フィールド日記

2011.09.30

メリケンカルカヤとツノトンボの幼虫・アザミとイチモンジセセリ

平成23年9月30日 金曜日

 9月24日に紹介した、メリケンカルカヤの茎に付いていたツノトンボの卵が孵化しました。
ツノトンボは宮城県で絶滅危惧Ⅰ類、千葉県で絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
今回はさらにもう一か所、別のメリケンカルカヤの茎でも孵化を確認しましたので、メリケンカルカヤの
産卵場所提供による希少種保護への貢献度もいっそう 高く評価しなくてはならなくなりました。
要注意外来生物と絶滅危惧種との関わりは、自然を見つめる私たちに複眼的思考を求めています。

 ここのところアザミにとまるイチモンジセセリの姿が毎日見られています。不二聖心の野は
開花を待つアザミの蕾にあふれています。そのことを思うだけでも心が豊かになるのを感じます。

 

      今日のことば

あなたは世の中をどうにもできません
あなたは自分の家族さえ変えられません
あなたが変えられるのはあなた自身だけです

                    葉祥明

2011.09.29

ホタルガ・シソの花・ヤママユガ

平成23年9月29日 木曜日

 昨日は天皇陛下が稲刈りをされたという記事を読みました。今朝は家のドアをあけてすぐに藁を焼く
煙の匂いを感じました。貴重な秋の風物詩です。
学校に来たら空をホタルガが舞っていました。6月25日にもホタルガを紹介しましたが、
その世代が産んだ卵が今月になって成虫になったようです。このようにしてホタルガは年に2回、発生します。

 気付いたらシソがたくさんの花を咲かせていました。そこにオオハナアブやキンケハラナガツチバチが集まり、
シソの花の周りは朝からたいへんにぎやかでした。目立たない花ではありますが、
実に多くの生物の命を養っています。

 夜、職員室で仕事をしていたらヤママユガが飛来してきました。ヘルマン・ヘッセの「少年の日の思い出」で、
主人公の「ぼく」がエーミールから盗んでしまうのは、このヤママユガの仲間の蛾です。

           今日のことば

学ぶとは心に誠実を刻むこと。教えるとはともに希望を語ること。

                         ルイ・アラゴン

2011.09.29

秋の雲・ヒガンバナ

平成23年9月28日 水曜日

 空を彩る雲の様子にも秋が感じられるようになってきました。

 築山の近くの彼岸花の写真を撮りました。図書館の花壇の白い彼岸花が咲き始めた頃にはまだ全く姿を
見せていなかった花です。今もまだ蕾が残っています。白と赤で開花の時期に差があるのか、
来年も引き続き開花の時期に注目していきたいと思っています。

                      今日のことば

神秘的生活の不思議の一つはこうである。人はけっして彼自身の最奥に入り、その中心を通りぬけて神へと
到達することはできない。彼が完全に自分自身からぬけ出て、みずからを空しくし、
無私の愛の純粋さのうちにみずからを他の人々に与えることができないかぎり。

                                     トマス・マートン

2011.09.27

富士山の初冠雪・アシダカグモ

平成23年9月27日 火曜日

富士山の初冠雪は9月24日でしたが、今朝の富士山を見ても雪が降った様子がよくわかりました。

 中学3年生の生徒が図書館に大きなクモが出たと教えてくれました。
確認してみたところアシダ カグモでした。
アシダカグモはさまざまな害虫を食べるので、益虫としてとらえることのできるクモです。
アシダカグモの子どもは体から糸を出して上手に風に 乗り遠くまで自分の体を飛ばすことで知られています。
いわゆる飛行蜘蛛と呼ばれるものですが、この飛行蜘蛛の話を実に印象的に使っているのが、
宮本輝の 『約束の冬』という小説です。

 

    今日のことば

私達の魂の故郷は静寂の国である。
魂の孕むすべての美しいものは、
この寂しさから生れ出て来るのだ。

                薄田泣菫

2011.09.26

ベッコウシリアゲ

平成23年9月26日 月曜日

今朝、ベッコウシリアゲの写真を撮りました。ベッコウシリアゲは、5月8日のフィールド日記で紹介した
ヤマトシリアゲムシとは別種であると考えられてき ましたが、最近では、ヤマトシリアゲムシの夏型であると
考えられるようになりました。昨日のキタテハと同じように季節によって姿を変えているということです。
シリアゲムシは、完全変態をする昆虫の中では最も原始的な種類で2億数千万年前から地球上に存在していたと
言われています。もしベッコウシリアゲをヤ マトシリアゲムシの季節型とするならば、四季の存在を前提として
季節型の発生を考える必要があります。いったいいつ頃からベッコウシリアゲが存在するようになったのか、
興味のあるところです。

 

    今日のことば

Honesty is such a lonely word
Everyone is so untrue
Honesty is hardly ever heard
And mostly what I need from you

               Billy Joel

2011.09.25

キタテハ(秋型)

平成23年9月25日 日曜日

 昨日は富士山の初冠雪が確認されました。今日は、朝7時04分発の御殿場線に乗ったら暖房が入っていて
驚きました。季節の変化のあまりの速さに体がついていけていないように感じます。
しかし、自然界の生き物は季節の変化にしっかり対応しているようです。秋らしい気候になって秋の生物が
次々に活発な動きを見せ始めました。昨日はキタテ ハの秋型をこの秋はじめて観察しました。地色が濃くなり
翅の外縁の切れこみが鋭くとがるのが秋型の特徴です。季節によって、色だけでなく形まで変えてしまう
キタテハを見るたびに自然の不思議を感じます。

 今日のことば

あなたは教えてくれた
小さな物語でも
自分の人生の中では
誰もがみな主人公

        さだまさし

 

2011.09.24

アゲハチョウの幼虫・ツノトンボの卵・シロスジメイガ

平成23年9月24日 土曜日

 さわやかな秋晴れの一日となりました。
台風の影響がまだあちこちに残っていますが、一つうれしいことがありました。校舎の裏のミカン科の木にいた
アゲハチョウの幼虫が生き残っていたのです。 9月19日のフィールド日記で紹介した2匹のうち、
残念ながら大きい方の幼虫の姿は見当たらず嵐を乗り越えられなかったようですが、
小さい方はしっかり生存を続け、今日も元気に採食する姿が見られました。

 

 驚いたのはツノトンボ卵を発見したことです。台風15号が通過した時、産卵が終っていたのかどうか
定かではありませんが、いずれにしても、成虫か卵が台風を乗り越えたということになります。
産卵場所を提供しているのはメリケンカルカヤという要注 意外来生物で日本の自然の生態系に
大きな影響を与えており、不二の自然も一部でメリケンカルカヤの多大な影響を受けています。
しかし、ツノトンボのような希少種に産卵場所を提供していることを考えると悪者扱いばかりもしていられない
のかと少し考えてしまいます。

ツノトンボの卵の近くでシロスジメイガに出会いました。こちらは普通種ですが、
よく見るとなかなか美しい姿をしています。


  今日のことば

私は不思議でたまらない、
黒い雲からふる雨が、
銀にひかつてゐることが。

私は不思議でたまらない、
青い桑の葉食べてゐる、
蚕が白くなることが。

私は不思議でたまらない、
だれもいぢらぬ夕顔が、
ひとりでぱらりと開くのが。

私は不思議でたまらない、
誰にきいても笑つてて、
あたりまへだ、といふことが。

             金子みすゞ

2011.09.24

ノダケ・アオドウガネ

平成23年9月23日 金曜日

 今日は、上着を着ていても暑くないほど気温が下がりました。昨日までの暑さがうそのようです。
18時以降に職員室で仕事をしていたらマツムシの声が聞こえてきました。だんだん鳴き声は大きくなり、
やがて絶え間なく聞こえるようになりました。絶滅危惧種の声を思う存分味わうことのできる贅沢な時間です。

ノダケが咲き始めました。古くから薬草として利用されてきた植物で、根を煎じて飲むと解熱、発汗、鎮咳の
効能があると言われています。

昨日、ハナムグリがいたところに今日はアオドウガネがたくさん来ていました。10個体近くを確認できました。

 今日のことば

ゆっくり生きよう
自分を取り戻すために
ゆっくり生きよう
心の声を聞くために

    ドロシー・ロー・ノルト

2011.09.23

アミガサハゴロモ・ハナムグリ

平成23年9月22日 木曜日

 台風15号が去り、これで少し残暑もやわらぐということです。
生き物の世界はこの一日でだいぶ様変わりしたように感じます。
今朝、台風の影響を確認しながら裏道の様子を見てみたところ、クズの葉の上にたくさんのアミガサハゴロモが
いました。本来カシ類につくアミガサハゴロモがクズの葉の上にたくさんいるというのは、
初めて見る光景でしたが、台風と何か関係があるかもしれません。

 東名高速沿いの道に生えるイタドリの花にたくさんのハナムグリが来ていました。
裏の駐車場の 近くの道ではコアオハナムグリがたくさん見られます。この違いは、環境の高低差によるのか、
植生の違いによるのか、あるいは全く他の要因があるのか、生き 物についての疑問はつきることがありません。

 

今日のことば

人間の自由とは、諸条件からの自由ではなくて、それら諸条件に対して自分のあり方を決める自由である。

ヴィクトール・E・フランクル

2011.09.21

月下美人・コアオハナムグリ・オオハナアブ・『不二の自然3』

平成23年9月21日 水曜日

台風15号の影響で学校は休校となりました。
今日は、最近、撮影された写真から不二の自然を紹介します。

まず9月15日に司書の袴田あゆみ先生によって撮影された月下美人です。
21時過ぎに撮影されたもので、花はかなり満開に近づいています。図書館の花壇の近くで咲いていました。

 次は、ヒヨドリバナに来たコアオハナムグリの写真です。9月19日に雑木林の横の道で撮影しました。
よく見ると体の表面にたくさんの毛が生えています。
この毛に花粉が付くことでヒヨドリバナの受粉を助けています。

 ヒヨドリバナには他にもたくさんの虫がやってきます。下の写真はオオハナアブです。
ハチに擬態していますが、顔つきはどう見ても双翅目(ハエ目)です。

 不二聖心女子学院の自然を30枚の写真と文章で紹介した小冊子『不二の自然3』が完成しました。
9月23日(金)に小中学生とその保護者を対象とした学校説明会が行われますが、
そこにいらした方には、この冊子をさしあげます。

   今日のことば

優か劣か、
自分はいわゆるできる子なのか
いわゆるできない子なのか、
そんなことを
教師も子どもも
しばし忘れて、
学びひたり
教えひたっている、
そんな世界を
見つめてきた。


教師も子どもも
学びひたり
教えひたっている
それは優劣のかなた。
ほんとうに持っているもの
授かっているものを出し切って、
打ち込んで学びひたり
教えひたっている
優劣を論じあい
気にしあう世界ではない。


成績をつけなければ、
合格者をきめなければ、
それはそうなのだ。
今の日本では
教師も子どもも
力のかぎりやっていないのだ
やらせていないのだ。
優劣のなかで
あえいでいる。


学びひたり
教えひたろう
優劣のかなたで。

           大村はま

2011.09.20

ツルボ・キバナコスモス・クロハナアブ

平成23年9月20日 火曜日

 9月に不二聖心で見られる花の中から2種紹介します。
まずはツルボです。球根を水にさらして食べることができ、救荒植物としても知られています。

 次はキバナコスモスです。ありふれた花ですが、訪花する昆虫はなかなか珍しいものが多いです。
昨日はクロハナアブが来ていました。

 

       今日のことば

神よ、私をあなたの平和の道具としてお使い下さい。
憎しみのある所に愛を、分裂のある所に一致を
もたらす者としてください。
理解されるよりは理解することを、
愛されるよりは愛することを、
私が求めますように。

             アシジの聖フランシスコ  

2011.09.19

アブラゼミ・クコの花・アゲハチョウの幼虫

平成23年9月19日 月曜日

今日も暑い一日でした。中学校校舎の壁にはアブラゼミがとまっていました。
この時期までアブラゼミが見られるのは珍しいような気がします。

 駐車場の奥にクコの花がたくさん咲いています。今日だけでも3種のハチが訪花しているのを確認しました。
たくさんの命を養いつつ、受粉の手助けをしてもらっているのだろうと思います。

 アゲハチョウの幼虫をもう一匹見つけました。すでに観察を続けてきた幼虫とは体の大きさが全く違います。

 青空に浮かぶ雲は夏を思わせる雲でした。今夜から台風の影響で雨が降りだすようです。
この雨で残暑が終わるとしたら、夏らしい青空と白い雲が見られるのも今日が最後かもしれません。

 

 今日のことば

祈りを唱える人でなく、
祈りの人になりなさい。

     マザー・テレサ

2011.09.18

ナカグロクチバ・カネタタキ

平成23年9月18日 日曜日

 今日はナカグロクチバの写真を撮ることができました。もともと南方系の蛾で、九州地方でよく見られて
いましたが、温暖化により急速に生息域を北に広げています。昨年は9月21日に撮影しました。
どうやら不二聖心にも完全に定着したようです。

 カネタタキのメスを見つけました。オスは昼も夜もチンチンチンとやさしい声で鳴いています。

 今日のことば

ものを欲しいとおもわなければ
こんなにもおだやかなこころになれるのか
うつろのように考えておったのに
このきもちをすこし味わってみると
ここから歩きだしてこそたしかだとおもわれる
なんとなく心のそこからはりあいのあるきもちである

                   八木重吉

2011.09.17

キマダラセセリ

平成23年9月17日 土曜日

 9月に入ってキマダラセセリの姿をよく見るようになったと感じます。翅の黄色と茶色のコントラストが
美しいセセリチョウです。6月から10月ぐらいまで目にすることができますが、9月に見られる新鮮な個体は、
第3化、つまり今シーズンの3世代目の可能性があります。  

 今日のことば

コノ本ハ深イケレド、コチラノ本ハ深クナイ。アサイ、デス。私が少女時代のすべてを過ごした学校の
西洋人の修道女たちは、そういうふうに、いっていた。深イ、は賞讃のことばで、浅イ、はペケだった。
深イカンガエヲモツ人ニナッテクダサイ。ことあるごとに、彼女たちはそうくりかえした。

                                        須賀敦子

2011.09.16

コウモリガ・アゲハチョウの幼虫

平成23年9月16日 金曜日

 下の写真は9月9日に写したものです。ススキの葉にぶら下がる蛾の写真ですが、コウモリガであることが
わかりました。なんともユニークなとまり方をしていますが、よくよく見てみるとはっとするほど羽の色合いと模様の美しい蛾です。不二聖心初記録です。

 校舎の裏のアゲハチョウの幼虫がだんだん大きくなってきました。

 
今日のことば

私が理想を持ち続けているのは、人間の性は結局、善であることをいつまでも信じているからです。
わたしは世界が荒廃しているのを見、わたしたちさえ も破滅させるかも知れない嵐の近づいている音を聞きます。
わたしは数百万の人々の苦しみを身に感じることができます。しかしそれでも尚かつ、天を仰ぐとき、
すべてはまた正常に帰り、この残虐も終わり、平和と静けさが再び世界を訪れるだろうと思います。

                             アンネ・フランク

2011.09.15

月下美人

平成23年9月15日 木曜日 

 修道院の道の脇で月下美人が咲きました。
上の写真は17時過ぎの花の様子で、下の写真は20時過ぎの写真です。今頃花は満開に近づいていることでしょう。
もともとコウモリが受粉の媒介者となっていた花ですから、蝙蝠の活動時間に合わせて花を咲かせているものと
思われます。他に類を見ない神秘的な美しさでした。

           今日のことば

読書は、人生の全てが、決して単純でないことを教えてくれました。
私たちは、複雑さに耐えて生きていかなければならないということ。
人と人との関係においても。国と国との関係においても。
                      
                       皇后美智子さま

2011.09.15

アミメアリの行列・白いヒガンバナ

平成23年9月14日 水曜日

 登校してきた中学1年生が、10メートル近くに及ぶアミメアリの行列を見つけて報告してくれました。
これほどの行列がどのようにしてできるのか、不思議でたまりません。

 白いヒガンバナが図書館の花壇とコンテナの裏に咲いています。なぜかこのあたりは皆、赤ではなく
白いヒガンバナです。先日、『しずおか歌枕紀行』(田中章義)という本を読んでいて、
「『秋だね』とつぶやく亡母(はは)のいるごとしバス待つふる里 曼珠沙華咲く」(相原明子 旧大仁町)
というヒガンバナの歌に出会いました。

 今日のことば

人と人とのあいだを
美しくみよう
わたしと人とのあいだをうつくしくみよう
つかれてはならない
                     八木重吉

2011.09.14

ホソヒラタアブとクズの花

平成23年9月13日 火曜日

 ホソヒラタアブがクズの花目指して飛んでくる瞬間の写真を撮りました。マメ科の花の多くは蝶形花と呼ばれ、受粉を助けてくれる虫を招くために、入り口に虫がとまれる場所をきちんと用意しています。

 今日のことば

主客、相対、対抗、二元をこえた不二のところ、絶対的な一を求めねばならない。

                                  中野孝次

2011.09.12

宮古市への支援物資梱包・オナガササキリ・トリノフンダマシ

平成23年9月12日 月曜日

今朝は、さわやかな秋空の下に、たなびく雲と美しい富士山の姿が見られました。

 放課後、温情の会委員会のメンバーが宮古市への支援物資を梱包しました。物資は明日、発送され、
カトリック宮古教会を通じて週末のふれあいバザーで活用されます。

 不二聖心のバッタ目(直翅目)の生物相はまだまだよくわかっていません。
今朝は、オナガササキリの写真を撮りました。長い産卵管が大きな特徴となっています。不二聖心初記録です。

 日本のいくつかの県で絶滅危惧種に指定されているシロオビトリノフンダマシを不二聖心では頻繁に見かける
ことができるのですが、トリノフンダマシについては、これまで一度も目撃することができていませんでした。
それが今朝、偶然目にすることがで きました。いったいどれだけの時間を経て、
鳥の糞とよく似た姿に変わっていったのでしょうか。進化の不思議を感じます。これも不二聖心初記録です。

 今日のことば

強くなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない。
                     レイモンド・チャンドラー

2011.09.11

ワレモコウ・アゲハチョウの幼虫

平成23年9月11日 日曜日

 吾亦紅が雑木林の脇の道に咲いていました。この花を見ると若山牧水の「吾木香すすきかるかや
秋くさのさびしききはみ君におくらむ」という名歌を思 い出します。ちなみに、若山牧水は静岡と
縁の深い歌人で、裾野の地にもたびたび足を運んでいます。
全集には温情舎を訪れた時のことを記した随筆も入りっています。

 校舎の裏でアゲハチョウの幼虫を見つけました。若齢幼虫は、鳥の糞に擬態しています。

 今日のことば

人間はひとくきの葦にすぎない。
自然のなかで最も弱いものである。
だが、それは考える葦である。
              パスカル

2011.09.10

ナンバンギセル

平成23年9月10日 土曜日

 今年もまたナンバンギセルが咲き始めました。ナンバンギセルはススキに寄生する植物として知られています。
万葉人は、この花の姿が物思いにふける 人間の姿を思わせるところから、この花を「思ひ草」と呼びました。
日本の各地で絶滅危惧種に指定されていますが、不二聖心ではたくさんのナンバンギセルを 見ることができます。
今年はススキ以外の植物に寄生するナンバンギセルも発見されています。
掘ってみたら思わぬ発見があるかもしれません。

 

                                                       今日のことば

地球の美しさと神秘を感じとれる人は、科学者であろうとなかろうと、人生に飽きて疲れたり、
孤独にさいなまれたりすることはけっしてないでしょう。たとえ生活のなかで苦しみや心配ごとに
であったとしても、かならずや、内面的な満足感と、生きてい ることへの新たなよろこびへ通ずる
小道を見つけだすことができると信じます。
                                                                   レイチェル・カーソン

2011.09.10

ナガコガネグモ・カンタン

平成23年9月9日 金曜日

 祈りの会が終わり、それぞれの実りを手に生徒たちは帰宅しました。
今日は残暑厳しい一日となり、各地で三十度を超えたようです。相変わらず蝉も声もにぎにぎしく、
夕方にはヒクラシも鳴いていました。
雑木林の横の道にはナガコガネグモが網を張り、その網にバッタがかかっていました。
ナガコガネグモは夏の終わりに成熟するクモですから、下の写真にも季節を感じることができます。

 不二聖心で初めてカンタンの姿を見かけました。カンタンについては、『秋に鳴く虫』(小林正明)の中に
次のような一節があります。 

 カンタンは古くから人々に親しまれてきた秋の虫だ。東京では毎年高尾山などでカンタンの声を聞く会が
開かれているほどである。人気の秘密は、秋の野原にどこからともなく響く幽玄で神秘的な声の美しさであろう。

 今日のことば

あなたが虚しく過ごした今日という日は、

きのう死んでいったものが、あれほど生きたいと願ったあした

趙昌仁

2011.09.09

クツワムシ

平成23年9月8日 木曜日

 昨日の夜、職員室で仕事をしていたら、クツワムシの声が聞こえてきました。今年はじめて聞く
クツワムシの声です。帰りには、車の窓を開けて正門ま で車を走らせたところ、マツムシ、ウマオイ、
エンマコオロギの声も聞くことができました。中でもクツワムシの声は生命力にあふれ、
場所によっては茶畑全体 がクツワムシの声に覆われているような感じでした。
クツワムシについては、「不二の自然70」でも紹介しました。以下に転載します。

不二の自然 70

(駐車場で撮影)
クツワムシ
科名 バッタ目キリギリス科
学名 Mecopoda nipponensis

 ラフカディオ・ハーンは、「虫の音楽家」というエッセイの中で、明治時代にはたくさんの秋の鳴く虫が
商品として売られていたという事実を紹介しています。彼が示した価格の一覧を見ると、クツワムシは
10銭~15銭の値がつけられていて、松虫や鈴 虫などを含む12種類の中で最も高価であったことがわかります。
和泉式部の歌にも登場するほど日本人との関わりの長いクツワムシですが、
今では5つの県で滅危惧種に指定され、希少種となってしまいました。  (平成22年9月27日)

 今日のことば

さまざまな人生の岐路に立った時、
人の言葉にではなく、
いつか見た風景に励まされたりすることがきっとある。
                    星野道夫

2011.09.07

ゼフィランサス

平成23年9月7日 水曜日

 事務室の入口の近くでゼフィランサスが純白の美しい花を咲かせています。別名レインリリーとも言いますが、これは雨のあとで一斉に花を咲かせるところから生まれた名前です。そういえば、台風が去ったあと、
ゼフィランサスの美しさがいっそう増したように思います。

 

     今日のことば

みんなむかしからきやうだいなのだから
けつしてひとりをいのつてはいけない
              宮沢賢治

2011.09.06

コハクオナジマイマイ

平成23年9月6日 火曜日

 すすき野原で繁殖しているカタツムリの名前がわかりました。コハクオナジマイマイでした。
このカタツムリについて、国立科学博物館発行の「科博メールマガジン」(2009.11.12)に、
動物研究部の長谷川和範さんの興味深い文章が出ています。

今年の秋の初め頃、つくば市にある自宅の庭で見慣れないカタツムリを見つけました。今や秋葉原から
快速電車45分で結ばれるつくば市も、駅から15分も 歩くと、まだヒタチマイマイ、ニッポンマイマイなど
在来のカタツムリが這い回る自然が残されています。我が家の庭にもそれらを含め5~6種が見られるのですが、今回目に留まったのは、2cmほどの小型の種類で、殻がとても薄く、特徴的な黄色い内臓(中腸腺)が
透けて見えることから、すぐにコハクオナジマイマイであることがわかりました。これは日本固有の種類で、
元来山口県や四国以西にのみ分布していたのですが、1990年代に突然千葉県と神奈川県で相次いで見つかって
以来、関東でも少しずつ分布を広げています。茨城県ではまだ確実な記録はないようで、
これが恐らく現時点の北(東)限となります。人為的な拡 散とは思いますが、温暖化も影響している
のかもしれません。いずれにしても今後の分布の動向が気になります。皆さんも周りにいるかもしれない、
小型で薄くて「黄色い」カタツムリにご注意ください。

私たちの気づかぬところで静かに自然が変わりつつあることを今回も感じました。
そのわずかな変化に気づくために私たちは「知る」努力をしていかなければなりません。
今日も不二聖心ではたくさんのコハクオナジマイマイを見かけました。
その数はますます増えていくことでしょう。

今日のことば

Time is , out of which
Eternity is made.
聖心女子大学 初代学長 マザー・エリザベス・ブリット

2011.09.05

マダラホウライタケ

平成23年9月5日 月曜日

 今日も静岡県全域に大雨警報が出続け、授業をすることができませんでした。
一日職員室にいましたが、夕方になって秋の虫の声が戻ってきました。特によく聞こえたのがウマオイの声です。
明日こそは晴れてほしいと願わずにいられません。

 下の写真は、8月30日に撮ったものですが、専門家の助けを借りてようやく名前がわかりました。
マダラホウライタケで、2002年に発表されたキ ノコです。あの大部な山渓カラー名鑑『日本のきのこ』にも
名前が載っていません。見られるチャンスも少ないようです。そういう意味では貴重な写真と
言えるかもしれません。不二聖心に生息するキノコの数がまた一つ増えたことをうれしく思います。

 

 今日のことば

生きるべき「何故」を知っている者は、ほとんどすべての「いかに」に耐える。
                        ニーチェ

2011.09.04

ハナオチバタケ・オオフタオビドロバチ

平成23年9月4日 日曜日

 雨が降るとキノコの数が増えます。大雨警報発令中に不二聖心でもたくさんのハナオチバタケが姿を
見せていました。針金状の柄と薄い紙質の傘のハナオチバタケには、このキノコにしかない独特の魅力が
あります。

 大雨警報発令中にもオオフタオビドロバチはせっせと泥を運び、巣作りの仕事に励んでいました。

 

今日のことば

できていないのに、「わかっている」と言い続ける人には、進歩がない。
「知っている」ことと「できる」ことは、全く違うことだ。
そのあいだには深い川が流れている。
                       齋藤孝

2011.09.03

カラスウリ

平成23年9月3日 土曜日

 台風12号が猛威をふるった一日となりました。上陸してからも10キロ未満で進む台風というのは極めて
珍しい例です。速度の遅さが際立った台風として12号は長く記憶されることになるでしょう。
下の写真は、雨つゆに濡れるカラスウリの実の写真です。東名高速沿いの道で撮影しました。
まだ緑色をしていて周囲の色に溶け込んでいます。
中の種が熟し ていないので今から鳥などに突かれてしまっては完熟した種を下に落とすことができなくなります。
もう突かれていい時期になると実は赤く熟していきます。目 立たないことにも大きな意味があるのです。

       今日のことば

自然の中で暮らしていると、鳥が起してくれる。
雲よりも風のざわめきのほうが、より正確に雨を告げる。
自然の声を聴くがよい。
人間の作ったものは、あやまりだらけだ。
                  ムルアカ・ジョン

2011.09.02

クズの花びら・ベニバナボロギク

平成23年9月2日 金曜日

 台風の影響で今日は休校となりました。せっかく咲き始めたクズの花も、降り続く雨でだいぶ散って
しまいました。クズの茂っているところだけ、路面が紫になっています。

 富士山南東には大雨警報が出続けたものの、裾野市だけは比較的風雨の強まりが遅く、
朝はミンミンゼミが力強く鳴いていました。
下の写真は、雨に濡れて立つベニバナボロギグです。南アフリカ原産ですが、早い時期に東南アジア各地に
広がり、南方に出兵した兵士は、ベニバナボロギク を「南洋春菊」と呼んで食用にしていたと言われます。
食糧不足の中で生きのびるためにベニバナボロギクを口にした兵士もいたことでしょう。ベニバナボロギクを
帰化植物として嫌うだけでなく、日本人とこの花との関わりの歴史にも思いを馳せたいものです。

今日のことば

人生にはただ一つの義務しかない。それは愛することを学ぶことだ。
人生にはただ一つの幸せしかない。それは愛することを知ることだ。
                       ティヤール・ド・シャルダン

2011.09.01

朴の実

平成23年9月1日 木曜日

 台風12号の影響で午後の授業は行わずに生徒は帰宅しました。明日には上陸の恐れもあるようです。
今日は、まだ黒く変色する前の朴の実を見つけました。朴の花は雌しべが一日しか開きません。
結実のチャンスはその日しかないのです。受粉昆虫の助けを借 りるためには雨の日を避けて雌しべを開く必要がでてきます。
初夏のさわやかな一日に何の虫かが他の花から花粉を運んできて受粉の手伝いをしてくれたので しょう。
雌しべが閉じると次は雄しべが開きます。これは同花受粉を防ぐための工夫だと言われています。

今日のことば

どんな命も、もろさとともにある。だから大切に育てたい。
人との出会い、交わしあう言葉。
日々の小さな出来事の中に、大きな未来が含まれている。
                     アレックス・ロビラ

Calendar

«9月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Feed


 

2017.10.04.更新

2017.10.18更新

2017.10.18.更新

2017.10.18更新

2017.10.09.更新

 
関連リンク