フィールド日記

2011.12.31

アリジゴク

2011.12.31 Sunday

第二牧草地から見た大晦日の空です。

 多くの生き物が活動をやめて越冬に入り、アリの姿もほとんど見かけなくなったこの時期に特別第3教室の下でアリジゴクの巣を見つけて驚きました。 巣の中にはちゃんとアリジゴクが住んでいました。
一度巣を壊して平らにしその後の様子を観察したところ、アリジゴクはきちんと巣を作りなおしました。
この時期もアリジゴクが活動している証です。しかし蟻などの小動物が活動していない時期になぜアリジゴクは巣をつくるのでしょうか。
今日は森の奥でもたくさんのアリジゴクの巣を見つけました。この時期の巣は決して珍しいものではないようです。

 

 アリジゴクがウスバカゲロウの幼虫であることは日本ではよく知られていて、日本人は長い間この虫に親しんできました。井伏鱒二の「蟻地獄」という詩からもそのことがよくわかります。

蟻地獄  井伏鱒二

小学校へあがる前のことーー
お寺の回廊の下が涼しかつた
そこの地面に二つ三つ蟻地獄の穴があつた
その穴のわきに身を伏せて
その穴にそつと頬を近づけて囁くのだ
「こんこん出やれ、鬼出やれ
こんこん出やれ、鬼出やれ」
さう囁きながら
穴のわきを静かに静かに手のひらで叩く
これは一人遊びの遊戯である

それを私はお寺の小僧から教はつた
「こんこん出やれ、鬼出やれ」
繰返し囁き繰返し叩いてゐると
穴の底から蟻地獄が顔を覗かすのだ
兜の鍬型のやうな頑丈な顎を出し
「おい、いたづらは止せ」と云ひたげにすぐ隠れる
それを見て子供一人で遊ぶ遊戯であつた

                     今日のことば

「頭のいい人」というのは「心のやさしい人」です。「成績のいい人は心の冷たい人だ」というのは嘘です。
一生懸命勉強する人は物の奥行きが見える ようになるので、心やさしい人になるのです。
本当に勉強する人は奥行きを学ぶのです。そういう人は思いやり深い人間になるのです。                                                      西経一

2011.12.29

テイカカズラ

2011.12.29 Thursday

 第2牧草地に向かう道の途中でテイカカズラの種を見つけました。種の上についている綿毛のおかげで遠くまで飛んでいくことができます。この工夫は 見事に成功しているようで、不二聖心ではいろいろなところでテイカカズラの種が落ちているのを見かけます。
見つけたら手にとって宙に投げてみてください。 ゆっくりと落下する様子を観察することがでるでしょう。

          今日のことば

わたしが生きているのはむだにはならないでしょう
もしだれかの心がひとつでも裂けるのをふせいであげられたら
ひとつでも生命の痛みを軽くしてあげられるなら
あるいは苦痛をしずめられるなら

あるいは一羽の弱ったこまどりを助けて
もういちど巣にもどしてあげられるなら
わたしが生きているのはむだにはならないでしょう
                                     エミリー・ディキンソン

If I can stop one heart from breaking
I shall not live in vain
If I can ease one life the aching
Or cool one pain

Or help one fainting Robin
Into his nest again
I shall not live in vain.
              Emily Dickinson

2011.12.28

ビロウドサシガメ

2011.12.28 Wednesday

 すすき野原でビロウドサシガメに出会いました。ビロウドのような藍色の光沢を帯びた頭部と胸部が印象的です。このサシガメは植物の根ぎわや落ち葉 の下で生活し、昆虫類や多足類などの小さな動物を捕食します。腹部の赤い色も鮮やかですが、落ち葉の下では藍色も赤色も誰の目にもふれることはありません。

     今日のことば

つまずいたりころんだりしたおかげで
物事を深く考えるようになりました

あやまちや失敗をくり返したおかげで
少しずつだが
人のやることを暖かい眼で
見られるようになりました

               相田みつを

2011.12.27

チャエダシャク

2011.12.27 Tuesday

葉を落とした木々の美しさが心にしみる季節となりました。

 12月22日に本館前で撮影したシャクガ科の蛾の画像を2人の専門家に見ていただき、チャエダシャクであることが判明しました。不二聖心初記録です。晩秋に活動する蛾です。
世界に35000種いると言われるシャクガの仲間の中でどの種であるのかを特定するのは至難の業です。
不二聖心だけでも驚くほどの数のシャクガが生息し ていることでしょう。シャクガの幼虫がいわゆるシャクトリムシです。Wikipediaにはシャクガの学名(Geometridae)についての次のような興味深い記述が載っています。

The name "Geometridae" ultimately derives from Latin geometra from Greek γεωμέτρης ("geometer, earth-measurer"). This refers to the means of locomotion of the larvae or caterpillars, which lack the prolegs of other Lepidopteran caterpillars in the middle portion of the body, with only two or three pairs at each end.

今日のことば

子どもを愛するだけでは足りない。愛を感じさせないといけない。
                 ドン・ジョバンニ・ボスコ

2011.12.26

牧草地の朝日 聖母子像 越冬するテントウムシ

2011.12.26 Monday

 今日もまた実に朝日の美しい朝でした。第二牧草地に向かう道の途中の聖母子像を覆うように三椏の木が枝を
広げています。三椏の蕾に隠れるようにしてテントウムシが越冬していました。

                        今日のことば

今日、あなたは空を見上げましたか。空は遠かったですか、近かったですか。雲はどんな形をしていましたか。
風はどんなにおいがしましたか。あなたにとって、いい一日とはどんな一日ですか。
「ありがとう」という言葉を、今日あなたは口にしましたか。
                                   長田弘

2011.12.25

イヌマキ

2011.12.25 Sunday

 イヌマキの実の写真を撮りました。一見赤い部分が実のように見えますが、これは実ではなく花床で、緑の部分が種子になります。赤と緑のクリスマスカラーが印象的な植物です。

 

             今日のことば

ことばで祈れなくとも、頭で祈れなくとも、生きることによって祈れる。
愛したいとねがって生きることそれ自体が立派な祈りなのだ。
                    ルネ・ヴォアイヨーム

2011.12.24

オサムシ

2011.12.24 Saturday

今日の牧草地では冬の空に美しい雲が数多く浮かんでいるのが見られました。

 オサムシの死骸を拾いました。オサムシは空を飛ぶことができず移動能力が低いため、種分化が起きやすいと言われています。このオサムシはアオオサ ムシかシズオカオサムシのいずれかです。
不二聖心内のオサムシ相の解明はまだまだこれからですが、詳しい調査がなされれば富士山山麓の自然史について重要な事実が見えてくるかもしれません。

    今日のことば

キリストが百度、千度生まるるとも、
汝の心に生まれざれば、
何の益かあらん。

2011.12.23

霜の花 ソシンロウバイ

2011.12.23 Friday

 ニュースではクリスマス寒波という言葉が盛んに使われています。今日も寒い朝でした。
すすき野原には霜の花が咲いていました。

 

 マリアガーデンのソシンロヴイの蕾がだいぶ膨らんできました。ソシンロウバイはロウバイ科ロウバイ属の
落葉低木です。ソシンロウバイはロウバイのように花の中心部が暗紫色にならず、花全体が黄色いのが特徴です。
ロウバイの香りが漂う新春の訪れが待ち遠しいです。

今日のことば

わたしはわたし。そのままを受け止めてくれるか、さもなければ放っといて。

I am what I am. Take it or leave me alone.
                      ロザリオ・モラレス

2011.12.22

絵かき虫

2011.12.22 Thursday

 フユイチゴは不二聖心の林内で最も数の多い植物の一つです。そのフユイチゴの葉に時々白い模様がはいっている場合があります。「絵かき虫」と呼ば れる潜孔性昆虫の仕業です。「絵かき虫」には実にさまざまな種類があり、これだけでも生物の多様性を実感することができます。
それにしても、この薄い葉の 中に潜れる虫がいるというのは自然の驚異です。

                      今日のことば

 挫折することのない人は信用できない。人は宿命として挫折によって「人間」を獲得する。
心をこめた仕事であれば苦しみがなくて完成しようか。愛することを知るものが悩みなくてありえようか。
よい事づくめの人は、心をこめていないか、より以上のものを求めていないか、
人を押しのけていることを自覚していないか、つめたく他を見下げているか、である。
大きな挫折をもった人ではじめて他の挫折を共感することができる。人間の最も深い感情がそこから発している。流されぬ日蓮はなく、十字架にかからぬキリストはありえないのだ。
                                    永瀬清子

2011.12.22

センリョウ

2011.12.21 Wednesday

 今日は、クリスマス・キャロルの日でした。生徒たちの努力が実った素晴らしいキャロルとなりました。
チャプレンの神父様から「これほどとは……。言葉になりません。」と言っていただいたことがとてもうれしかったです。
今年も残り僅かとなりました。クリスマスの本当の意味を考えながら残りの日々を過ごして新しい年を迎えたいものです。
下の写真は正門近くの森に生えるセンリョウの写真です。お正月の飾りとして使われるセンリョウをまもなく
あららこちらで見かけることになるでしょう。

今日のことば

寒星や神の算盤ただひそか   中村草田男

2011.12.20

牧草地の朝日 イチゴツツヒメハマキ

2011.12.20 Tuesday

 今日も美しい朝日を見ることができました。
2枚目の写真は葉巻状になったフユイチゴの葉の写真です。中にはイチゴツツヒメハマキという蛾の幼虫が
いました。一度葉を伸ばしてもしばらくすると幼虫は同じように葉巻状の住処をつくってしまいます。

 

今日のことば

地上の子の一番の幸せはなにか、すべてを失おうと自分が自分であるところのものを失わぬことだ。

                         ズライカ

2011.12.19

ブナの冬芽

2011.12.19 Monday

 朝日が昇る姿を牧草地で写真に撮りました。光は万物を照らし、光を受けた生き物はいっそう輝きを増します。
もう一枚の写真に写っているのは太陽の光を受けて輝くブナの冬芽です。

   今日のことば

終わりはいつもはじまりである
人生にあるのは
いつも今である
今だ
           杉山平一

2011.12.18

ヒメフンバエ Dung Fly

2011.12.18 Sunday

 ヤツデの花に来る双翅目の昆虫の中にヒメフンバエを見つけました。ヒメフンバエの幼虫は獣糞を食べて育ちます。このハエは不二聖心に生息するシカの糞を食べて育ったのかもしれません。

 I found a dung fly which is on the flower of the Japanese Aralia. The larva of a dung fly eats mammalian feces. The larva of this fly might have eaten feces of the deer in Fuji Sacred Heart.

                 今日のことば

ちがった視点でこの世界を見てみましょう。まず、こう問うのです。満ち足りた、豊かな、
そして健全な人生を送るために、ほんとうに必要なものは何なのか、と。
私たちは、自然から切り離された別個の存在ではありません。生物圏の一部であり、
その大いなる恵みによって生かされている存在なのです。
                        デヴィッド・スズキ

 Let's look at the world through different eyes. What do we really require to live full, rich, healthy lives? Rather than being separate or apart from the rest of nature, we are deeply embedded in and utterly dependent on the generosity of the biosphere.
                                 David Suzuki

2011.12.17

カナヘビ

2011.12.17 Saturday

 土の中で越冬している生き物の調査をしていたらカナヘビが出てきました。カナヘビがこのような姿で越冬していることを初めて知りました。このあとカナヘビをそっと土の中に返しておきました。
今眠りについている生き物たちの気配を感じることは不思議と心を豊かにします。

 

今日のことば

ほんとうにみんなの幸のためならば僕のからだなんか百ぺん灼いてもかまわない。
                『銀河鉄道の夜』より

2011.12.17

クヌギエダイガフシ

2011.12.16 Friday

 クヌギエダイガフシという虫こぶの写真です。クヌギエダイガタマバチが注入する化学物質のはたらきによって細胞が変化し、このような虫こぶができます。ハチが巣立ったあとの空き部屋にいつのまにかアリやクモが住みつくという面白い現象も不二聖心ではよく見られます。

今日のことば

あなた方の心が謙虚になった時、主はあなた方の心の中に新しいことを行われます。
                       聖マグダレナ・ソフィア

2011.12.15

ジャノヒゲ

2011.12.15 Thursday

 自然界には、人の眼にはふれにくい美しい花や実がたくさんあります。その一つにジャノヒゲの実を挙げることができます。ため息がでるほどに美しい実ですが、「蛇(ジャ)」の「髭(ヒゲ)」にたとえられる葉をよせないと実を見ることがなかなかできません。瑠璃色の輝きが人の目にふれずに失われていくのは何とも惜しい気がします。

 

今日のことば

私たちが吸う息のなかには、はるか大昔に生きた人びとが、
嘲笑や怒声や悲鳴や歓声や祈りとともに吐きだした息が入っている。
                         ハーロウ・シャプレー

2011.12.14

シマハナアブ

2011.12.14 Wednesday

 今日は貴重なものをいくつか目にすることができました。
一つは、飛行蜘蛛です。クモの子どもが自分で糸を出し、その糸に風を受けて飛んでいく飛行蜘蛛を生まれて
初めて目にすることができました。次はコゲラの つがいです。キツツキの仲間も不二聖心には何種か生息しています。ツマグロヒョウモンが飛んでいたのにも驚きました。
もともと静岡にはいなかったツマグロヒョウモンは温暖化の進行とともに生息域を北に広げたと言われています。
温暖化指標のチョウが12月の半ばに姿を見せていることに驚きました。
ヤツデの花の周辺は今日もたいへん賑やかでした。写真のアブはシマハナアブのオスとメスです。
模様が全く違いますが、同じ種です。

 

今日のことば

ハードルは高い方が意欲はそそられますね。それをなんとか飛び越えて家に帰った時の方が達成感はあるし、
心地いい疲労感が流れるから。だから意識して自分でハードルを上げたりもしますよ。
                              宮沢りえ

2011.12.13

不二農園の方々への感謝

2011.12.13 Tuesday

 夏の頃、人の姿が隠れてしまうほどにススキが青々と生い茂っていたのが嘘のような今朝のすすき野原の風景でした。これは不二農園の方々の草刈りの おかげによるものです。
今日も農園の関係者の方々が、汗をかきながら枯れたススキの葉をきれいに刈り取ってくださっていました。
この手入れによって不二聖 心のすすき野原は守られ、そこに生息する数多くの絶滅危惧種も絶滅から逃れる
ことができています。
生物多様性を脅かす要因の一つは、人間の手入れの不足であり、不二聖心の生物多様性は多くの方の誠実な
労働によって守られているのです。
刈り取られたすすきは、お茶畑の肥料になります。一見不要と見えるものが、実は 別の場所で有効利用されているわけで、この関係が維持されれば、いつまでもすすき野原は健康な状態を保つことができます。持続可能な社会づくりが21世紀最大のテーマだと考えれば、不二聖心の環境は未来のあるべき姿について も重要な示唆を与えてくれていると言えるでしょう。

 

 

今日のことば

人間の自由とは、諸条件からの自由ではなく、それら諸条件に対して、自分のあり方を決める自由である。
                         ヴィクター・フランクル

2011.12.12

コバネイナゴ・タンザワフキバッタ

2011.12.12 Monday

 月が富士山に沈んでいくのがはっきり観察できるほど朝から快晴の一日となりました。
生き物たちも日中は活発に活動しており、ヤツデの花では10種類以上の昆虫を観察することができました。
クロスズメバチも相変わらず元気に動き回っていました。
久しぶりにバッタの姿も目にしました。写真のバッタはコバネイナゴとタンザワフキバッタです。

  今日のことば

寒さにふるえた者ほど
太陽の暖かさを知る
人生の悩みを
くぐった者ほど
生命の尊さを知る
          ホイットマン

2011.12.12

イロハモミジ

2011.12.11 Sunday

 不二聖心の中には、岩下清周の時代に京都から移植されたイロハモミジの木がたくさんあると言われます。
写真のモミジも、かつて岩下家の建物があった近くに生えていましたので、そのうちの一本である可能性があります。

 

                今日のことば

綾子、神は、わたしたちが偉いから使ってくださるのではないのだよ。聖書にあるとおり、
吾々は土から作られた、土の器にすぎない。この土の器をも、神が用いようとし給う時は、
必ず用いてくださる。自分が土の器であることを、今後決して忘れないように。
                                三浦光世

2011.12.10

初霜の不二聖心  サネカズラの実

2011.12.10 Saturday

 不二聖心でも今朝は初霜が観測されました。お茶畑も白く霜に覆われ、その上に光があたってとても美しい
光景が見られました。もう一つ印象に残ったのが、 サネカズラの実です。寒さの中で徐々に赤みを増していく
サネカズラの実には独特の風情があります。別名ビナンカズラとも言いますが、これはその昔、つるから出る粘液を男性の整髪料として使っていたからです。今度一度髪につけてみようかと思っています。

  今日のことば

かみさま
あなたの けものや
うたう ことりたちに
しあわせを めぐみ、
ものいえぬ
ちいさな ものたちを
おまもりください。

      マーガレット・ワイズ・ブラウン

2011.12.09

カラスウリ

2011.12.09 Friday

 草木の葉が枯れ始めカラスウリの実の美しさが野山に際立つ頃となってきました。歌人の宮柊二は朝日を浴びたカラスウリをとりわけ好みました。今晩は星がとてもきれいです。明日は快晴でしょう。
朝日に照らされたカラスウリを見るのが今から楽しみです。

今日のことば

理屈は
いちばん低い真理だ
理屈がなくていい位もえよう

                     八木重吉

2011.12.08

マンリョウ

2011.12.8 Thursday

 またもやウラギンシジミは姿を消してしまいました。もしかしたらこの温かさで、完全な越冬状態に入りきれていないのかもしれません。
朝のキャンプ場でシジュカラの群れを見かけました。校舎の裏のクスノキにはたくさんのヒヨドリが集まってきています。冬のこの時期は不二聖心が鳥の声で賑わう季節でもあります。
ヒヨドリはマンリョウの実を好んで食べます。その種が糞にまじってあちこちにまかれます。
不二聖心で見られるマンリョウの多くはそのようにして蒔かれた種が発芽したものでしょう。
おかげで私たちは美しいマンリョウの実を鑑賞することができます。

 

今日のことば

真の発見の旅とは、新たな土地を見つけることではなく、新たな目で見ることだ。

                      マルセル・プルースト

2011.12.07

ウラギンシジミ3  クリオオアブラムシ

2011.12.7 Wednesday

 ウラギンシジミの越冬は3日目に入りました。昨日の冷たい雨に打たれても何とか無事でした。
小さな生き物の健気に耐える姿には大きな勇気をもらうことがで きます。このチョウについて詳しく知りたい人には、『葉の裏で冬を生きぬくチョウ』(高柳芳恵 偕成社)というすばらしい本を
手に取ることをお勧めします。

クリオオアブラムシの産卵がだいぶ進んできました。
数百匹のアブラムシが一カ所に集まっている光景は壮観です。

 

今日のことば

疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。

                        マタイによる福音書

2011.12.06

ツチイナゴ・ウラギンシジミ2

2011.12.6 Tuesday

 夏から長い時間をかけて成長を続けてきたツチイナゴが土の上でほとんど動かなくなっていました。
厳しい寒さの中で静かに命を終えていく生き物の姿です。

 

ウラギンシジミの越冬は2日目に入りました。今日の冷たい雨に耐えられているかどうか、心配です。

                  今日のことば

自然は決して、何となくそこに在るものでもなく、またタダのものでもない。
自然の荒廃はそこに住む者の健康を破壊するだけではなく、国民性の荒廃につながってくるのである。

                                  戸川幸夫

2011.12.05

ウラギンシジミ

2011.12.5 Monday

 越冬しているウラギンシジミをまた見つけました。先日姿を消した個体とは別の個体と思われます。
一度目を離すと翅が光を巧みに反射して風景の一部に溶け込んでしまいます。

今日のことば

心が折れるより、骨が折れるほうがましだ。

           「冒険遊び場たごっこパーク」のブログより

2011.12.05

今日の富士山・クロスズメバチ

2011.12.4 Sunday  

 今日の富士山の写真です。白い雪が広く頂きを覆っています。富士山の中腹ではもうスキーをしている人も
いるそうです。

 クロスズメバチがヤツデの花に来ていました。膜翅目の昆虫をほとんど見かけなくなりましたが、クロスズメバチは12月まで活動することがあります。クロスズメバチの動きはたいへん活発で、とても12月の動きとは思えませんでした。井伏鱒二の随 筆「スガレ追ひ」は、このハチを使って巣を探しだす話です。幼虫は稀にみる珍味と言われています。
不二聖心にはクロスズメバチの巣に寄生すると言われるシロスジベッコウハナアブも生息していますので、どこかにクロスズメバチの巣もあるのだと思います。スズメバチと名前がついていますが、人に対する攻撃性は 低く危険性の少ないスズメバチです。

今日のことば

富士の冴え祈りの心諭しけり   西山民雄

2011.12.03

マムシグサ

2011.12.3 Saturday

 今の時期、不二聖心ではたくさんのマムシグサの実を見ることができます。
マムシグサは性転換する植物として知られています。十分な栄養を吸収して株が大きくなると雄花は雌花に変わり、実をつけるための準備をします。栄養が不 足して株が小さくなると、雌花は雄花に変化して結実することを避け栄養を根に送ります。写真の赤い実の輝きは、この株が生育環境に恵まれ十分な栄養を吸収 できたことの証でもあるのです。

 

                 今日のことば

なにかの役に立つというふことを抜きにして、僕達がお互いに必要とし合ふ間柄になれたなら、
どんなにいいことだろう。
                                  小山清

2011.12.02

ヤツデ

2011.12.2 Friday

 校舎の裏のクスノキの木の近くにヤツデの花が咲いています。12月に入ると咲いている花の種類はめっきり少なくなりますので、多くのアブやハエが花の蜜を求めてヤツデの周りに集まってきます。
ヤツデは、越冬のための貴重な栄養を多くの昆虫に提供しているのです。

今日のことば

窓の外に白き八つ手の花咲きてこころ寂しき冬は来にけり  島木赤彦

2011.12.01

クサグモ

2011.12.1 Thursday

 4日間、観察を続けてきたウラギンシジミが今朝は姿を消してしまっていました。
外敵に襲われたものと思われます。すぐ近くにはクサグモがいました。自然界の厳しさを感じます。

今日のことば

沈黙の実りは祈り
祈りの実りは信仰
信仰の実りは愛
愛の実りは奉仕
奉仕の祈りは平和

       マザー・テレサ

Calendar

«12月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Feed


 

2017.10.04.更新

2017.10.18更新

2017.10.18.更新

2017.10.18更新

2017.10.09.更新

 
関連リンク