フィールド日記

2012.06.30

マスダクロホシタマムシ

 

 2012.06.30 Saturday
  スギやヒノキの樹皮下で成長するマスダクロホシタマムシの写真を撮りました。法隆寺の
「玉虫の厨子」で有名なヤマトタマムシは不二聖心でも数多く確認されていますが、マスダ
クロホシタマムシは初記録ということになります。ただし、スギやヒノキの広大な林を有す
る不二聖心にはヤマトタマムシをはるかに上回る個体が生息している可能性があります。ス
ギやヒノキを食べる害虫とされていますが、材に深く食い入ることはありません。被害が少
ないためにそれほど有名になることもなく、あまり目立たず静かに暮らしているタマムシと
いう印象を受けます。

 

 
今日のことば

自然を見るということは、その奥におられる神を見ることじゃないでしょうか。自然をじっ
と見ることで、少しでも神に近づくことができたら、と思いますね。
稲畑廣太郎

2012.06.29

クスサンの幼虫 白髪太郎

  2012.06.29 Friday

 今日もモリアオガエルがよく鳴いていました。こんなに長期にわたって鳴き続ける年は珍しいような気がしています。今年は鳴き終わる時期を記録しておきたいものです。

  裏の駐車場と雑木林の間に一本の細い道があります。その道のつきあたりのクスの木にクスサンの幼虫が大量発生しています。白髪太郎という別名を持つ幼虫で、昔はこの幼虫の腸腺から釣り糸にするための糸をとっていました。ナイロン製の糸ができるまで日本の釣文化はこの虫によって支えられていたのです。
矢口高雄の『ニッポン博物誌 ――イワナの恩返し――』(講談社漫画文庫)に収められている「白髪太郎」という短編にそのあたりのことが興味深く描かれています。(下の写真参照)
月曜日に「夏休み子供自然体験教室」の生徒スタッフのメンバーと体験教室のコースの下見をしたのですが、この幼虫を目の前にして実際に糸を採ってみたいと言った生徒がたくさんいたのに驚いてしまいました。

 

             
今日のことば

若い人たちに私は言いたい。もし本当に何かをやりたいと願うなら、やってみるがいい。君たちにはそれが出来るのだ。森を救うために闘うことだけがすべてではない。身近にやれることはたくさんある。木を植え、自然の回復をはかることもそのひとつだ。いま、世界ではたくさんの不愉快なことが起こっている。だが同時に、世界中のいたるところで、木を植え、森を作り、森を広げようとしている人々や組織があるということも事実なのだ。北海道から西表島、小笠原にいたるまで、そう、深い渓谷から険しい山々にいたるまで、日本の森林は極めて豊かで、多様性に富んでいる。そこには君たち若者が学び、愛し、保護するための貴重
な自然という宝が隠されているのだから。

                              C.W.ニコル

2012.06.28

オニヤンマの羽化  竹の根

  2012.06.28 Thursday

  高校1年生の教室の入り口のところでオニヤンマが羽化していました。裏道沿いの小川でオニヤンマの幼虫の生息は確認されていますが、そこまでは相当な距離があります。いったいこのヤゴはどこから上がってきたのでしょうか。きれいな水が流れている場所がどこかにあるに違いありません。


 


 

 トンボの羽化が見られた場所のすぐ近くに、昨日の「共生の森」づくりで生徒たちが抜いた竹の根が団結の証として飾られていました。日本一大切にされている竹の根かもしれません。


 

 


今日のことば

 虫や花たちは今日を悔やんだり、明日を思い悩んだりせず、今この瞬間だけを懸命に生きています。
その生涯を精一杯まっとうしようと、最後まで命を燃やし続けるのです。
そのことに気がついたら、花や葉が枯れ落ちて土に還っていく姿まで美しいと感じるようになりました。
                               熊田 千佳慕

2012.06.27

「共生の森」づくりいよいよスタート  カマキリの幼虫

  2012.06.27 Wednesday

  今日は、NPO法人「土に還る木・森づくりの会」の方々の協力を得て、高校1年生が
「共生の森」に48本の支柱を立てました。7月4日にはいよいよ苗木を植栽することになります。


 

 竹の根には悩まされましたが、ついに自分たちの力で4メートル近くの根を引き抜きました。


 

 
作業の途中でたくさんの生き物とも出会うことができました。

 


今日のことば

わたしは裸で母の胎を出た。
裸でそこに帰ろう。
主は与え、主は奪う。
主の御名はほめたたえられよ。

                           「ヨブ記」より

2012.06.26

カエルに異変? モリアオガエルが地面に産卵

  2012.06.26 Tuesday

  6月24日の読売新聞に「カエルに異変? 水から離れた枝に産卵」という記事が載りました。東伊豆町奈良本のリゾートマンションでモリアオガエルが下に水がない場所に産卵する現象が2年続いて住民を驚かせていると報じられていました。実は不二聖心でも同じようなことが起こっています。不二聖心の場合は池から離れた枝どころではなく、池から離れた地面に直接産卵するようなことが起こっているのです。上の写真は23日に撮ったもので、翌日には下の写真のようになっていました。記憶にある限り初めて見る現象です。今年は池の
近くで産卵するモリアオガエルも非常に数が多く築山の池の枝垂れ桜の卵塊数は通算で30を超えました。


 

 

 

              今日のことば


モリアオガエルは樹木に泡のような卵塊を産みつける。繁殖地として国の天然記念物に指定
されている福島県川内村の平伏沼で、産卵が最盛期を迎えたそうだ。原発禍で避難を強いら
れた村は、カエルにちなんだ「かえる かわうち」を合言葉に帰村と復興をめざしている。
                        「天声人語」(2012.06.24)より

2012.06.25

ツマグロヒョウモン

  2012.06.25 Monday

 ツマグロヒョウモンの写真を撮りました。最も有名な温暖化指標の昆虫であるツマグロヒョウモンは、温暖化の進行とともに生息域を北に広げていると言われています。しかし、生息域の拡大の要因は温暖化だけとは限りません。食草とするスミレ科のパンジーなどが寒さに強いことも関係しているでしょうし、ツマグロヒョウモン自体が寒さに対する耐性を身につけてきたとする見方もあります。物事を判断する時に多角的な視点が必要であることをツマグロヒョウモンは教えてくれます。

    

              今日のことば

We are on the move now, like an idea whose time has come.

今、私たちは進んでいる、時の勢いにのった考えがとどまることを知らないように。

                               キング牧師

2012.06.23

アメイロカミキリ  クマノミズキ

 

 2012.06.23  Saturday

 昨日の夕方、今年はじめてヒグラシの声を聞きました。自然界の音の中でもとりわけ心ゆさぶられる音です。

「共生の森」の、台風4号で倒れたクマノミズキの花にアメイロカミキリ(Stenodryas clavigera clavigera Bates, 1873)が来ていました。アメイロは飴色を意味し体色に由来する和名ですが、生活の中から水飴等が姿を消しつつある現状を思うと、いつの日かアメイロカミキリの体色を通して飴を懐かしむ時代が来るかもしれないと思ったりします。

 

今日のことば

かなかなの今年のこゑよあかときの闇にとほればわれは目覚めぬ 上田三四二

2012.06.22

Xylota属のハナアブ  森の健康診断

  2012.06.22  Friday

 「共生の森」で見つけたハナアブ(下の写真参照)を専門家の方に同定していただいたところ、このハナアブはXylota属の一種であり、Xylota amamiensisナミルリイロナガハナアブかXylota coquillettiミヤマルリイロナガハナアブの可能性が高いという回答をいただきました。いずれの種であったとしても不二聖心初記録となります。


 

 矢作川水系森林ボランティア協議会の方から、6月13日に不二聖心で行った「森の健康診断」の様子をホームページにアップしたという連絡をいただきました。関心のある方は、どうぞご覧ください。
http://mori-gis.org/

 明日は学校説明会です。不二聖心に一人でも多くの方が来てくださることを願っています。

  

                今日のことば

考えてみると、私たちが日常で一番素直に「うきうき、わくわく」できるのは、誰かを喜ば
そうとしているときかもしれない           

                                竹下節子

2012.06.21

クマノミズキ  ハナムグリ

  2012.06.21 Thursday


台風4号で「共生の森」も被害を受けました。下の写真の倒れている木はクマノミズキです。
倒れてもなお花は咲き続けていて多くの命を養っていました。


 

 



 

今日のことば

農薬が流れ込み、我々が利用している川を汚してきた。この20年間、状況は悪化する一方。
持続可能な開発とはほど遠い状況だ。
                   ブラジルの先住民のリーダーのメガロンさん

2012.06.20

クマヤナギ  クマヤナギハフクロフシ

  2012.06.20 Tuesday

「共生の森」の一角にクマヤナギの木を見つけました。20年以上、誰の目にもふれなかった木です。葉にはクマヤナギハフクロフシという虫こぶがついていました。
クマヤナギは古くから肝炎や胆石の漢方薬として用いられてきました。これから迎える花の季節が楽しみです。

 

                今日のことば

多くの人は、ことが思いのままに進まないと、すぐに忍耐を失い、落胆するものである。
どんな道を歩むかは、人の手中にあることではない。慰めの恵みを誰に、いつ、いかにして、
与えるかは、すべて神の御旨にほかならない。


                          『キリストにならう』より

2012.06.19

トビモンオオエダシャクの驚異の擬態

 

2012.06.19 Tuesday

台風4号の接近により今日は5時間目で授業を終えることになりました。台風は暴風雨をもたらし、静岡県の各地で時間雨量が100ミリを超えました。

昨日、理科の平本政隆教諭によりユニークな姿の蛾の幼虫が発見されました。トビモンオオエダシャクの幼虫です。頭部の突起は樹木の枝に擬態しているものと思われます。体全体の姿も含めて、なかなか巧妙に擬態しているものだと感心しますが、実は擬態は姿だけにとどまりません。体表ワックスの成分が食草とする植物の表面のワックスの成分と一致するというのです。そのため天敵のアリがトビモンオオエダシャクと植物を識別することができなかったという実験結果があります。トビモンオオエダシャクが植物の成分を巧みに体内にとりこみ擬態しているものと考えられます。

   
      今日のことば

いのちを
風にさらして
歩きたい
厳とした冬の風に
ましてこの
さわやかに光る春の
風にさらして
いのちの際に立ち
いのちを
さらして
生きてゆきたい
ああいつも
いのちを
風にさらして


馬橋悠紀子

2012.06.18

モリアオガエルの驚異的な産卵数

  2012.06.18 Sunday

 
  週が明けたら築山の枝垂れ桜の様子が一変していました。何と20個以上のモリアオガエルの卵が一本の木の枝にぶらさがっていたのです。ほとんどが産みたてのようにまだ表面が柔らかい状態でした。これまでにこのような光景は見たことがありません。今年は既にこの木にはたくさんの卵が産み付けられてきました。そのあとでこのような情景を目にすることになるとは全く予想していませんでした。

 

 
 

 

                今日のことば

じっくり生きてみたくて、人生の本質をなす事だけに目を向け、その教えを学び取れないも
のかどうか確かめたくて、ぼくは森へ行ったのだ。いざ死ぬ時になって、本当は生きてなど
いなかった、という思いをしたくなかった。     

                                  ソロー

2012.06.17

アオオビハエトリ  ヤブジラミ

  2012.06.17 Sunday

 キャンプ場にはってあったテントにアオオビハエトリが来ていました。アオオビハエトリは、待ち伏せしてアリを捕らえるクモとして知られています。下の写真はアリを捕らえた瞬間の画像です。画像からもわかるように、アオオビハエトリには脚を上げる習性があるのですが、まるで獲物を捕らえて万歳でもしているようです。
アオオビハエトリは構造色を持っており、腹部の青い輝きは構造色に由来すると言われています。ハエトリグモの仲間は目が良いことで知られています。美しい色で身を装うことが、目がいいアオオビハエトリの場合には求愛などに役立っていると考えられます。

 キャンプ場のすぐ近くにはたくさんのヤブジラミの花が咲いています。花にはたくさんのアリがやってきていていました。こちらのアリたちは誰にも邪魔されることなく、心ゆくまで花の蜜を味わっている様子でした。


 

              

               今日のことば

たいていの人々は、運命に過度の要求をすることによって、自ら不満の種をつくっている。

                                 フンボルト

2012.06.16

シブイロカヤキリ


 

 2012.06.16 Saturday
昨日は7時過ぎに帰宅しました。帰る前に「共生の森」を覆い始めたヨウシュヤマゴボウを少しでも抜いておこうと思い、森に向かいました。草を抜いていると共生の森に接しているすすき野原からから虫の声が聞こえてきました。野趣に富む、ジャーという力強い声です。
声の主を探してみたところ、シブイロカヤキリ(Xestophrys javanicus)であることがわかりました。その横でナキイナゴの声もしていました。今年こそ「鳴く虫の観察会」ができないものかと夢がふくらみます。

 

今日のことば

自由を求めて社会を変えることを革命と呼びますが、科学の本を読むことは、ささやかな娯楽であると同時に小さな革命なのだと思います。この世界を、宇宙を見るために、自分が少しだけ変わるのですから。
瀬名秀明
 

2012.06.15

ホソフタオビヒゲナガ  キボシツツハムシ

  2012.06.15 Friday

 「共生の森」でホソフタオビヒゲナガを見つけました。ユニークな模様に驚きます。

 キボシツツハムシにも出会いました。こちらもまた負けずに模様がユニークです。
 

 

                     今日のことば

原理や原則についてきちんと議論がなされないまま、「論理」ではなく「空気」で物事が
決まっていく。そんなこの国のありように、ずっと違和を感じてきました。
坂本龍一

2012.06.14

チャツムタケ

  2012.06.14 Thursday

 昨日の「森の健康診断」の時に高校1年生が見つけたキノコの名前を調べたところ、フウセンタケ科のチャツムタケであることがわかりました。チャツムタケは、針葉樹の腐朽材に発生するキノコとして知られています。


 

 キノコの傘の裏側には甲虫が潜んでいました。キノコムシの一種かもしれません。間伐材がキノコを育て、そのキノコがまた別の命を育てています。ここにも一つの命のつながりを見ることができます。


 

 

               今日のことば

 成長も成熟も、痛みを伴います。自分と闘い、自我に死ぬことを求めるからです。一粒の
麦と同じく、地に落ちて死んだ時にのみ、そこから新しい生命が生まれ、自らも、その生命
の中に生き続けるのです。

                                     渡辺和子

2012.06.13

森の健康診断  ホタルブクロ

  2012.06.13 Wednesday

 今日は高校1年生の総合学習の時間に、愛知県の矢作川水系森林ボランティア協議会の方に来ていただいて「森の健康診断」を行いました。不二聖心の森の健康状態を調査しましたが、1時間半の時間の中でさまざまな工夫を凝らした方法の調査を行い、最終的には見事に科学的なデータを得られたことに驚きました。この成果をもとに9月に生徒自身の手で間伐を実施する予定です。



 「森の健康診断」からの帰り道、ホタルブクロの花を見つけました。季節はまた一歩、歩みを進めたようです。


 

 

今日のことば

  精一杯、生きる日が、もう一日与えられているとは、何と幸いなことだろう。

                           アントニー・デ・メロ

2012.06.12

インドヒラマキ

2012.06.12 Tuesday

中学3年生が築山の池から珍しい貝を見つけてきてくれました。専門家に同定を依頼したところ、インドヒラマキではないかという回答を得ました。インドヒラマキはもともと東南アジアに生息していた淡水性の貝ですが移入種として日本に定着し、徐々に数を増やしています。ヤマアカガエルやモリアオガエルといった希少な
カエルのオタマジャクシが生息する築山の池の生態系に悪影響が及ばないか心配されます。
インドヒラマキがホタルの幼虫の餌になるという事実には驚きました。


 

               今日のことば

あなたの目の前にあるものをよく見なさい。それこそが神の現れなのだから。
                             カルロ・カレット

2012.06.11

イヌガラシとモンシロチョウとナガメ

  2012.06.11 Monday

 森づくりの予定地に咲くイヌガラシにモンシロチョウとナガメが来ていました。どちらもアブラナ科の植物が大好きな生き物です。


 
 
 

今日のことば

生きるとは時間をかけて生きることだ。人はどうして、森の外で、いつも時間がないというふうにばかり生きようとするのか。古い森の奥の大きな樟の木の老人は何も言わず、ただ黙って、そこにじっと立っていた。

                                  長田弘

2012.06.10

キタテハ


 

 2012.06.10 Sunday

 栗畑で夏型のキタテハの写真を撮りました。秋型は色も形も夏型とは異なります。同じ種でありながら季節によって形と色が変わるというのは、考えてみれば不思議なことです。

  
 

今日のことば

人が何かに出会い、感動する。その感動の元をたどっていった時、その核のところには、こういった肯定の光景があるのではないだろうか。肯定の感情が世界を覆う、そのことを感動というのではないだろうか。
 

                                     太田省吾

2012.06.09

イヌガラシ


 

 2012.06.09 Saturday

 森づくりの予定地に自然に生え始めた植物の中で、今たくさんの花を咲かせているのはアブラナ科のイヌガラシです。アブラナ科の植物を好む昆虫がじきにたくさん集まってくることでしょう。

 

今日のことば

けらけらとわらふな
ひまがあるなら
こっそりと神さまとはなしてをれ
叱られるのでもいい
ほめらるるのでもいい
とにかく神さまとのつきあひをたやすな
神の室へのとびらをさびつかせてはならぬ

                        八木重吉

2012.06.08

森づくり予定地とミズイロオナガシジミ

  2012.06.08 Friday

 今年度からスタートする学校の森づくりの予定地をNPO法人「土に還る木・森づくりの会」の理事の方に見ていただきました。土質がいいので植栽の時の腐葉土はいらないのではないかと言っていただき安心しました。
荒れ地を整備したことで、さまざまな生き物が森づくり予定地に集まりつつあります。
2枚目の写真は、森づくりの予定地で撮ったミズイロオナガシジミの写真です。


 

 

今日のことば

 泣きながらパンを食べた者でなければ、人生の本当の味はわからない。

                           ゲーテ

2012.06.07

栗の花とヒメアシナガコガネ

  2012.06.07 Thursday

 栗の花が咲き始めました。この花が咲くと梅雨が近いと感じます。栗の花に集まる虫の種類は実に多いのですが、その中でも目立つのがヒメアシナガコガネです。


 
 
 

今日のことば

 記憶とは何か。それは物質のレベルで保存されるものではなく、もっと上位のレベル、おそらく細胞と細胞の関係性によって構成される回路として存在する。記憶の再生はその回路に電気が流れたときに生じる。細胞の中味はたえず更新されるが細胞と細胞の連絡は保たれる。
とはいえ長い年月のうちにはその回路ですら変容していくはずである。暗い脳内に一瞬点灯するのが記憶なら、それは夜空に上り、ひととき形を作り、やがて残像となる打ち上げ花火に似ている。

                                 福岡伸一

2012.06.06

セキレイの幼鳥

  2012.06.06 Wednesday

 
昨日の昼からセキレイの幼鳥の姿を何度か見かけました。野鳥であるにもかかわらず、こちらに近づいてきて餌をねだるのには驚きました。ミミズを与えたところおいしそうに食べていました。そのかわいらしさには筆舌に尽くしがたいものがあります。

 我のことを母と思いてぴよと鳴く鶺鴒の子の愛おしきかな

 

                今日のことば

光は秒速30万キロ、1秒で地球を7周半、と誰もが習ってきた。太陽の光は8分17秒~19秒で地球に届く。この距離で光をもらい、地球に生命が栄えてきた。この星をほどよく温める絶妙の配置は奇跡と言えるらしい。

                       天声人語(2012.06.06)より

2012.06.05

ナワシロイチゴ

  2012.06.05 Tuesday

 すすき野原にナワシロイチゴの花がたくさん咲いています。苗代をつくる頃に咲くことから「ナワシロイチゴ」と名付けられましたが、今年の田植えはゴールデンウィークの頃に終わってしまっています。このずれは田植えの時期が徐々に早まってきたことから生まれました。植物の名前から人間の生活の変化を知ることができる一つの例です。
この花の実でおいしいジャムをつくることができます。

 


今日のことば

 ある時わたしの母親は、一粒のりんごの種をわたしに手渡してこう言いました。「それを割ってみて中になにがあるか見なさい」と。わたしはその種を手で開いてその中を見ました。母は聞きました。「何が見える?」と。「いや何も見えないのだけど」とわたしは答えました。お母さんはこう言いました。「その種の中にはね、大きな木一本がすでに入っているのですよ」と。

                           サティシュ・クマール

2012.06.04

セッコクとハナバチ

  2012.06.04 Monday

 ラン科のセッコクが花の盛りを迎えています。芳香を感じながら写真を撮っていると花の中から小さなハナバチが出てきました。セッコクの受粉にもってこいの大きさです。おそらくセッコクは、進化の過程で虫の大きさに合わせて自分の形を変えてきたものと思われます。

 

               今日のことば

命が生まれてきた根はみんな一緒。
どんな命も、愛するからこそ美しいと思うんです。

                             熊田千佳慕

2012.06.03

ルリタテハの幼虫


 

 2012.06.03 Sunday

 どこかにいるに違いないと思いながら、なかなか出会えなかったルリタテハの幼虫に第二牧草地で初めて出会うことができました。今日、確認したのは、サルトリイバラの葉を食べる2個体です。ルリ色の模様が美しい、あのルリタテハがどうして幼虫の時にはこのような姿をしているのか、考えてみれば実に不思議なことです。成虫は雑木林の樹液に集まります。
「夏休み子供自然体験教室」では美しい成虫の姿も見られたらと願っています。

 


今日のことば

いちばん大切なのは価値の相対主義に陥らないということです。すべての人がほんとうにわれわれ自身みずから真の価値というものを探求していくという、そのことがほんとうの意味での哲学だと思うのです。知に対する愛だと思うのです。                                           

                                 岩崎武雄

2012.06.03

コフキゾウムシ


 

 2012.06.02 Saturday
クズの葉の上にコフキゾウムシがいました。粉をふくゾウムシという意味で「コフキゾウムシ」と名付けられています。青っぽい体色に見えますが、粉をとってしまうと全く違った地味な色合いのゾウムシになってしまいます。クズの葉の上にいることが多いゾウムシですので、青い色が保護色になっているのかもしれません。

 


                                           今日のことば

愛することもまたいいことです。なぜなら愛は困難だからです。人間から人間への愛、これこそ私たちに課せられた最も困難なものであり、究極のものであり、最後の試練、他のすべての仕事はただそれのための準備にすぎないところの仕事であります。

                                      

                                                                                                 リルケ

2012.06.01

モリアオガエルのオスとメス  マダラヒロズコガの幼虫

  2012.06.01 Friday

 今日から6月です。今年はじめてレモン色をしたコマルハナバチのオス(ライポン)を見ました。

 昨日の夜、職員室の近くのドアにモリアオガエルがはりついていました。大きい方がメスで小さい方がオスです。体の大きさの違いがよくわかります。今日も一日中、モリアオガエルの声がよく聞こえていました。体色の違いや鳴き方の違いなど、モリアオガエルだけでも研究テーマがたくさん出てきそうです。

 5月16日に高校1年生と森づくりの予定地を見学に行った時に見つけた不思議な物体の正体がわかりました。マダラヒロズコガというチョウ目ヒロズコガ科の幼虫のミノでした。
2枚目の写真では、幼虫も少し顔を出しています。


 

               

               今日のことば

昆虫の生態を研究していた昆虫学者アンリ・ファーブルが
昆虫の中に見られるふしぎさに心打たれて
『わたしは神さまを信ずるだけでなく神さまを見ているのだよ』とその友人にいったといわれている。』
一本の草 一匹の虫にでも神様の英知を見るすばらしい知恵 心の眼をもつようにしたい。         

                                片山善次郎

Calendar

«6月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Feed


 

2017.12.14.更新

2017.12.11.更新

2017.12.13.更新

2017.11.29.更新

2017.12.09.更新

 
関連リンク