曜日

 牧草地にたくさんのヒルガオが咲く季節となりました。花びらの上の黒い点はアリです。
牧草地にヒルガオが多いのは受粉昆虫の多さにもよるのでしょう。
ヒルガオについては、稲垣栄洋の『身近な雑草の愉快な生き方』という本に次のような興味深い記述があります。

 ヒルガオは古くから日本に自生していた。『万葉集』では容花(かおばな)の名前で登場する。
「容」とは美しいという意味である。万葉時代の人々は、ヒルガオの美しい桃色を愛でていたのだろう。
しかし、間もなくライバルがあらわれた。遣唐使が大陸からヒルガオによく似たアサガオを持ち帰ったのである。やがて、江戸時代には一大ブームを巻き起こ すまでに、アサガオの人気は急上昇した。
こうしてアサガオに対して容花は昼限定のヒルガオと呼ばれるようになってしまったのである。

2011.08.03

エンマコオロギ

平成23年8月2日 火曜日

 8月に入り、鳴く虫の季節が待たれる頃となりました。
不二聖心に生息するバッタ目の虫の中で最もよく声が聞かれるのはエンマコオロギです。写真のコオロギは
エンマコオロギのオスです。今の時期はまだ羽が生 えておらず、白い帯のようなものがあります。
この白い帯が消えるとき、牧草地はエンマコオロギの美しい声に満ちることでしょう。
 

2011.08.01

コオニユリ

平成23年8月1日 月曜日

 今日は夏休み11日目です。いよいよ8月に入りました。
不二聖心の自然もますます多様な姿を見せてくれることでしょう。

 久しぶりの快晴となり、すすき野原には気持ちのよい風が吹いていました。
 

 すすき野原には、希少種のコオニユリがたくさん咲いていました。
コオニユリについては、田中肇氏が『花と昆虫がつくる自然』(保育社)の中で次のような文章を書いています。

 コオニユリが存在するためには、送粉者のキアゲハを育てるセリ科植物がなくてはならない。
そのセリ科植物の受粉にはハナアブやハエ類が必要である。
それらの双翅目の昆虫はクマやキツネの糞から発生する。
このように、自然は一つのセットとなって存在しなければ、本来の姿を保つことができないのである。
 

Calendar

«8月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

Feed


 

2017.10.04.更新

2017.10.18更新

2017.10.18.更新

2017.10.18更新

2017.10.09.更新

 
関連リンク